アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ペルソナ5】あらすじをネタバレ!明智の正体とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『ペルソナ5』は原作がゲームとなっている大人気シリーズのナンバリングタイトル5作目です。
テレビアニメ化もされた『ペルソナ5』ですが重要人物の明智の正体は何なのかも含め、今回はネタバレを含めたあらすじを紹介していきます!

ペルソナ5のプロローグ

出典 : Amazon.co.jp

『ペルソナ5』は怪盗になった主人公がどこかに忍び込むところから始まります。そして、その事件で警察に捕まった主人公の供述を元にしてストーリーが展開するのが特徴です。

主人公は暴行罪の無実の罪をかぶらされ、「私立秀尽学園」へと転校することになります。
そしてやってきたのが東京。両親の知人である佐倉惣治郎(さくら そうじろう)が経営している喫茶店「ルブラン」に居候をさせてもらい、一年間の保護観察期間を送ることになりました。

世間では交通事故や工場の爆発、地下鉄の暴走などといった事件が多発。しかし、事件を起こした本人はなぜ事件を起こしたのかということを覚えていないというもので「精神暴走事件」として東京の人々を恐怖に陥れていました。

そんな事件が起こっている中で主人公のスマートフォンに「イセカイナビ」というアプリが勝手にダウンロードされてしまいます。
この「イセカイナビ」はアプリに入力した名前の人物と、その人物に関係のあるキーワードを入れることで「パレス」という異世界に行くことができるアプリです。

人間が作り出す異世界「パレス」に行き、「オタカラ」を盗むことで事件を解決できることを知った主人公とその仲間たちはパレスへと行くことになります。

鴨志田のパレス

出典 : Amazon.co.jp

まず最初に主人公たちが行くことになるのは秀尽学園の教師である鴨志田(かもしだ)のパレスです。
鴨志田は表では周囲から慕われる教師ではありますが、裏で女子生徒に性的暴行をしているといった凶悪な面を持っている人物でした。

そんな鴨志田のパレスでは鴨志田自身が王様となり、他の生徒は全て奴隷のような姿。それを見た主人公たちは鴨志田が学校での立場がそういうものだと考えていることを知ります。
そして、学校で飛び降り自殺未遂という事件が起こり、飛び降りた女子生徒が鴨志田から性的暴行を受けていたことが判明します。

最初は主人公と坂本竜司(さかもと りゅうじ)、そして主人公に怪盗になるようにと言い出したモルガナの3人で鴨志田のパレスに向かい欲望の塊である「オタカラ」を盗もうと考えてました。
しかし、自殺未遂をした女子生徒の友人であった高巻杏(たかまき あん)も鴨志田への怒りで主人公たちと同じ怪盗団へと入りオタカラを盗むためにパレス内を捜索し始めます。

パレス内にいるもう1人の鴨志田であるシャドウ鴨志田と対峙した主人公たち。激しい戦いの末にシャドウ鴨志田を撃退しオタカラを盗むことに成功。
現実世界へと戻った後に鴨志田は自分のやった悪行を告白。警察へと自首しました。
このことから主人公たちはパレスを持っている人物のオタカラを盗めば悪人から善人になることを知り、次の悪人を探すこととなっていきます。

班目のパレス

出典 : Amazon.co.jp

怪盗団の次のターゲットになったのは有名画家である班目です。
ターゲットになった理由は鴨志田の事件の後、協力者によって立ち上げられた怪盗団応援サイトに班目(まだらめ)が弟子の作品を盗作して自分の物として発表しているという相談があったため。

相談を受けた主人公が事実を調べているうちに出会ったのが、班目の弟子である喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)。彼は杏をモデルにしたいと言ってきた人物であり、彼を利用して班目のパレスに入るために必要なキーワードを探ろうと怪盗団は誘いに乗ります。
しかし、喜多川祐介に班目の話をすると、班目はそんな人物ではないと一蹴されてしまい、調査続行が難しくなってしまいました。

パレスが存在するかどうかを調べるため、怪盗団は班目に関するキーワードを考えることに。すると「美術館」というキーワードでパレスに入ることができ、先を進んでいくことになります。そして、さらに進んだ先にあったのが開けられない扉でした。
開かずの扉があるということは班目に「オタカラを取られるはずがない」という考えがあるということです。そのため、現実世界でその「認識」を変える必要がありました。
班目に一番近い弟子である喜多川祐介の協力が必要だと考えた怪盗団は、再び話しをつけようとしますが、説得できないばかりか班目本人が現れてしまい目をつけられる結果となってしまいました。

しかし、班目が隠していた部屋に弟子の作品があるという事実を知った喜多川祐介は班目が弟子を食いつぶしている人物だと気付きます。
その事実による怒りと、今まで気付けなかった自分へのふがいなさを感じた喜多川祐介もペルソナに覚醒し、怪盗団に加わります。班目のオタカラを盗むことに成功し、彼を改心させるという結果になりました。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ