アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

実践したい!【美味しんぼ】で登場した役に立つ食の知識のまとめ #美味しんぼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『美味しんぼ』といえば、長年愛されている人気グルメ漫画ですよね。
東西新聞社に所属する山岡史朗が究極のメニューを探し求めて、食を探求していきながら、憎き父親海原雄山との対決もある漫画です。
さて、そんな美味しんぼですが、この漫画には数多くの食に関する知識が登場します。
中には、美味しんぼを見て実際に真似した人もいるのではないでしょうか。
今回はそんな美味しんぼに登場する役立つ食の知識について紹介します。

1.あん肝はフォアグラよりもウマい!

世界三大珍味として知られる高級食材のフォアグラですが、この漫画ではあまり評価は高くなく、油臭くて味がべっとりしてにごっていると酷評されています。
それに比べてあん肝は味が純粋で澄んでいておいしいと評価されており、高級食材のフォアグラよりもあん肝の方がうまいとされています。
誰もがうらやむフォアグラですが、実際のところは鴨を無理やり太らせて、脂肪肝にしたものを食べているわけで、そういったものが本当においしいのかどうか、疑問を呈しています。

2.過酷な環境下で育ったトマトはウマい!

『美味しんぼ』のトマトに関する知識で「永田農法」という作物にとってスパルタな農法を行うことによって、野菜が持つ生命力を呼び起こし、野菜本来の旨味を引き出すことができるといわれています。
これは漫画だけのことではなく、実際にこの農法を活用して作物を育てている農家もいるぐらいで、美味しんぼのすごさを物語っています。
とはいっても、美味しんぼの方が、実際の食の知識から作られているので、どちらが先かはよくわかりませんが、ともあれ過酷な環境で育てられたトマトはうまいということに間違いはありません!

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ