アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【名探偵コナン天空の難破船】怪盗キッドと蘭のラブロマンス!珍しいウイルス系事件!【ネタバレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2019年5月現在、23作が映画化されているロングヒット作品『名探偵コナン』の映画シリーズ。
その14作目が「天空の難破船(ロストシップ)」です。
何作かに1回メインキャラクターとして劇場版に登場する怪盗キッドが、今回も主役級の活躍をするのが大きな見どころ。
そして「天空の難破船」の特徴は、なんといっても「怪盗キッドと毛利蘭のラブロマンス(!?)」と、「『名探偵コナン』には珍しいウイルスもの」という点です。
あらすじを含めながら、「天空の難破船」見どころを解説していきます。

見どころ①:『名探偵コナン』には珍しいウイルス殺人!?

「天空の難破船」の冒頭は、「これ本当にコナンの映画?」と思うほど意外な舞台からスタートします。それは、国立東京微生物研究所。研究所の職員が、顔を隠したテロリストに銃をつきつけられながら、認証が必要な扉をひらきます。その後、研究所は爆破され、襲撃したテロリストたちが「致死率80%ともいわれる殺人バクテリアを手に入れた。7日以内に行動をおこす」と犯行声明をネットに出し、それがニュースになっているのを江戸川コナンが大阪の服部平次と電話をしながら見ているところから物語は始まります。

一瞬、「これは本当にコナンの映画?」と疑ってしまうのは、『名探偵コナン』はテロリストものやウイルスものを今までほとんど扱ってこなかったことにあります。
舞台が日本なので、なかなかリアリティを持たせにくやりにくいといといううこともあるでしょうし、『名探偵コナン』はどちらかというと子供向けの作品なので、わかりやすく「人が人を刺す」とか「恨みで毒殺」のといった事件が多い傾向にありますのだと思います。
なのでこの作品は、20年以上の歴史のある『名探偵コナン』の中でもかなりレアな題材と言えるでしょう。

見どころ②:かなり早い段階でキッドの変装が蘭にバレる!蘭は怪盗キッドの正体が新一だと勘違い!

出典 : Amazon.co.jp

テロリストの伏線がありつつ、舞台は飛行船へと移ります。
これは怪盗キッドを目の敵にしている鈴木治郎吉が作った飛行船で、怪盗キッドへの挑戦としてキッドが狙っている宝石「レディ・スカイ」を載せています。怪盗キッドはすでに鈴木治郎吉に「飛行船が大阪に入ってから頂戴する」と予告状を出しており、コナンや毛利蘭・毛利小五郎・鈴木園子・少年探偵団や阿笠博士などいつもの面々が一緒に飛行船で大阪に向かっています。
最初は穏やかで何事もない飛行をしていましたが、ひょんなことから蘭は怪盗キッドの変装を見破ってしまいます。そうして怪盗キッドを追い詰めた蘭ですが、変装を解いた怪盗キッドの顔は、なんと主人公で蘭の幼なじみの工藤新一
蘭は、怪盗キッドの正体が工藤新一なのだと勘違いして、近づいてきた中森警部に通報できないまま別れてしまいます。しかし、怪盗キッドと工藤新一の顔は元々変装の必要がないほど似ているので、蘭が新一だと勘違いしたのは、正真正銘の怪盗キッドなのです。蘭は映画の最後の最後まで誤解したまま!これが視聴者と蘭の認識の食い違いにつながってコント的な非常に面白い要素になっています。
視聴者の気分はまるで芸人・アンジャッシュのコントを見ているかのようで、「蘭、そんな切ない顔する必要ないんだよ!」と笑いをこらえるタイミングが度々訪れます。

みどころ③:殺人バクテリアが飛行船で蔓延!コナンが船外に投げ出されるのをキッドがキャッチ!

出典 : Amazon.co.jp

物語冒頭キッドは「大阪に入ってから宝石を頂戴する」と言っているので、物語冒頭は非常に穏やかな飛行船の旅でした。しかし、突然その平穏な空気は一変します。で研究所を襲ったテロリストから鈴木治郎吉の携帯が鳴り、出てみるとに「飛行船の喫煙室に殺人バクテリアをばらまいた」と不穏な連絡が入るのです。ります。相手はなんと研究所を襲ったテロリストたち。
そして実際に感染者がでてしまい、平和だった飛行船内は一転してパニックに。その間に、武器を持ったテロリストがヘリコプターから飛行船に入ってきて侵入し、乗客はほぼ全員威圧されて身動きがとれなくなって占拠されてしまいます。
しかし、船内の探検に出ていた少年探偵団とコナンは無事。灰原哀からの探偵バッジの通信で船内が占拠されたことと爆弾を多数設置されたことを知り、爆弾の解除に向かいます。

しかし、全て爆弾を解除できたものの、テロリストにつかまってしまう少年探偵団とコナン。コナンはテロリストのリーダーと対峙しますが、警戒したテロリストは、なんとコナンを躊躇なく船外に投げ出します!
高度数千mから落下するコナンに、飛行船内は悲鳴であふれますが、怪盗キッドが変装を解いて外へ!
無事空中でコナンをつかまえ、ハンググライダーで悠々と空を飛びます。
しかし風に逆らって遥か上にある飛行船に戻ることはできず、愛知県の佐久島に不時着。
まさかの飛行船から子供を投げ出すという暴挙に、手に汗握るシーンです。『名探偵コナン』内で唯一空を飛べる怪盗キッドがいるからこそできる演出ですね。

みどころ④:コミカルな面が強いキッドはレア!ほのぼのしたキッドとコナンの共闘

出典 : Amazon.co.jp

不時着した愛知県の佐久島で、コナンとキッドは共同戦線をはります。探偵と怪盗なので、本来は敵同士の2人が、飛行船に戻るためにやむを得ず手を組むシーンは、今までの「追うものと追われるもの」の構図が崩れた衝撃のシーンでした。そして、上空に警視庁のヘリコプターを発見したコナンは、飛行船に戻るため、キッドに「工藤新一に変装してほしい」と頼むのです。
飛行船に戻るためとはいえ、まさか探偵が怪盗に自分に変装しろと頼むなんて!
キッドはこの提案を承諾して2人で警視庁のヘリコプターに乗り、ハンググライダーで無事飛行船に飛び移ることに成功します。
この一連の流れでの、キッドの描かれ方はかなりコミカルな感じものになっています。今までの劇場版ではかなりクールなキャラクターとして表現されていたので、コミカルなキッドは新鮮。
この作品以降、劇場版ではコナンとキッドの共闘やコミカルなキッドが描かれるようになるので、キッドとコナンの関係が変わる節目の作品でもあります。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ