アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

アニメ『ガールズ&パンツァー』戦車道のスヽメ!大洗女子学園あんこうチーム編【ガルパン】 #garupan  #ガルパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ・OVA・劇場版、そして最終章と絶大な人気を誇る『ガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)』
魅力はなんといっても戦車に乗り、勝利を目指す個性的なチームとキャラクター達ではないでしょうか?
そんな登場チームの中から、今回は「県立大洗女子学園」からあんこうチームを紹介したいと思います!

あんこうチームとは

出典:amazon

本作品の主人公・西住みほと友人達の2年生5名のチーム。
大洗女子学園の隊長車(最終章では副隊長)で、フラッグ戦においてはフラッグ車として務めることが多い。

メンバー

西住みほ(CV:渕上舞)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

チームの車長。唯一の戦車道経験者であり、実家は戦車道の名門・西住流
黒森峰女学園に在籍していたが、自分のせいで大会10連覇を逃したことがきっかけで戦車道のない大洗女子学園に転入。が、戦車道復活や沙織と華、生徒会との出会いを機に再び戦車に乗ることとなる。
普段は心優しく引っ込み思案で、すぐに慌てる性格だが、戦車道では経験に裏付けられた大胆な判断力と型にとらわれない臨機応変な戦術で引っ張っていく。「ボコられグマのボコ」の大ファン。

武部沙織(CV:茅野愛衣)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

通信手。何事も恋愛に関連付ける「恋に恋する」女子高生。(恋愛経験ゼロ)
フランクな人柄で、転入したてのみほに声をかけ、みほにとって初めての心許せる友人となる。
通信能力とコミュニケーション能力に長けており、幼馴染の麻子の助力もあり、取得難易度の高い第二級アマチュア無線技士を取得するほど。目指せ「モテ道」。

五十鈴華(CV:尾崎真実)

出典:girls-und-panzer-fimale.jp

砲手「五十鈴流華道」家元の娘で、花を生けることを日課とする大和撫子。
自身の繊細な華道に疑問を感じ、力強さを活け花に取り入れたいと思い戦車道を希望する。
清楚で古風な雰囲気で、両家の娘らしい外見や振る舞いに反して、暗い場所や厳しい麻子の祖母、「あんこう踊り」をも恐れない肝の据わった一面も見せる。
チームで最もスリムな体系だが大食らい。

秋山優花里(CV:中上育実)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

装填手。筋金入りの戦車マニア
みほに強い憧れを抱いており、戦車捜索の際にひそかに後をつけていたところをみほに声をかけられ友人となる。
みほ同様に引っ込み思案な性格で趣味の合う友人がいなかったが、戦車道を通じ、本来の明るさを全面にだして社交的になっていく。
ライバル校の戦力を把握するため潜入したり、試合では単独での偵察。また豊富な軍事知識や大胆な行動力でみほを支えるといった参謀の役割を担っている。
ミリタリーの話になると熱くなりがち。

冷泉麻子(CV:井口裕香)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

操縦手。読書と昼寝が日課で、座右の銘は「果報は寝て待て」
学年首席で天才肌だが、朝にめっぽう弱く連続245回の遅刻回数を持つ遅刻常習魔で、戦車道成績優秀者に与えられる「遅刻見逃し200日」「通常授業の3倍の単位」とみほへの借りを返すため戦車道を選択する。
表情や感情の起伏が乏しく無愛嬌な口調、一見粗野でぶっきらぼうだが義理堅く、唯一の肉親の祖母をとても大切にしている。「寝たまま卒業」を目指している。

使用車輌

あんこうチームが乗る戦車はⅣ号戦車

出典:girls-und-panzer.jp

乗員5名。全長7.02m、車体装甲最大80mm、重量25.0t、最高速度38km/h。マイバッハHL120TRM搭載。
バリエーションはA型~J型まであり、アニメ登場時は短砲身のD型仕様だったが、プラウダ戦を前に長砲身に変更されF2型仕様、さらに装甲板(シュルツェン)を装備したH型仕様となる。
第2次世界大戦中にドイツ戦車の中で最も生産され、敗戦時まで主力として使用され続け、ドイツ戦車部隊のワークホースと称されました。

まとめ

あんこうチームは一見バラバラな個性の集まりではありますが、みほを中心とした友人同士だからこそ、各々が自分の役割で助けあい、成り立っているチームではないかと思います。
今後もみほが、あんこうチームがどう引っ張っていくのか楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ