アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【泣きたい人必見!】絶対に泣けるアニメ30選! 泣きレベル付! #泣けるアニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※10/28更新!!

「感動的なアニメを観たい!」という人におすすめのアニメをピックアップ!
ピンポイントで泣けるエピソードのあるアニメから、全編を通してエモい作品まで、数あるアニメの中から30作品を厳選してご紹介します。
感動の度合いを表す「泣きレベル」付です!

ゾンビランドサガ

出典 : Amazon.co.jp

基本的にはギャグ&アイドルものなんですが、本作のアイドルユニット「フランシュシュ」全員が既に死亡しているゾンビアイドルということで、常に微かな切なさを背負っています。
神回と言われた7話も、純の愛に対するフォローや雷からの放電テクノボイス&レーザーが話題になりましたが、生前アイドルになれず儚く散ったさくらがステージを最後までやりきり涙するシーンも見所で、一度最終回まで観てから観直すと更にグッと来ます!

泣きレベル:★

ひとりぼっちの○○生活

出典 : Amazon.co.jp

「クラス全員と友達にならないと絶交!」という親友との約束を健気に果たそうと、極度の人見知りながら懸命にクラスメイトに話しかけようと努力するぼっち健気さもじーんと来ますが、最も琴線に触れるのは、そのぼっちに約束させた親友・かいの想いです。
面接すらまともに受けられないほど人見知りのぼっちが、このままでは将来独り立ちできないと考え、あえて厳しい約束を課したその心意気に感動!
かい自身決して器用な人間じゃなく、何度もぼっちを心配して涙している姿が余計に胸を打ちます。

泣きレベル:★

ヒナまつり

出典 : Amazon.co.jp

かなりガッツリとしたギャグアニメなので、泣けるアニメという印象を持たれにくいかもしれませんが、アンズ回はかなりの確率で感動エピソードになっています。
ヒナを暗殺しにやって来るという過激な登場から一転、ホームレスという厳しい環境に身を置くことになり、その後周囲のサポートに恵まれ独り立ちしていく過程はただただ感動的です。
ホームレス仲間との別れ、そして自分だけが美味しいご飯を食べられることに罪悪感を覚える彼女の健気さに思わずもらい泣きした視聴者は数知れず。

泣きレベル:★

けいおん!

出典 : Amazon.co.jp

2期(2期目は2クール)という積み重ねの果てにやって来る青春の終わりを描いた2期20話「またまた学園祭!」には感動!
決してストイックにはやっていない部活であっても、終わりが来るのは寂しいですよね。
最終話&劇場版のクライマックスも泣けます。

泣きレベル:★☆

NEW GAME!

出典 : Amazon.co.jp

感動エピソードがメインという作品ではありませんが、2期前半のエピソードはかなり刺さります。
青葉が次回作をキャラクターデザインを勝ち取るも、会社都合でキービジュアルを描かせてもらえず、出来レース前提のコンペに挑む……というお話です。
感動するエピソードはいろんなアニメで描かれていますが、キャラの悔しさがここまで伝わってくる作品は中々ありません。
思わずもらい泣きした人も多いはず。

泣きレベル:★☆

この音とまれ!

出典 : Amazon.co.jp

合宿から抜け出したコータを探すシーンなど、感動的な場面が随所にあるアニメですが、ほとんどの大人から白い目を向けられてきたチカが祖父から受けていた深い愛情が特に心に染みます。
人間、どんなにどん底でもたった1人の優しさや信頼に救われるもので、そういう経験をした人には更に刺さる関係性ではないでしょうか。
ただ、この作品が大きな輝きを見せるのは2期で映像化されるエピソードで、更なる感動が待ち受けています。

泣きレベル:★☆

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

出典 : Amazon.co.jp

起承転結が明確で、ファンタジー作品の王道を行く展開の作品で、ヨヨの成長を丁寧に描いています。
対象年齢はやや低めの映画ですが、それだけに純粋な子供の頃の気持ちを思い出させてくれる隠れた良作。
童心に返りたい人、複雑なアニメに少し疲れた人、人間の優しさ、素直さ、ぬくもりを感じたい人などにおすすめのアニメですね。

泣きレベル:★☆

とらドラ!

出典 : Amazon.co.jp

『とらドラ!』ラブコメディなので基本的には明るいお話なんですが、同時にギスギスした青春、友情と愛情の狭間で揺れ動く心を描いていて、終盤はかなりキます
岡田麿里脚本の真骨頂とも言えますね。
一番泣けるポイントは、いろいろと恵まれずに不遇続きのヒロイン大河が、それでも不器用に懸命に生きるそのいじらしさですね。

泣きレベル:★☆★

ひだまりスケッチ

出典 : Amazon.co.jp

日常アニメの走りであり決定版でもある『ひだまりスケッチ』はほのぼの路線なので、TVシリーズ1~4期で泣く場面は殆どないんですが、OVAの「沙英・ヒロ 卒業編」は涙なしには観られません。
卒業という必然の別れであっても、長い長い日常の描写があることで感動が一入ですね。
特に、TVシリーズでは中々素直になれなかった夏目の涙にはもらい泣き必至です。

泣きレベル:★☆★

『ゆるキャン』や『ごちうさ』も育てた!? きらら系日常アニメのレジェンド『けいおん!』の影響力とは

サクラクエスト

出典 : Amazon.co.jp

全編にわたって、それほど起伏が大きなストーリーではありませんが、2クールという長い期間を使って由乃たち観光協会の試行錯誤や絆が描かれていたため、最終回はかなりの感動が待っていました。
ラストに由乃が間野山を去る際、町をあげて彼女を見送るシーンは特にじーんと来ましたね。
過去のお仕事シリーズほどのヒットには至りませんでしたが、会長が「ここはお前の街じゃー!いつでも帰ってこーい!」と叫ぶところは、決して見劣りしないくらいの名場面です!

泣きレベル:★☆★

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ