アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【アルテ】アニメ化決定!キャラクター情報やあらすじをまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アルテ』のアニメ化が決定!

2019年7月19日に待望のアニメ化が発表されました。2018年9月現在では、ディザービジュアル。さらにメインキャラクターの声を担当する声優が発表されています。主人公のアルテ役と担当するのが小松未可子(こまつみかこ)さん。師匠のレオを担当するのが小西克幸(こにしかつゆき)さんです。

どの制作会社が、リアリティのある16世紀のフィレンツェを描くことになるのか。その他の魅力溢れるキャラクターたちの声を誰が担当するのか。今後の発表に乞うご期待です!

主人公アルテのキャラクター情報

出典 : Amazon.co.jp

タイトルの通り、この作品の主人公はアルテという少女です。アルテはフィレンツェの貧乏貴族の生まれで、実家を飛び出した時点での年齢は16歳。この時代では既に結婚していてもおかしくない年齢なので、アルテ決しては若くないようです。画家になるという夢を追いかけて、フィレンツェで1番小さな工房を営むレオのもとに弟子入りすることに。

作中では女性の職人はアルテしか登場せず、女が画家というだけで周囲に冷たくされるほど女性画家の地位は低いです。しかし、アルテは何度転んでも、どんな無理難題を押し付けられてもめげない根気強い性格をしているため、画家として強く生きていきます。

アルテの声優

https://twitter.com/mikakokomatsu/status/1142365375339753472

主人公アルテの声を担当するのは声優の小松未可子(こまつみかこ)さんです。小松未可子さんの所属事務所は「ヒラタオフィス」。声優以外にも女優や歌手として活躍されています。

代表作は『モーレツ宇宙海賊』の主人公、加藤茉莉香(かとうまりか)役や『Re:CREATORS』のセレジア・ユピティリア役など。小松未可子さんは中性的なかっこいい声が特徴の声優さんですね。

師匠のレオはどんなキャラクター?

出典 : Amazon.co.jp

レオはアルテの師匠です。目つきが悪くていつも無愛想な表情をしているため、周囲の人間からは怖がられています。画家の工房に弟子入りするために刻苦していたアルテの話を始めて聞いてくれた人物。レオはアルテに、弟子になりたかったらテンペラ画の地塗りを1晩で20枚作れという無茶な条件を出します。初めから弟子にするつもりなどなかったため出した条件でした。しかし、アルテがその条件をクリアしてしまったため、仕方なく弟子を取ることに。ちなみにレオは弟子を取らない主義なので、弟子はアルテ1人だけです。

しかし、他の人と違いレオはアルテを女としてでなく1人の人間として扱います。なので女ということをコンプレックスに感じていたアルテとの相性はいい模様。他の工房の師匠よりずっと厳しく、アルテに過酷な指示を出すこともありますが、彼女のことを1人の画家として認めています。

レオの声優

アルテの師匠であるレオの声を担当するのは、声優の小西克幸(こにしかつゆき)さんです。小西克幸さんの所属事務所は「賢プロダクション」。声優以外にもナレーターや舞台俳優として幅広く活躍されています。

代表作は『べるぜバブ』の男鹿辰巳(おがたつみ)役や『監獄学園』の諸葛岳人(もろくずがくと)役など。小西克幸さんはその高い演技力でどのキャラクターもかっこよく演じる声優さんですね。また『監獄学園』ではアドリブで面白いラップを披露したことで話題になったりもしました。

まとめ

以上『アルテ』に登場するメインキャラクターの情報やあらすじのまとめでした。ルネサンス期という男尊女卑の世界で、男ばかりが働く職人業界で力強く生き抜いていくアルテの姿をアニメで見るのが待ち遠しいですね。今回紹介したアルテやレオ以外にも強かに生きる女性キャラクターやアルテを認めてくれる仲間もたくさん登場するので、興味のある方はぜひ『アルテ』をチェックしてみてください。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ