アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ほのぼの】可愛い動物たちに癒される!おすすめ漫画20選【ギャグ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

犬や猫をはじめ、人間の暮らしと密接に関わっている「動物」たち。今回は、そんな動物を扱ったおすすめ漫画を20作品ご紹介していきます。ほのぼの癒される可愛い動物漫画から、クスっと笑えるギャグ、白熱の野生バトルなど色々なジャンルをまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

癒し・ほのぼの
猫絵十兵衛〜御伽草紙〜

出典 : Amazon.co.jp

多くの猫が住み着く「猫丁長屋」に住む「十兵衛」は、鼠除けのための猫の絵「猫絵」を専門とする猫絵師です。十兵衛の描いた猫絵に呪力を吹き込むのは、相棒である猫又の「ニタ」。本作は、この十兵衛・ニタのコンビが猫丁長屋の人間や猫たちにまつわる出来事に関わっていく、一話完結型のストーリーで構成されています。面倒見が良く情に厚い一人と一匹による人情話、そしてとにかく可愛い猫たちが見どころです。また、江戸時代の風習や日常、四季折々の年中行事が盛り込まれているため、「時代モノ」が好きな読者にもおすすめの作品となっています。

しろくまカフェ

出典 : Amazon.co.jp

人間や動物が分け隔てなく暮らす世界でカフェを営む「シロクマくん」。マイペースかつダジャレ好きなマスターであるシロクマくんのカフェには、「パンダくん」や「ペンギンさん」などの常連客をはじめ様々なお客さんが訪れます。
テレビアニメ化もされた本作は、シロクマくんとそれを取り巻くお客さんのゆるくほのぼのとしたギャグ漫画。「動物コメディ」はキャラクターたちがデフォルメされることが多いジャンルですが、『しろくまカフェ』の登場人物(もとい登場動物)は妙にリアルな造形をしており、それがまた笑いに一役買っています。ゆるーい漫画が好きな人におすすめの作品です。

いとしのムーコ

出典 : Amazon.co.jp

とある山奥でガラス工房を営む「小松さん」のことが大好きな雌犬「ムーコ」。飼い主を愛するあまり「小松さんが早く犬になって欲しい」と願うムーコと、そんなムーコに愛情を注ぐ小松さんとのふれあいを描いたほのぼの日常漫画。
ムーコの喜怒哀楽の描写がとにかく可愛らしく、犬を飼ったことのある人や犬好きの人ならなら「うちの犬もこんな表情する!」と共感できるような愛らしいエピソードが盛りだくさんです。ときどき暴走してしまうほど小松さんが好きすぎるムーコと、言葉は通じなくとも気持ちが通じ合っている小松さんの絆にも癒されます。全編通してほっこりするお話ばかりなので、小さなお子さんにもおすすめできる作品です。

くまみこ

出典 : Amazon.co.jp

東北地方の山奥にある「熊出村」は、人語を理解するヒグマ「クマ井一族」が暮らす不思議な村。そんな熊出村のクマ井を奉る神社の巫女「雨宿まち」は都会に強い憧れを抱き、都会の高校へ進学したいと考えています。しかし、極度の人見知り&機械音痴のまちが都会に馴染めるはずがないと、都会進出を阻む存在が。それは、クマ井一族の代表でありまちの後見人でもあるヒグマの「クマ井ナツ」でした。
田舎コンプレックスをこじらせた少女・まちと、人間以上に器用なヒグマ・ナツを中心としたコメディ漫画。心配症なナツは、世間知らずで喜怒哀楽の激しいまちに対して様々な試練を与えていきます。その中で繰り広げられる二人の漫才のようなやり取りや仲睦まじい様子にほのぼの笑える作品です。

わいるどらいふっ!身近な生きもの観察図鑑

出典 : Amazon.co.jp

イラストレーターである一日一種さんによるエピソードコミック。身近な動植物の意外な生態が、くすりと笑える(そしてときどき哀しい…)エピソードとして紹介されています。可愛らしいイラストはもちろん豆知識も充実しているので、動物好きな人だけではなく生き物に興味を持ち始めた人にもおすすめの作品です。これをきっかけに「生き物や自然のことをもっと知りたい!」とハマる人が急増しています。

きょうの猫村さん

出典 : Amazon.co.jp

家政婦紹介所の「村田家政婦」で働く猫の「猫村ねこ」は、その腕を見込まれて「犬神家」へ奉公に出されることになります。お金持ちの一族である犬神家ですが、その内情はなにやらワケありの様子。曲者ぞろいの犬神家で、ねこは家政婦業に奮闘していきます。
「昼寝好き」「気まぐれ」「マイペース」といった一般的な猫のイメージとは打って変わって、猫村さんはとても働き者。家事をそつなくこなし犬神家でも信頼を得ていきます。一方で、猫舌だったり、急に四足歩行に戻ったり、ショックを受けると爪とぎを始めてしまったりと「猫らしい」一面もあってとても癒されるキャラクターでもあります。純真で健気な猫村さんに影響を受けて次第に変化していく犬神家の人間模様も注目ポイントです。

クマとたぬき

出典 : Amazon.co.jp

少し怖がりだけど好奇心旺盛な「たぬき」と、力持ちで穏やかな性格をしている「クマ」。ほのぼのでモフモフな2匹の暮らしにとにかく癒される作品です。現実の野生の世界ではありえない組み合わせですが、漫画の中では種族を超えてお互いを思いやる2匹の姿が温かくほほえましいと話題に。くまとタヌキの他にも、「ツル」と「サギ」、「シカ」と「カモシカ」、さらには通りすがりの「カマドウマ」など様々な生き物が登場し、どれも愛らしいキャラクターとなっています。動物の描写がとても丁寧で、リアルすぎずデフォルメすぎない絵柄もキャラクターの可愛らしさを引き立てており、ちょっと疲れたときに癒されたいな、という人におすすめです。

おじさまと猫

出典 : Amazon.co.jp

ひとりぼっちで売れ残っていたエキゾチックショートヘアの「ふくまる」と、妻に先立たれ孤独に暮らしていた「おじさま(神田冬樹)」が出会い、共に暮らして絆を深めていくストーリー。ふくまる視点のエピソードとおじさま視点のエピソードがあり、お互いに言葉は通じないものの次第に気持ちが通じ合っていく様子が暖かく、時に切なく描かれていて、twitterを中心に人気が広がっていきました。元々は作者の桜井海さんがtwitterで発表していた作品ですが、書籍化された際に描きおろしが多数収録されることとなり、こちらも好評を得ています。猫飼い初心者のおじさまが色々な失敗を重ねながらもふくまるのために奮闘する姿や、ふくまるの「猫あるある」なリアクションに癒されること間違いなし!の、猫好きさんにおすすめの作品です。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ