アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

ウルトラマンの家系図を調べたらヒーローとは思えぬ複雑さだったのでまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほとんどが無関係な平成シリーズ

出展 : Amazon.co.jp

『ウルトラマンティガ』から始まった平成シリーズですが、登場するウルトラマンは出身不明であることが多く、ウルトラ兄弟とはほとんど無関係。M78星雲という単語が出てこないこともしばしば。
ウルトラの父に育てられたり、2019年3月時点ではヒカリが十一男になったのを最後にウルトラ兄弟は増えていません。

平成シリーズで関係があるのはメビウスとヒカリだけ

平成シリーズでウルトラ兄弟との関係性が描かれたのは『ウルトラマンメビウス』のメビウスヒカリの2人のみ。
メビウスはウルトラマンタロウに弟子入りしており、最終回ではウルトラ兄弟に仲間入り。家系図的には十男になりますね。
ヒカリはスピンオフ作品となる『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』で、十一男としてウルトラ兄弟に仲間入り。

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』とは何だったのか?

2008年に公開された劇場版『大決戦!超ウルトラ8兄弟』は、タイトルに8兄弟とあるように、劇中で下記8人のウルトラマンが登場しました。

・ウルトラマン
・ウルトラセブン
・ウルトラマンジャック
・ウルトラマンエース
・ウルトラマンティガ
・ウルトラマンダイナ
・ウルトラマンガイア
・ウルトラマンメビウス

タイトルに8兄弟とあるせいで困惑してしまいますが、前述したように平成シリーズのティガ・ダイナ・ガイアの3人はウルトラ兄弟と全く関係がなく、関係があるのはそれ以外の5人のみ。平成3部作の3人はそれだけで完結している存在なのでしょう。
タイトルを短く分かりやすくするために8兄弟と総称した結果、このようなややこしい事態を招いた模様。8人をフルネームで記載すると長々しいタイトルになってしまうので、ベストなタイトルであることは間違いありませんが。
物語はパラレルワールドの出来事として展開するため、家系図や血縁関係、兄弟関係といった複雑な事情を気にせずに見ることをおすすめします。

ウルトラシリーズで血縁関係が明確なのはこれだけ

出展 : Amazon.co.jp

1966年の初代『ウルトラマン』から2019年現在まで50年以上続くウルトラシリーズ。長い歴史の中でたくさんのウルトラマンが誕生しましたが、その誕生や設定などが明かされていないことがほとんど。50年以上の歴史の中で血縁関係が明確となっているのは下記の3つだけ。

・親子関係にあるウルトラの父と母とタロウの3人
・兄弟関係にあるレオとアストラの2人
・親子関係にあるセブンとゼロの2人

このうち両親がはっきりしているのはタロウのみ。50年以上の歴史で出生が明らかなのがたった1人とは驚くべき事実です。他のウルトラマンの誕生経緯や両親の詳細が気になりますよね。

『ウルトラマンR/B』は家系図的に微妙な立ち位置

『ウルトラマンR/B』でウルトラマンロッソに変身するカツミとウルトラマンブルに変身するイサミの2人は兄弟関係にあります。劇場版『ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』でグリージョに変身したアサヒは2人の妹です。
変身前であれば長男のカツミ、次男のイサミ、末っ子のアサヒと関係性は明確。3人の両親も劇中に登場しているため、家族構成が最も分かりやすい。
しかし、3人に力を貸しているウルトラマンはどこからやってきたのか、その関係性は明らかではありません。
ウルトラマン同士の関係性という観点で考えると不明な点が多く、家系図的に考えるととても曖昧な存在です。人工的にウルトラマンを作り出すキャラクターもいるので、そもそも人工的な存在として扱っているのかもしれませんね。

まとめ

今回はウルトラマンの家系図を昭和シリーズと平成シリーズに分けて整理しました。地球の平和を守ることが使命のため物語に家系図は直接関係しませんが、真面目に考えると気になってしまうウルトラマンの家系図。
両親が謎に包まれていたり、誕生の経緯が不明であったりと詳細が明かされていないウルトラマンが多いので、ウルトラシリーズが展開する中で今後はどこまで明らかになるのか楽しみです。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ