アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【魔法科高校の劣等性】ネタバレ注意!アニメ2期『来訪者編』のあらすじを詳細にまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リーナが一校に留学!?【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

達也が大亜連合の艦隊を「質量爆散(マテリアル・バースト)」で消滅させた「灼熱のハロウィン」。この事件のせいで司波兄妹は「USNA」から容疑者候補としてリストアップされてしまいます。この事実を四葉家当主である四葉真夜(よつばまや)に忠告された2人は「USNA」からの監視に注意を向けることに。

それからしばらくして、深雪のクラスメイトである北山雫(きたやましずく)が、交換留学生として「USNA」へと旅立ちました。その変わりに一高へとやってきたのは、アンジェリーナ・クドウ・シールズでした。一高の中心メンバーから、リーナという愛称で呼ばれるほど親しくなった彼女ですが、このタイミングで「USNA」から留学生。慎重な達也は当然、リーナを警戒していました。

吸血鬼事件が発生【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

時はさかのぼり、リーナが留学する前の「USNA」ではある連続殺人事件が発生していました。その犯人はリーナの裏の姿である「スターズ」の総大将アンジー・シリウスの部下。無事に部下処断したアンジー・シリウスでしたが、他にも複数人の「スターズ」所属の軍人が脱走し、日本へ逃亡していたのです。そして脱走者が逃げ込んだ日本でも通称「吸血鬼事件」という連続殺人事件が発生。20人を越える魔法師が外傷なく、身体から10%の血液が抜かれた状態で殺害されました。

リーナが一校へ留学した目的は「灼熱のハロウィン」の容疑者候補である司波姉妹の監視でしたが、事件発覚後は脱走者の処断へと変更されます。そんな中、達也のクラスメイトである西城レオンハルト(さいじょうれおんはると)が吸血鬼に襲われました。この襲撃で、吸血鬼はただの魔法師ではなく魔法を使用するときにデバイスを必要とせず身体も強化された存在「パラサイト」だと発覚しました。

パラサイトとは?

「来訪者編」で事件の中心となる「パラサイト」は「USNA]が秘密裏に行ったマイクロブラックホール実験が原因で発生した存在です。これはマイクロブラックホールを作り、そこに開かれた別次元からエネルギーを取り出そうという実験でした。しかし、そこからこの世界へと侵入したのは意思を持つ精神体「パラサイト」だったのです。

「パラサイト」は人間に取り付くと、その身体を乗っ取って宿主を強化します。そしてその宿主が死亡すると、魂のような存在である「パラサイト」は新たな宿主を探して彷徨います。つまり、敵を倒しても新たな宿主を得た「パラサイト」が新たに現れるだけ。なので「パラサイト」を倒す方法は深雪の精神を凍結させる魔法「コキュートス」か、古式魔法を用いた封印しかありません。

「パラサイト」を巡る闘争【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

この時点で「パラサイト」は「十氏族」の七草家に属する魔法師などを殺害していました。そのため、生徒会長の七草真由美(さえぐさまゆみ)と十文字克人(じゅうもんじかつと)が手を組み「パラサイト」の調査に繰り出します。そして「スターズ」は自国の失態を秘匿するために脱走者処断の任務をアンジー・シリウスへ命令。

達也と深雪は四葉家の命令と私情で「パラサイト」の調査に。達也のクラスメイトの千葉エリカ(ちばえりか)などは、西城レオンハルトの仇討ちに繰り出しました。それぞれの勢力が違った思惑で動いているため「パラサイト」の争奪戦のようなものが発生します。

リーナvs司波深雪【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

「パラサイト」争奪戦の結果、衝突したのが「パラサイト」の封印を目的としていた司波兄妹と脱走者の処断を目的としていたアンジー・シリウス率いる「スターズ」でした。両陣営は戦いになりましたが、総大将以外の「スターズ」メンバーは司波兄妹らに一瞬で戦闘不能にされます。圧倒的有利な状況の達也たちでしたが、達也はリーナにある条件をつきつけました。

それは深雪が一騎打ちで勝利したら、「スターズ」の作戦内容などの情報を教えるというもの。不利な状況だったリーナはその条件を飲み、河川敷へと移動した美雪とリーナは互いに全力を尽くして戦いました。お互い広域魔法を全力でぶつけ合い、命を落すスレスレまで魔法を使った結果、この勝負は深雪の勝利で終止符を打ちます。

バラサイトがピクシーに!?【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

リーナから得た情報で解ったのは、日本に潜伏している「パラサイト」の数が全部で12体だということでした。そしてその後「パラサイト」の1体がリーナと同居している部下ミカエラ・ホンゴウだと判明。ミカエラが一校への諜報活動を行った際に「パラサイト」の気配を感じ取った者達がミカエラを攻撃。しかし、封印を恐れた「パラサイト」は宿主を自爆させて逃走してしまいます。

そして一高内の備品である人型のロボットメイド「ピクシー」へと憑依し、眠っていました。しかし、眠っていたピクシー内の「パラサイト」が、達也に恋をしている光井ほのか(みついほのか)の強烈な恋愛感情に当てられて覚醒してしまいます。すると何故かそのピクシーは、ほのかの感情を写したかのように達也に服従したのです。今のところはピクシーに害はないと判断した達也は、ピクシーの所有権を買い取り、自身のメイドとして扱うことに。

七賢者からのコンタクト【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

ピクシーに憑依した「パラサイト」は達也たちの味方となりました。しかし、残り11体の「パラサイト」はまだ敵として人間に憑依しています。そんな中「パラサイト」が人以外にも憑依できると知った陣営が、軍事利用のために「パラサイト」を狙い始めました。そして七草家当主の七草弘一(さえぐさこういち)の息のかかった部隊が、達也たちが交戦中に「パラサイト」を連れ去ります。しかし、捕らえた「パラサイト」たちは全員アンジー・シリウスによって殺害されました。

なぜそんな結果になったのか、その原因となったのは「七賢人」のレイモンド・クラークという少年の存在でした。彼は「フリズスキャルブ」という世界中のありとあらゆる情報を調べられるシステムの権利を持つ者です。アンジー・シリウスに捕らえられた「パラサイト」の居場所をリークしたもの彼でした。

その後、レイモンドは司波家の自宅の通信へと進入し、ことの詳細を達也に語ります。そのレイモンドが達也に望むのは「パラサイト」の殲滅。いきなり自宅の通信に進入されてもたらされた情報でしたが、達也はこの情報を元に「パラサイト」の殲滅へと動きます。

最終決戦【ネタバレ】

出典 : Amazon.co.jp

今は12体に分裂している「パラサイト」ですが、元は1つの存在でした。これは「パラサイト」サイドで共有された情報です。そんな理由があり「パラサイト」たちは再び1つに戻ろうと考えましたが、1つだけピースが足りません。それはピクシーの存在でした。そんな経緯があり「パラサイト」たちは達也が所有するピクシーを襲撃することにしました。

一高のメンバーやリーナもこの最終決戦に参戦。2体の「パラサイト」の封印に成功しましたが、リーナが宿主を殺害したため残りの9体は精神体となってピクシーに襲い掛かりました。しかし、強大な力でピクシーを襲う「パラサイト」たちに深雪が精神さえも凍らせる魔法「コキュートス」を放ち、この「パラサイト」事件は幕を閉じます。

封印した2体の「パラサイト」の行方

使い方次第で軍事利用の可能性を秘めた「パラサイト」。達也たちが封印に成功したこの2体は、裏で密かに「パラサイト」を狙っていた四葉家九島家が1体ずつ所有することに。この行為が「来訪者編」以降で、また新たな事件の引き金となります。

まとめ

以上、アニメ『魔法科高校の劣等性』2期「来訪編」から、ネタバレ満載のあらすじ情報のまとめでした。『魔法科高校の劣等性』は難しい単語や造語がたくさん登場します。アニメ2期のポイントは、やはり「パラサイト」なのでどんな存在なのか予習してから視聴するのもいいかもしれませんね。本作に興味のある方は、アニメだけではなく原作小説もチェックしてみてください。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ