アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

仮面ライダーのデザインにバッタが採用された理由とは?誕生経緯とバッタ以外のモチーフについてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意外と少ない?バッタモチーフの仮面ライダー

出典 : Amazon.co.jp

仮面ライダー1号・2号を引き継ぎ、バッタモチーフが続いたと思われがちですが、実はそんなことはありません。

2作目である『仮面ライダーV3』で早くもモチーフがバッタからトンボに変わります。
その後もカブトムシスズメバチなどバッタ以外の昆虫をモチーフにした仮面ライダーが登場します。
アマゾンにいたってはモチーフがトカゲと昆虫ですらありませんからね。

「仮面ライダーはバッタじゃなきゃだめ!」と声高に叫ぶ人もいますが、昭和ライダーですらバッタモチーフの仮面ライダーが少ないのが事実です。
前述した共通点さえあれば仮面ライダーに見えてしまうため、案外モチーフは何でもいいのかもしれませんね。

平成ライダー開始前に怒涛のバッタモチーフラッシュ

出典 : Amazon.co.jp

『仮面ライダー』の1号・2号以降バッタモチーフがなかった昭和ライダーですが、1980年代後半から1990年代前半にかけてはバッタモチーフの仮面ライダーが多数登場します。

・『仮面ライダーBLACK』(1987)
・『仮面ライダーBLACK RX』(1988)
・『真・仮面ライダー 序章』(1992)
・『仮面ライダーZO』(1993)
・『仮面ライダーJ』(1994)

1号・2号以来となるバッタモチーフ。
昭和ライダーが一区切りになるということもあり、原点回帰を図ったためこれだけ一気に増えたと考えられています。
バッタモチーフということで1号・2号に近い正統派なデザインに。
特にBLACKやBLACK RXはいまだに根強い人気がありますからね。
平成ライダー前最後のテレビシリーズの主役ライダーにふさわしい秀逸なデザインをしています。

石ノ森章太郎が描きたかった仮面ライダー「仮面ライダーシン」

出典 : Amazon.co.jp

残念ながらテレビシリーズでは上層部の反対により石ノ森章太郎の理想が実現することはありませんでした。
しかし、オリジナルビデオの制作が決定し、石ノ森章太郎が本来描きたかった内容が実現することに。
それが『真・仮面ライダー 序章』に登場する「仮面ライダーシン」です。

仮面ライダーシンはデザインから変身シーンに至るまで全てがグロテスクと言っても過言ではありません。
他の仮面ライダーと異なり、「変身!」と叫ぶことはなく苦しそうに悶ながら異形の怪物へと姿を変えるだけ。
デザインには前述した共通点が全て盛り込まれていますが、生物のような生々しさがあり、お世辞にも仮面ライダーに見えるとは言えません。

平成ライダーはバッタモチーフがない?

出典 : Amazon.co.jp

2000年の『仮面ライダークウガ』から2019年の『仮面ライダージオウ』まで20作品続いた平成ライダーシリーズ。
20作品作られた平成ライダーはデザインの共通点は受け継いでいるものの、モチーフにバッタが使用されたことはありません。

特にデザインが奇抜な第2期の平成ライダーたち

出典 : Amazon.co.jp

『仮面ライダーW』から始まった平成ライダー第2期。
1号・2号を意識してデザインされたダブルは正統派の仮面ライダーらしいデザインですが、それ以降の平成ライダーのデザインはなかなか奇抜です。
ロケット・宝石・自動車・幽霊・ゲーム・果物・時計などモチーフにするものにも共通点がありません
中には仮面ライダーには見えないものも。

平成ライダー第2期の奇抜なデザインは仮面ライダーの幅を広げた一因ではありますが、好き嫌いが分かれやすくなっています。
昭和ライダーのようなデザインが好きという人は受け入れるまでに時間がかかってしまうでしょう。
最初にデザインが公開された時点で視聴しないと決める人もいるくらいですからね。

令和ライダー『仮面ライダーゼロワン』

出典 : Amazon.co.jp

奇抜なデザインの多かった平成ライダーが幕を閉じ、時代はいよいよ令和に。
令和初の仮面ライダーはどんなデザインなのか期待が高まる中、令和ライダー1号として発表されたのが『仮面ライダーゼロワン』です。
クラッシャーこそないものの、複眼・眉間のランプ・触覚が盛り込まれており、正統派と言えるデザインとなっています。
原点回帰とともに新時代を感じさせるゼロワンのデザイン。
昭和も平成も超えていく令和ライダーの活躍が期待できそうです。

まとめ

今回は仮面ライダーのデザインについてまとめました。
バッタモチーフのデザインになるまで紆余曲折ありましたが、石ノ森章太郎の頑張りによって生まれた仮面ライダー。
昭和と平成では正統派から奇抜なものまで様々なデザインの仮面ライダーが生み出されました。
令和ではどのようなデザインの仮面ライダーが誕生するのか、令和ライダーの今後が楽しみです。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ