アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【PSYCHO-PASS サイコパス】満を持して3期に登場!? 狡噛慎也の歩みを総まとめ【ネタバレあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

根強い人気を誇る『PSYCHO-PASS サイコパス』の登場キャラクター「狡噛慎也」。これまでの活躍や、朱との関係、1期のその後など狡噛についての情報を総まとめしていきます。ストーリーのネタバレが含まれていますので、見視聴の方はご注意ください!

狡噛はどんなキャラクター?

出典 : Amazon.co.jp

「人間の心が数値化された世界」で、心の在り方・正義の在り方を追い求めるアニメ作品『PSYCHO-PASS サイコパス(以下、『サイコパス』)』。今回は、『サイコパス』に登場する人気キャラクター「狡噛慎也(こうがみ しんや)」についてご紹介します。

公安局の刑事

日本の治安を司る公安局刑事課一係に所属する狡噛は、「執行官」として潜在犯の捜査・裁きを執行しています。身体能力はもちろん、知識量・推理力・判断力に優れ一係メンバーの中でも特に優秀ですが、任務遂行の際には時おり「獲物を狩る猟犬」のような顔をのぞかせることも。とはいえ普段は落ち着きのある良識人で、執行官仲間からの信頼も厚い人物です。

監視官と執行官

ドミネーターの携帯を許可され、シビュラの裁きを代行する存在ともいえる「監視官」「執行官」。隔離施設に入る潜在犯に適性があった場合に公安局のスカウトを受けて執行官になる他、監視官だった者が犯罪係数の上昇により執行官になってしまうパターンもあります。そして、執行官をまとめその執行を見届けるのが監視官です。監視官のサイコパスの管理には細心の注意を払う必要があり、監視官と執行官はチームであると共に「明確に立場が異なる存在」として関わり合うことになります。

かつては監視官だった?

狡噛は、元々はエリート監視官として一係に所属する刑事でした。しかし、物語開始より3年前に起こった事件がきっかけで犯罪係数が上昇。本来受けるべき心理セラピーよりも事件の捜査を優先したため、そのまま執行官へと降格しました。執行官となってからも迷宮入りしてしまったその事件に強い執念を抱いており、独自に捜査を続けていたようです。

『サイコパス』1期での活躍

出典 : Amazon.co.jp

新任の監視官「常守朱」率いる一係は、潜在犯による数々の事件を解決していくうちに、その裏に潜む一人の男の存在にたどり着きます。男の名は、「槙島聖護」。3年前に狡噛の同僚「佐々山光留」が犠牲となった“標本事件”に関連する人物として、狡噛が追い続けていた男でした。
シビュラシステムに否定的な考えを持ち、多くの事件の裏で暗躍していた槙島。そんな槙島に激しい怒りを抱く狡噛は、自分自身の正義を貫くため、槙島を追って一係を去ることになります。

“標本事件”と佐々山

女学院の教師を務めていた「藤間幸三郎」による公安局広域重要指定事件(通称“標本事件”)。殺害した人間を特殊な薬剤で加工し街中に設置するという猟奇的な事件でしたが、被疑者である藤間が失踪し、未解決事件となってしまいました。
この事件の捜査を進めていたのが、当時監視官だった狡噛と執行官の佐々山です。粗雑な性格ながらも刑事として天性の素質を持つ佐々山と、そんな佐々山に劣等感と憧れを抱く狡噛はぶつかり合いながらも「相棒」として信頼関係を築いていきます。
しかし事件を追い続け暴走していく佐々山は、藤間による犠牲者の一人となってしまいました。佐々山を止められなかった自分を後悔する狡噛。そして佐々山の遺品の中から事件の裏で糸を引いていた槙島の手掛かりを見つけ出したとき、常人には理解できないほどの復讐心と執念が生まれたのです。

槙島との因縁

シビュラシステムの支配下において「自らの意思で決断し行動する」人間を肯定する槙島は、多くの潜在犯の犯行に協力してきました。そんな槙島自身は、「犯罪係数が上昇するような行為に及んでも数値が上昇しない=“免罪体質者”」という希少な体質の持ち主。つまり、ドミネーターを向けても撃つことのできない人間です。
そんな「シビュラという法の下では裁くことのできない仇」に対し狡噛が下した決断は、「自分が法の外に出る」ということでした。そして一係を去り、ドミネーターではなく「拳銃」を手に槙島を追います。こうして最後には「刑事としての自分」と決別した狡噛。槙島との決着がついた後も、一係に戻ることはありませんでした。

朱との関係

狡噛は、経験不足な新米監視官であるを気にかけ時にはフォローしながら、刑事としての素質には一目置いていたようです。一係から去る際も朱には置手紙を残し、彼女の正義や考え方を尊重する言葉を伝えています。しかし、結果的に朱とは別の道を進むことになってしまいました。自ら槙島に手を下そうと一人で行ってしまった狡噛と、最後まで狡噛を止められなかった朱。結末は大きく異なりますが、奇しくも「藤間を追う佐々山とそれを止められなかった狡噛」という過去の出来事に似た関係となっています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ