アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ごちうさ】宇治松千夜は何故不人気と言われてしまうのか考察してみた #ごちうさ #gochiusa #宇治松千夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『ご注文はうさぎですか?』に登場する「甘兎庵」の看板娘・宇治松千夜(うじまつ ちや)を紹介!
一人だけ人気薄などとネタにされることの多い千夜の真の魅力ポイントに迫ります!

「宇治松千夜」プロフィール

名前:宇治松千夜
年齢:15(高校一年生)→ 16(高校二年生) → 17
血液型:O型
誕生日:9月19日
星座:おとめ座
身長:157cm
好きなもの:和菓子作り、和菓子に名前を付けること、ココア
声優:佐藤聡美

甘味処「甘兎庵(あまうさあん)」の看板娘で、主人公・ココアと同じ高校に通う女子高生です。
人見知りしない性格で、ココアとは出会って即意気投合し、ココアが住み込みで働いている喫茶店「ラビットハウス」の看板娘・チノや従業員のリゼともすぐに打ち解けます。
甘兎庵の隣に住んでいるシャロとは旧知の仲で、幼なじみの関係です。

おおらかでお淑やかな大和撫子然とした性格である反面、ちょっとしたことで落ち込んでしまう繊細な一面もあります。
普段は着物+割烹着といった様相の制服で働いていますが、私服はごく普通。
天然な一面は多少あるものの、常識的な感性を持った女の子です。

ただし趣味である「和菓子に名前を付けること」についてはその限りではなく、「千夜月」「煌めく三宝珠」「海に映る月と星々」「フローズン・エバーグリーン」「白亜の宝玉と擬態する毒玉」など中二的なセンスを披露しています。

本当に人気薄なのか?

千夜の魅力を語る前に、まずこの議題について敢えて触れておきます。
メインの5人、ココア・チノ・リゼ・千夜・シャロの中で、千夜の人気はやや落ちるという見解が一部のアニメファンの間で囁かれています。
実際、特典やグッズの数においてもそのきらいがあり、他の4人と比べるとフィギュア化の機会にも中々恵まれず、そういうレッテルが貼られてしまうだけの理由はあると言わざるを得ません。

ただそれは千夜だからという訳ではなく、そもそもおっとり系の人気が若干弱いという日常アニメにおける傾向が主因かと思われます。
例えば『けいおん!』の“ムギ”こと琴吹紬(ことぶき つむぎ)、『らき☆すた』の高良みゆき(たから みゆき)なども同様です。
単純に属性としての需要が比較的小さいというのが最たる理由ではないでしょうか。

また、千夜はココアやシャロと同級生で、作中のメインキャラ群においては年上キャラには該当しませんが、おっとり系の運命というか、なんとなくお姉さんキャラっぽい印象を与えてしまっている可能性もあります。
お姉さんキャラも比較的人気薄の属性なので、それで損している可能性もあります。
その他、本人のボケたがりな性格が「前に出すぎる」と思われる要素になっている可能性もありますが、これはやや穿った見方かもしれません。

上記のような問題もあり、千夜には不憫なレッテルが貼られているように思います。
しかし彼女は本当に可愛くて、たくさんの魅力が詰まったキャラクターなんです。

名場面playback

2期8羽「スニーキングストーキングストーカーストーリー」より。

この回では珍しく千夜がココアとケンカ(と勝手に思い込んでいる)をしていて、ココアが自分と違うクラスになっても構わないと思っているのでは、という疑念を本人にぶつけられず悶々としている様が描かれています。
また次回にあたる第9羽 「毛玉は特攻し無慈悲なボタンは放たれる」でも、シャロと一緒に働きたい気持ちを抑えていたことが判明します。
泰然とした印象の千夜ですが、実際には繊細で耐え忍ぶキャラなんです。

オススメグッズ紹介

出典 : Amazon.co.jp

ジグソーパズルが苦手な彼女だからこそ「300ピース ジグソーパズル ご注文はうさぎですか? ご注文は千夜ですか?」を敢えてオススメします!
そして現在最大の注目グッズは、PLUMが制作を発表している千夜のフィギュア!
ファンにとっては念願の立体化……これを逃す手はありませんね!

まとめ

『ごちうさ』の魅力を一言で語るなら、「練り切りのような可愛さ」でしょうか。
練り切りとは白あんに砂糖などを加え練った練り切りあんで作る生菓子で、とてもカラフルな色合いが特徴です。
10種類くらいの練り切りが並ぶと、かなり華やかですよね。

その中で千夜は、黒や緑の練り切りを連想させる女の子。
やや地味ですが、それらの色がないと全体がちょっとポップすぎて、和菓子本来の奥深さや上品さが損なわれてしまいます。
千夜は『ごちうさ』にとって、そういうなくてはならない存在なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. アバター
    • 2019年 6月 26日

    考察するまでもなく糞みたいなネガキャンに付和雷同してるゴミどもが腐る程いるからだよ

  2. アバター
    • 名無し。
    • 2019年 6月 27日

    リゼちゃんとは同級生じゃないですよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ