アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【FGO】バビロニアのギルガメッシュは“賢王”?過去作との違いやエルキドゥとの関係についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イシュタルとの関係は?

イシュタルとギルガメッシュ

『第七特異点 絶対魔獣戦線バビロニア』には、エルキドゥの他にもギルガメッシュと関係の深いキャラクターが登場します。それが、金星の女神「イシュタル」です。「愛」「豊穣」「戦」など多くの神性を司り、また我欲が強く奔放な性格をしていたとされるイシュタルは、ウルクの都市神でもあります。
彼女は生前ギルガメッシュに求婚しますが、イシュタルの残忍な一面を知っていたギルガメッシュは拒絶します。これを「侮辱された」と感じ怒ったイシュタルは、自らが従える神獣「“天の牡牛”グガランナ」を地上に解き放ってしまいました。
ギルガメッシュはエルキドゥと協力しグガランナを討伐します。しかし、「神の獣を殺した罰を二人のどちらかに与える」というイシュタルの願いによって、「神に造られた存在」であるエルキドゥは神々の決断に逆らえず命を落としてしまうのです。

FGOでも仲が悪い?

FGOに登場するイシュタルは、fateシリーズに登場する遠坂凛を依り代として現界しています。その影響で生前よりも(ほんの)少し控えめな性格に変容しているため、生前ほどの確執はないようです。
ただしすぐ頭に血が上る部分はそのままで、ギルガメッシュの挑発に乗って王室の天井を破ってしまうなど「お騒がせ女神」の気質は残っています。凛とギルガメッシュとの相性は良いので、2人揃うとドタバタながらもある意味良いコンビと言えるかもしれません。

7章は神々との決別の物語

賢王として

神代の終わりで起こる、人類の存亡を賭けた「神々」と「人間」の戦い。ギルガメッシュは、「英雄王」としてただ一人勝ち残るのではなく、これまで築き上げてきた文明とそこに生きる民による総力戦で原初の神々を打ち破る必要がありました。こういった事情から、ギルガメッシュはウルクを治める「人の王」として兵を率いて“三女神同盟”に立ち向かっていくことになります。

亡き親友と再び

7章はエルキドゥ亡き後の物語です。しかし、古代メソポタミアの地に到着したカルデア一行の前には、エルキドゥを名乗る謎の青年が現れます。なぜエルキドゥは再び姿を現したのか、そしてどのようにカルデアやギルガメッシュと関わっていくのかもバビロニアの見どころのひとつです。

まとめ

以上、FGOアニメ『第七特異点 絶対魔獣戦線バビロニア』の「ギルガメッシュ」についてのまとめでした。アーチャーと同じく、キャスターのギルガメッシュも非常に人気の高いキャラクターとなっています。ぜひアニメを視聴して「ウルクの民」としてバビロニアの物語を楽しんでみてください!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ