アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【進撃の巨人】エレンの能力判明?九つの巨人の能力と継承者をまとめて解説!【ネタバレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにエレンの持つ“進撃の巨人”の能力が明かされ、話題となった漫画『進撃の巨人』。今回は、そんな『進撃の巨人』に登場する巨人たちの能力や作中で判明している継承者をネタバレありでご紹介していきます。

巨人の成り立ち

『進撃の巨人』の核となるキャラクター、「巨人」。初めのうちは人類の脅威であり謎に満ちた存在でしたが、物語の舞台がパラディ島からマーレへ移り、さらに過去へ遡ることで徐々にその秘密が明らかになってきました。
無垢の巨人や九つの巨人について解説する前に、まずは「巨人はどこから来たのか」、その成り立ちについて解説します。

悪魔との契約

エレンの物語からおよそ1800年前、後に「エルディア人の開祖」と呼ばれる女性「ユミル・フリッツ」大地の悪魔と契約し、巨人の力を手に入れます。巨人の力で国を豊かにしエルディア人に富をもたらしたとされるユミル。彼女は死後に魂を9つに分け、その力を受け継いだ9人の子孫は「九つの巨人」となり大国・マーレを滅ぼし大陸の支配者となりました。

エルディアの衰退

大陸を支配したエルディア人は、民族浄化によりユミルの力を受け継ぐ子孫=「ユミルの民」を増やし続けます。しかし、九つの巨人同士の争い(巨人大戦)、マーレによる内部工作により急速に弱体化。九つの巨人のうち7つはマーレが、1つはフリッツ王家率いるパラディ島が所有することになったのです。

九つの巨人の行方は?

パラディ島では“始祖の巨人”を真の王家であるレイス家が密かに受け継ぎ、壁内人類を統治してきました。対してマーレは7つの巨人を「マーレの戦士」たちに受け継がせ、その力を使い大陸で戦争を繰り返します。残りの1つである“進撃の巨人”は、大陸に留まった王家の残党で構成された“エルディア復権派”が所有していたようです。

無知性巨人/無垢の巨人

無知性巨人の正体

巨人の種類は大きく分けて「無知性巨人(=無垢の巨人)」「知性巨人(=九つの巨人)」の2つが存在します。
物語序盤から調査兵団が戦ってきた無知性巨人たちの正体は、「巨人の脊髄液を注入されたエルディア人」です。マーレにおいて、かつて自国を滅ぼした一族の末裔であるエルディア人は「仇」そのもの。パラディ島に逃げることができずマーレに留まったエルディア人の生き残りは「悪魔」と罵られ迫害されてきました。そしてマーレ国内で罪を犯したエルディア人は“楽園送り”とされ、パラディ島で無垢の巨人に変化させられていたのです。

無知性巨人の生態

無知性巨人は人間との意思疎通はできず、目に留まった人間を捕食するという行為を繰り返すだけの巨人です。個体によって「通常種」「奇行種」と呼ばれるものがいますが、どちらも「人間を捕食する」という目的に大きな違いはありません。マーレではこの特性を利用して、他国との戦争で無知性巨人を大量殺戮兵器として利用することもあります。

ジークの脊髄液を注入された巨人

ウトガルド城での戦いでは、本来夜間は活動できないはずの無垢の巨人が活動していたり、獣の巨人の言葉に従ったりするなど他の巨人とは異なる行動をとる場面が見られました。これは「ジーク・イェーガーの脊髄液を注入されたため」であったことが後に明らかになりました。
王家の血を持つジークの脊髄液は特殊で、「脊髄液を注入されてもすぐには巨人化しない」=「ジークの“叫び”によって任意のタイミングで巨人化させられる」という特徴があります。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ