アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

4コマ漫画30選! 大ヒット作からアニメ化されていない隠れた名作まで、おすすめの作品をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

出典 : Amazon.co.jp

まんが4コマぱれっとで連載されている、小杉光太郎先生によるアイドルコメディ
流川市に住む普通の女子高生・宇佐美奈々子(うさみ ななこ)が先輩の女子・小日向縁(こひなた ゆかり)と組んでローカルアイドルとしての活動を始めるお話です。

ただのアイドルではなく、地域密着型の庶民的なアイドルとしてのまったりとした活動を描いている点が特徴。
2014年にテレビアニメ化され、その後も2度OVA化を果たすなど、作風同様に根強い人気を獲得しています。

コミックスは2019年11月現在、7巻まで刊行。

恋愛ラボ

出典 : Amazon.co.jp

主にまんがタイムスペシャルで連載されていた、宮原るり先生によるラブコメディ
お嬢様学校の私立藤崎女子中学を舞台に、恋愛を研究する生徒会メンバー不器用で妄想逞しい恋愛事情が描かれています。

4コマ漫画では比較的珍しい、男女の恋愛もので人気を博しアニメ化も果たしたヒット作。
2019年10月21日発売のまんがタイムスペシャル12月号で最終回を迎え、13年の歴史に幕を閉じました。

コミックスは2019年11月現在、14巻まで刊行。
2020年春にまんがタイムで特別編が掲載される予定です。

未確認で進行形

出典 : Amazon.co.jp

まんが4コマぱれっとで連載されている、荒井チェリー先生によるラブコメ
発育が良いこと以外は普通の可愛い女子高生の夜ノ森小紅(よのもり こべに)と、彼女の許嫁で物の怪の三峰白夜(みつみね はくや)の初心な恋愛や日々の騒動を描いたお話です。

白夜の妹・真白(ましろ)の可愛さや「ラブコメの波動を感じる」という流行語にもなったセリフで人気を博し、2014年に放送されたアニメもヒット。
何故か2期は制作されていません。

2019年11月現在、10巻まで刊行。

あいまいみー

出典 : Amazon.co.jp

まんがライフWINで連載されている、ちょぼらうにょぽみ先生によるギャグ4コマ
倉持南高校漫画研究部に所属している女子高生の4名のおバカな日常が描かれています。

ギャグとしては不条理系で、とりとめのないネタのオンパレード。
萌え要素はほぼありません。
5分枠の短編でアニメ化され、3期まで制作される人気作となりました。

2019年11月現在、9巻まで刊行。

大家さんは思春期

出典 : Amazon.co.jp

まんがタイムで連載されている、水瀬るるう先生によるコメディ
6畳風呂なしのアパートで大家さんをやっている中学生1年生の里中チエ(さとなか ちえ)と、アパートに引っ越してきた23歳の新社会人・前田(まえだ)の交流を軸に描いた日常譚です。

アットホームな雰囲気のほっこり系4コマ漫画で、チエちゃんの可愛さが際立っています。
2016年に2分枠のショートアニメが放送されました。

コミックスは2019年11月現在、11巻まで刊行。

棺担ぎのクロ。~懐中旅話~

出典 : Amazon.co.jp

2005~2018年にまんがタイムきららで連載されていた、きゆづきさとこ先生によるダークファンタジー
巨大な棺を背負い、人語を話す蝙蝠の相棒センと共に「魔女」を探して旅をする主人公クロと、その仲間たちの物語です。

きらら系としては異例の作風で非常にテーマが重く、まんがタイムきららの看板作品として長らく連載されていましたが、その重さからか連載中にアニメ化はされませんでした。
しかし人気は高く、連載終了後も多くのファンの心に残っている作品なので、いずれ何らかの形で映像化されるかもしれません。

2019年11月現在、全7巻が発売中。

かつて魔法少女と悪は敵対していた。

出典 : Amazon.co.jp

月刊ガンガンJOKERで連載されていた、藤原ここあ先生による魔法少女もの
魔法少女の深森白夜(みもり びゃくや)と、彼女に一目惚れした悪の参謀ミラ奇妙な関係性を描いた作品です。

連載当初から人気を博し、アニメ化も期待されていた漫画でしたが、藤原ここあ先生の逝去によって絶筆となり、本作が遺作となりました。

2019年11月現在、全3巻が発売中。

らいか・デイズ

出典 : Amazon.co.jp

まんがホームおよびまんがタイムオリジナルで連載されている、むんこ先生によるライフコメディ
スーパー小学生の天才少女・春菜来華(はるな らいか)と彼女を取り巻く人々の日常を多彩なテーマで描いています。

まんがホームの表紙を担当する看板作品で、2003年から連載が続いているため知名度も高い4コマ漫画ですが、アニメ化の機会には恵まれていません。
しかし日常系の4コマ漫画を代表する作品の1つであることは間違いありません。

2019年11月現在、27巻まで刊行。

ナンバーガール

出典 : Amazon.co.jp

月刊コミック電撃大王で連載されていた、谷川ニコ先生によるコメディ
1(ファースト)~16(シックスティーンス)の16名のクローン少女たちが、日常生活の中で他のクローンとは異なる個性を持ち始めていくお話です。

シュール系、脱力系のギャグ漫画ですが、徐々にクローン少女たちに差異が生まれていくというコンセプトが秀逸な作品。
わたモテファン以外にも読んで欲しい一作です。

2019年11月現在、全3巻が発売中。

とりきっさ!

出典 : Amazon.co.jp

月刊COMICリュウで連載されていた、ノブヨシ侍先生によるコメディ
半人半鳥の種族「トリビト」の姉妹・スズリンが営んでいる喫茶店「とりきっさ」の日常を描いています。

同作者が現在連載している『艦隊これくしょん -艦これ- お役立ち! 鎮守府調査隊』とは作風が異なり、こちらはほのぼの系の4コマ作品で、癒やし効果抜群です。

2019年11月現在、全7巻が発売中。

まとめ

アニメ化されていない作品の中にも、名作はたくさんあります。
また、アニメ化された中にも、アニメ版とは違う表現・演出で漫画ならではの魅力を伝えてくれる作品はたくさんあります。
「アニメ化されてないから」「アニメで観たから」と敬遠せず、ぜひ手にとってみてください!

1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ