アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【プリンセス・プリンシパル】プリンセスとアンジェのイチャイチャシーンまとめ【ネタバレ】 #pripri #プリンセス・プリンシパル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitter

2019年に全6章の続編が劇場公開される『プリンセス・プリンシパル』
そのメインキャラクターでアルビオン王国の王女・プリンセスアンジェとイチャイチャするシーンをまとめてみました!

お帰りなさい、シャーロット

出典 : 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitter

政治的バックを持たない「空気姫」と呼ばれ、名門クイーンズ・メイフィア校に通うアルビオン王国王位継承権第4位の王女
そんなプリンセスがアンジェと接触したのは、エピソード#02「case1 Dancy Conspiracy」でした。
プリンセスとそっくりな顔立ちをしたスパイ・アンジェがプリンセスと入れ替わる「チェンジリング作戦」を実行すべく、アンジェと相棒のドロシーがクイーンズ・メイフィア校に潜入したのがきっかけです。

二人の駆け引きに周囲が振り回されているのを尻目に、プリンセスは十年ぶりにアンジェと再会
アンジェを彼女の本名である“シャーロット”と呼び、「あなたの力で私を女王にしてほしいの」「私は女王になって私達を隔ててるものをなくしたい」と自身の決意を語ります。

この再会と合流が『プリンセス・プリンシパル』という物語の始まりでした。

歯止めが効かなくなる

出典 : 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitter

『プリンセス・プリンシパル』最大の迷シーンであり、二人のイチャイチャに意味深な含みを持たせることになったのが、#04「case9 Roaming Pigeons」での一幕。
このエピソードでは、特定の範囲を無重力化できる「ケイバーライト」の制御装置を巡り研究施設への侵入を試みますが、その研究施設がまるまる移動するというとんでもない事態に発展。
プリンセスは仲間と共にテムズ川へと逃げた研究施設へと向かい、その潜入中アンジェと二人きりになります。

プリンセスとアンジュが古い知り合いなのは仲間にも話していない二人だけの秘密
その所為もあって余所余所しいアンジェの態度を歯痒く思っていたプリンセスは、「出会ってすぐ意気投合したことにしない?」と提案します。
そうすれば堂々と仲良くできると。

それに対するアンジェの返事は、なんと……

「駄目。歯止めが利かなくなる」

一体何の歯止めが利かなくなるのでしょうね?
謎ですが、そこはかとなく百合の甘い香りがします。

列車を止めよう!

出典 : 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitter

#05「case7 Bullet & Blade’s Ballad」は、ちせが合流するエピソードを描いたちせ回ですが、ここでもプリンセスとアンジェのイチャイチャが見られます。
ただしこの回のイチャイチャは他とは違い、切羽詰まった状況での息の合った行動です。

日本からの外交特使・堀河(ほりかわ)公をガードしながら王室専用列車で移動中、併行する列車から現れた暗殺チームに連結部を破壊され、暴走。
このままだと線路の合流地点で両列車は衝突し、大破は確実という状況に陥ってしまいます。

そこでプリンセスはアンジェと共に両列車を止めるようそれぞれの運転室へ向かい、アンジェの的確な指示によってブレーキを試みます。
結果は……ギリギリのところで両車両がストップ
もしプリンセスが一瞬でもアンジェの指示を疑えば、大惨事になっていたことでしょう。

こんな楽しい演奏、生まれて初めて

出典 : 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitter

#09「case20 Ripper Dipper」(テレビ放送は第8話)では、プリンセスとアンジェの過去が語られます。

かつてプリンセスはスラム街で暮らすスリの少女でした。
偶然にも王宮の城壁越しに自分とそっくりな王女・シャーロット(後のアンジェ)と出会い、二人は意気投合し、一緒に遊ぶようになります。

そんなある日、スリの少女は外を見たいというシャーロットとお互い服装を交換し入れ替わります。
これが運命の一日となりました。
その日王国では革命が起こり、王女の格好をしたスリの少女は兵士から「プリンセス」として保護されることになったのです。

もし正体がバレれば即、死。
以降、スリの少女はプリンセスを必死に演じ続け、やがて完璧な礼儀作法や技能を身に付けます。
ピアノもその中の一つでした。

元々はアンジェが子供の頃に教えたピアノでしたが、今はプリンセスの方が遥かに上の腕前。
それでもプリンセスは「久し振りに一緒に弾かない?」と誘います。
二人はしばし子供の頃に戻り、連弾に興じるのでした。

プリンセスとアンジェの想いが連なり、そして奏でる、作中屈指の名シーンです。

まとめ

プリンセスのかわいい場面は殆どアンジェ絡みですね!
序盤は何を考えているかわからないこともあり、その笑顔の裏側に何か隠してるんじゃないかと疑心暗鬼になった視聴者も多いと思いますが、プリンセスは最後まで気高くて優しい、そしてアンジェが大好きなプリンセスのままでした。
続編では、テレビシリーズ以上にアンジェとイチャイチャして歯止めが利かなくなって欲しいですね!

プリンセス・プリンシパル関連記事
ストーリー

テレビシリーズまとめ
劇場版の予想・テレビシリーズの伏線などのまとめ

キャラクター

アンジェ
ドロシー
ベアトリス
ちせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ