アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

モンハン最強のモンスターは?最強候補とされる5体のモンスターについてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

今なお最新作が発売され、新しいモンスターが誕生し続けているモンハンシリーズ。簡単に倒せたり、何度挑んでも倒せなかったりとモンスターの強さはいろいろ。
そんなモンハンシリーズで遊んだことのあるプレイヤーなら、「どのモンスターが最強?」と疑問に思ったことがありますよね。
そこで今回はモンハン世界における設定を考慮しつつ、最強候補と謳われる5体のモンスターについてまとめました。
最強のモンスターを知りたかったり、討伐したいと考えていたりする人は参考にしてみてください。

最強候補とされることの多い古龍種

出典 : Amazon.co.jp

最強のモンスターと聞いて思い浮かぶのが「古龍種」ではないでしょうか?謎に包まれている部分が多く、自然現象を操るなどの圧倒的な特性から最強候補とされることも珍しくありません。
そんな古龍種の中でも群を抜く強さを誇り、最強候補の筆頭とされているのが「禁忌のモンスター」です。

ラスボスや裏ボスとして君臨する禁忌のモンスター

出典 : Amazon.co.jp

モンハン世界で禁忌のモンスターと呼ばれているのは下記5体。いずれもゲーム内ではラスボスや裏ボスとしてプレイヤーの前に立ちはだかります。

・黒龍ミラボレアス
・紅龍ミラボレアス
・祖龍ミラボレアス
・煌黒龍アルバトリオン
・煉黒龍グランミラオス

ラスボスや裏ボスという扱いのため、禁忌のモンスターの情報が公開されることはほとんどありません。公式サイト・攻略本・SNSなど、あらゆる媒体において徹底した情報規制がされています。存在が示唆される場合も「???」と表記され、モンスター名が明かされることはありません。
15年続くシリーズの中で登場した禁忌のモンスターはわずか5体。情報の少なさも相まって、いかに希少な存在であるかわかりますね。

最強にふさわしい禁忌のモンスターの設定

出典 : Amazon.co.jp

ラスボスや裏ボスとして登場するため、ゲームにおける禁忌のモンスターの強さは申し分なし。
しかし、禁忌のモンスターが最強と謳われるのはゲーム内の強さによるものだけではありません。モンハン世界における設定も圧倒的であるがゆえに最強モンスターとされているのです。
5体の設定は下記の通りで、ゲーム以上に圧倒的な力を感じ取ることができるものになっています。

黒龍ミラボレアス

出典 : Amazon.co.jp

モンハンの世界で大国として名を馳せていたシュレイド王国。国の中心にシュレイド城を構え、文明を繁栄させ続けていました。
そんなシュレイド王国に襲来したのが黒龍ミラボレアス。ミラボレアスは一夜にしてシュレイド王国を焼き尽くし、文明ごと消し去ってしまったのです。
その後、シュレイド城はミラボレアスの巣窟に。廃墟と化したシュレイド城に足を踏み入れた人間は生きて帰れないと言い伝えられ、実際に多くのハンターが行方不明になっています。
人類を文明ごと消滅させるミラボレアスの力は凄まじく、山のような巨体を誇るラオシャンロンですら恐れをなして逃げ出すほど。

紅龍ミラボレアス

出典 : Amazon.co.jp

通称ミラバルカン「怒れる邪龍」と呼ばれ、終末をもたらす存在として人々から恐れられています。
ミラボレアスが突然変異した姿と言われており、生息地は火山の奥深く。火山の環境に適応するため、真っ赤に変化した全身が特徴的です。
自ら人間の前に姿を現すことはありませんが、テリトリーに踏み入れた人間には容赦なく攻撃を繰り出します。
ミラバルカンの咆哮は火山全体を震わせ、噴火を引き起こすことも。火山の暑さでイラだっているのか、ミラボレアス以上に攻撃的な性格をしています。

祖龍ミラボレアス

出典 : Amazon.co.jp

通称ミラルーツ。ミラボレアスやミラルーツ以上に情報が明らかになっておらず、幻の存在と言われることもあります。
下記のように数々の異名を持っているのもミラルーツの特徴。全てのモンスターの始まりとも言われています。

・「伝説の中の伝説」
・「全ての龍の祖」
・「祖なるもの」
・「白き王」

ミラルーツはを操ることができ、ミラルーツが咆哮すると辺り一帯に無数の雷が降り注ぎます。
白く光る体からは凶悪さだけでなく、神々しさを感じることもできますね。強大過ぎる力ゆえ、どこか魅了されてしまうモンスターです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ