アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【カゲプロ】2020年新作アニメ上映決定!第1作『メカクシティアクターズ』と新情報をまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『メカクシティアクターズ』で明かされた重大事実!

出典 : Amazon.co.jp

小説をベースにしてはいるものの明らかに異なるルートを描いた『メカクシティアクターズ』は、何と小説でも漫画でも楽曲でも明らかになっていなかった如月シンタローの能力が判明したことでも有名です。

恐らくハッピーエンドに至るためにはシンタローの能力が必要だったために明かされることになったのだと思われます。冴える蛇に奪われた未来、その何百何千もの悲劇と味わった悔しさを覚えておくためにマリーが作った「目に焼き付ける」能力。シンタローがその能力を思い出した第8話「ロスタイムメモリー」の演出は、小説や漫画、楽曲のワンシーンをアニメで見せるという斬新で見事なものでした。

ちなみに、「目に焼き付ける」能力の誕生秘話は、漫画版『カゲロウデイズ』で明かされているので要チェックです。

劇場版と幻のアニメ2期

出典 : Amazon.co.jp

様々な論議を呼んだ『メカクシティアクターズ』ですが、2016年11月には日本初のMX4Dアニメーション映画として、『カゲロウデイズ -in a day’s-』が公開されました。

あのアニメ後の完全新作、予告で仄めかされた新たな敵、そして日本初のMX4Dアニメーション映画ということで、ファンの期待も高まった作品でしたが……。何と、小説でも漫画でも『メカクシティアクターズ』でも描かれた「デパートでのテロの話」を少し改変しただけの20分アニメでした。

アクションシーンもほとんどなく、敵の正体もよく分からないまま事件が解決し、MX4Dとしても『カゲプロ』作品としても正直微妙な作品です。
一応意味深なラストだったためかパンフレットには次回作の製作を匂わせる文言もあったのですが、その後の音沙汰はありません。

同様に2016年8月にはアニメ2期『メカクシティリロード』の製作決定が発表されましたが、すっかり闇の中に葬られたようです
ちなみに「メカクシティリロード」というタイトルは、2018年に発売した『カゲプロ』3rdアルバムに引き継がれています。

劇場版やアニメ2期のことは忘れて、さっぱりとした気持ちで新作を楽しみにした方が良いのかもしれません!

スピンアウト作品『カゲロウデイズ No.9』とは?

すでに述べてきたように、映像化にはあまり良い思い出がない『カゲロウプロジェクト』。
しかし、とうとう再始動ということで、スピンアウト作品『カゲロウデイズ No.9』が2020年1月に上映されることになりました。

『No.9』の内容は、本編から3年後の未来の話。最初に発表されたときには漫画・アニメ・音楽で表現するとのことだったので、2020年1月に上映されるアニメを皮切りに『カゲプロ』が本格的に再始動していくということなのでしょう。
初発表時は本編よりも大人びた雰囲気の九ノ瀬遥のイラスト、アニメ発表時には新キャラクターの女の子のイラストが掲載されていたことから、遥に関わりがある新キャラをメインとしたスピンアウトではないかと予想されます。
「誰も知らない、君を覚えていた」という、シンタローの能力を彷彿とさせるようなキャッチコピーも気になるところです。

また、『No.9』というのは遥の命の代わりとなっていた「目を醒ます」蛇、通称「コノハ」のメカクシ団団員ナンバー。『メカクシティアクターズ』で冴える蛇と共に消失したコノハですが、今回の新作で復活、もしくは救済が描かれるのかもしれません。

少し心配なのは、上映が迫っているにも関わらず、2019年10月時点で何の追加情報もないことです。「上映」というとつい映画化を思い浮かべてしまいますが、もっと限定的にネット上などで公開されるのかもしれませんね。

まとめ

最終話付近で物議を醸したものの『カゲプロ』の世界観を色濃く反映していたといえる『メカクシティアクターズ』。2020年1月に上映されるスピンアウト作品『カゲロウデイズ No.9』はいったいどんな作品になるのか、今後の情報が見逃せません!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ