アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【アイドルマスター シンデレラガールズ】”☆☆★(ミツボシ)スター”本田未央を解説! #imas_cg #デレマス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームにアニメと、絶大な人気を誇る『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、”明るく元気なムードメーカー“な本田未央を紹介します!

プロフィール

名前:本田未央(ほんだみお)
タイプ:パッション
年齢:15歳
誕生日:12月1日
星座:射手座
血液型:B型
身長/体重:161cm/46kg
スリーサイズ:B84/W58/H87
出身地:千葉県
趣味:ショッピング
CV:原紗友里

「友達に勧められたし、アイドルに興味があった」という、よくある動機でオーディションを受け、アイドルになった未央。
ですが、実はそれだけが理由ではなく、後に「アイドルになって、自分の笑顔でみんなを元気にしたい」という素敵な理由があることを語ります。
いつも元気で笑顔を絶やさない未央の持つ、アイドルの才能の片鱗がこの頃から伺えますね。

ハイスペック女子高生

いつも明るく元気で場を盛り上げるムードメーカーとしての一面が目立つ未央ですが、実は運動神経が良くて学校の成績も優秀、さらに高いコミュニケーション能力を持つ、かなりハイスペックな女子高生
しかし、ステージ直前ではかなりの緊張を見せるといった意外な一面もあったりします。
アニメでも初ステージではかなり緊張している様子があり、印象に残りました。
また、不意に小悪魔的な発言でドキッとさせられることもあって、いろんなギャップを持っているのも未央の魅力なのかもしれません。

あだ名魔・未央

誰とでもすぐに仲良くなれるフレンドリーな未央。
自分でも特技だと豪語するほどで、他のアイドルをあだ名で呼ぶのが好きなようです。
未央が付けたあだ名はこれまでに「しまむー(島村卯月)」「しぶりん(渋谷凛)」「みかねえ(城ヶ崎美嘉)」「さっちー(輿水幸子)」「らんらん(神崎蘭子)」と数え切れないほどで、「しぶりん」は後に公式設定化されました。
その一方で、千川ちひろや高垣楓に対しては「ちひろさん」「楓さん」と呼んでいて、誰にでもあだ名を付けるわけではなく、彼女なりに分別はつけているようです。

そんな未央自身にはあだ名があるのでしょうか。
他のアイドルからは「未央ちゃん」「本田さん」と、あだ名で呼ばれることは少ないようです。
しかし、プロデューサーからは「ちゃんみお」の愛称で呼ばれていて、親しまれています。

オススメ楽曲
ミツボシ☆☆★

出典:amazon

未央の初のソロ曲。タイトルの3つの星マークはnew generationsの3人を意味していて、は「卯月、凛に追いついた未央」を表しています。
「ミツボシやっと出会えた鳴り響く歓声」や「悔し涙 嬉し涙 全部がお宝」など、苦境もプラスの力に転化する、未央の明るさとその裏に隠された不屈の魂を見事に表現しています。

つぼみ

出典:amazon

元は「Absolute NIne」に収録されていた楽曲で、未央が歌ったバージョンは「流れ星キセキ」に収録されています。
アニメ第21話で使用され、ストーリー上の一つの山場になっていて、未央にとって、new generationsにとっての重要なシーンです。

情熱ファンファンファーレ

出典:amazon

本田未央・日野茜・高森藍子の3人によるユニット「ポジティブパッション」の楽曲で、情熱的でアップテンポな応援ソングになっています。
ポジティブパッションというユニット自体は2013年から存在していて、アニメでも3人の交流が描かれていましたが、デレステにて初の楽曲として発表されました。

アニメ名場面

出典:imas-cinderella.com

Project:Kroneの参加を決意したアナスタシア、Triad Primusへの参加に迷う凛、シンデレラプロジェクトや今までのユニットがばらばらになりそうな状況の中、未央はソロ活動を宣言します。
不安動揺が高まりながらも、それぞれがやるべきことを模索するプロジェクトのメンバーたち。
未央はソロ活動をすることで自分の可能性を見つけ、成長するために選んだ道は舞台役者
ここから未央の新たな魅力が引き出されていきます!

まとめ

「明るく元気」が持ち味ですが、そこだけに納まらないのが未央というアイドル。
これからも様々な一面を見せていく未央に注目です!

【アイドルマスター シンデレラガールズ】”秘めた蒼き情熱”渋谷凛を解説! #imas_cg #デレマス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ