アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ペルソナ5】主人公の徹底解説!名前や演じている声優も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2016年に発売された『ペルソナ』シリーズのナンバリングタイトルの5作目『ペルソナ5』。アニメ化もされ人気も高いことが分かります。
『ペルソナ5』の主人公はどういうキャラなのか、名前や演じている声優なども含めて紹介していきます!

ペルソナ5主人公のプロフィール

出典 : Amazon.co.jp

『ペルソナ5』主人公はゲーム版ではデフォルトの名前がありません。主人公の名前が決まっていないのは『ペルソナ2』を除いてこれまでの『ペルソナ』シリーズでは基本となっています。
しかし、漫画やテレビアニメでは名前がないと不便という形からなのか漫画版では「来栖 暁(くるす あきら)」、テレビアニメ版『PERSONA5 the Animation』では「雨宮 蓮(あまみや れん)」という名前がついています。

デフォルトネームが決まっていないことに加えて『ペルソナ5』の主人公には誕生日や星座、身長も体重も明かされていません。
しかし、他のキャラクターには身長などの設定がきちんとあるので、そこから推測することは出来、PVなどの映像から推測すると175cmくらいではないかと推測されています。

見た目は黒髪でくせっ毛。それでいて前髪をいじるという癖を持っています。
制服も他のキャラとは違って特にアレンジすることなく着ていて真面目な印象です。そういったパッとしない見た目をしていることから「地味」「モサ男」と呼ばれることもしばしば。
メガネをかけているのも印象的ですが視力が悪いわけではなく、伊達メガネ。地味などと言われている『ペルソナ5』の主人公ですが、メガネを外すと印象が変わると作中では語られています。

『ペルソナ3』の主人公は寮。『ペルソナ4』の主人公は居候で自室持ちでしたが、『ペルソナ5』の主人公は『ペルソナ4』の主人公と同じ居候ではありますが、喫茶店「ルブラン」の屋根裏という部屋というよりも倉庫に住んでいます。

ペルソナ5主人公の性格は?

出典 : Amazon.co.jp

『ペルソナ』シリーズで主人公になっているキャラはゲーム内では選択肢はあるものの、他のキャラのように喋りません。これは『ペルソナ5』の主人公も同じです。
しかし、制服をきっちり着ているところを見ると、真面目な性格をしていることが分かります。

『ペルソナ5』の主人公には、人助けをしたにも関わらず無実の罪を受けたという悲惨な過去を持っています。
口数は少ないながらもそういった部分から正義感が強いことが分かり、自分自身のペルソナからは「己が信じた正義の為に、あまねく冒涜を省みぬ者」とさえ言われています。

基本的にゲームではプレイヤーの選択肢で性格が変わるのですが、『ペルソナ5』の主人公は選択肢に冷静な言葉が多いからかファンに物静かでクールと評されています。
冷静でいるからなのか「何を考えているか分からない」と言われることもあるようですが、ゲーム内の選択肢でふざけたものを選ぶと、それを仲間から受け入れられることもあることから、ノリはよいほうのようです。

ノリがよく冷静でクールな性格の『ペルソナ5』の主人公ですが、ゲーム内で唯一テンションが実は高いのではないかと思わせるセリフがあります。
それは怪盗になったときの「イッツ・ショータイム!」というセリフ。
このセリフを言うときの『ペルソナ5』の主人公のテンションは高く、それに驚かされたというファンもいたようです。

ペルソナ5主人公過去は?

出典 : Amazon.co.jp

『ペルソナ』シリーズの主人公たちは過去が描かれていないキャラも多かったのですが『ペルソナ5』の主人公には明確な過去が描かれています。

『ペルソナ5』の主人公はその正義感から男に絡まれた女性を助けたという経緯を持っています。
これだけであれば勇気のある男の子というだけで済むのですが、絡んでいた男に傷害の罪を着せられることとなり、無実の罪をかぶることとなってしまいました。
そのせいで元々通っていた高校は退学処分となり、保護観察処分の身となってしまいます。

こういった過去を持っていることからほとぼりが冷めるまで地元にいられないという理由で『ペルソナ5』に登場する「私立秀尽学園高校」へ転校しました。
しかし、この転校先でも『ペルソナ5』の主人公が起こした事件の話が伝わっており、学校でも噂されることとなってしまいました。

『ペルソナ』シリーズの主人公はプレイヤーの分身として設定してありますが、こうして過去の設定がしっかりとある珍しいタイプの主人公と言えるでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ