アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【カゲロウプロジェクト】ミステリアスだけど実は家族思い!カノこと鹿野修哉についてまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『カゲロウプロジェクト』に登場するメカクシ団団員No.3のカノこと鹿野修哉。飄々とした態度でありながらもいざというときは頼りになる彼についてまとめてみました!小説ルートと漫画ルートでの違いにも注目です。

カノ(鹿野修哉)とは?

常にニヤニヤと笑顔を絶やさず人をからかうような態度をとっているカノ。その本音の見えない胡散臭さはもちろん、オカルト系が苦手・乗り物酔いしやすいといった意外な弱点や重く辛い過去も相俟って、『カゲプロ』の中でもかなり人気のあるキャラクターです。

カノの能力「目を欺く」

カノの能力は「目を欺く」カノ自身の表情や行動を別のものに見せたり、他人の姿に化けたりできます

いつも笑みを絶やさないカノですが、幼馴染で兄弟のセトによるとそれも能力によるもののようです。

人に化ける場合、化けることができるのは実際に対面し、鮮明にイメージすることのできる人物や動物に限られます。能力の制御に不慣れなときは化ける対象をひたすら触りまくったり匂いを嗅ぎまくったりしてイメージを掴んでいました。植物や赤の他人になることはできません。

あくまで「欺く」のは見た目だけなので、口調や呼称から正体がバレてしまうこともあります。

姿や匂い、声などを詳細に思い浮かべなければならないカノの能力ですが、カノは自分自身のことに全く興味がなく、「痛み」だけを己のアイデンティティとして認識していました。そのため、痛みを感じることでカノは元の姿に戻ることができます。
キドが普段からカノによく手を上げているのはそれが理由です。

カノの楽曲・夜咄ディセイブ

2013年にカノの楽曲として発表された「夜咄ディセイブ」は、ビーバップな雰囲気と荒ぶるギターやドラム、カノの様々な表情が描かれるMVが魅力的な曲です。
強烈なインパクトのサビ「オーマイダーティ!」はもちろん、いつも飄々とした態度のカノの繊細な本音が垣間見える歌詞は、多くのカゲプロファンを虜にしました。

2019年に行われた「カゲプロ楽曲総選挙」では30曲以上ある楽曲の中で第3位に選ばれるなど、たしかな人気を誇っています。

カノの過去

出典 : Amazon.co.jp

カノの過去は小説『カゲロウデイズ』5巻で詳しく描かれています。

幼少期のカノは母親とふたりで暮らしており、彼女から虐待を受けていました。しかしカノ自身は「母親を怒らせる自分が悪い」と思っており、自分を殴った後の母が泣く姿に罪悪感を覚えていました。

ある日カノは強盗によって母親と共に刺殺され、カゲロウデイズに接触します。周囲から虐待を受けていると噂されていたカノが常日頃から抱いていた願いは、「母が責められる原因である自分の体の傷を隠したい」というもの。そのため、「目を欺く能力」を得たのです。

その後、親戚をたらい回しにされた挙句に能力を発現させたカノは孤児院に預けられることになり、そこでキドとセトに出会うことになります。

認識されづらくなる「目を隠す」能力のキドに、人の心の声が聞こえる「目を盗む」能力のセト。能力やそれにまつわる奇行のせいで、孤児院の中でカノとふたりは一緒くたに化け物扱いされていました。
しかし、同室に押し込められた三人の関係は決して仲良しこよしというわけではありません。特にズバッと物を言いがちなキドといつもびくびくしているセトとの相性は悪く、カノもふたりの間に入るもキドを怒らせてしまう……ということを繰り返していました。

カノがキドをからかったり、キドはそんなカノを殴るもののどこか弱みを握られていたり、天然かつ大らかな性格のセトはマリーや他メンバーから頼りにされていたり……といった現在の三人の関係からはあまり想像ができないですよね。

楯山家との家族関係

どこかぎくしゃくすることの多かったカノ達の関係を丸くしたのは、三人をいっぺんに引き取った楯山家です。
カノは実の母親のことを大事に思いながらも、自分に愛情を注いでくれた楯山アヤカ・研次朗夫妻のことを「母さん」「父さん」、その一人娘であるアヤノのことを「姉ちゃん」と呼び慕うようになります。
優しく包容力のある家庭で過ごすうち、カノはアヤカたちとはもちろん、セトやキドとも「家族」となっていったのです。

研次朗とアヤカが事故に遭いアヤカが亡くなった後もカノが立ち直れたのは、家族の存在があったからでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ