アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ダンベル何キロ持てる?】立花先生は29歳独身で教師なのに限りなくエロ寄りのコスプレイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム : TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

2019年夏放送の人気アニメ『ダンベル何キロ持てる?』の登場キャラクター、立花先生をピックアップ!
ジム通いを始めたばっかりに、アイドルにさせられそうになったり、密かに楽しんでいたコスプレがバレたりと散々な彼女についてまとめました!

立花里美(たちばな さとみ)キャラクター概要

出典 : ©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム : TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

『ダンベル何キロ持てる?』に登場する女性キャラクター。
主人公・紗倉ひびき(さくら ひびき)たちが通う皇桜女学院に世界史の教師として勤めています。

身長166cm、体重59kg、スリーサイズはB88・W60・H88。
黒髪セミショートのボブをセンターで分けている髪型で、ジト目気味な上瞼と左目付近の泣きぼくろが特徴。
学校ではスーツ、トレーニング時にはノーマルなシャツとトレーニングパンツを着用します。

29歳独身で、彼氏なし。
好みのタイプは爽やかイケメン。

教師をやっている手前口外できずにいますが、趣味はコスプレ。
百合亞リコ(ゆりあ りこ)のコスプレネームで活動しており、主に露出の多い衣装を好んで着ています。

教師なのでレギュラー陣の中では常識人枠……のようで、実際にはツッコミ担当 兼 変顔担当
特にコスプレ趣味がバレそうな時は、それはもう酷い顔をしています。

女子力はあまり高くなく、自炊している様子は一切ありません。
自宅の冷蔵庫には酒類以外は何もなくだらしない生活のツケで体型が崩れ気味になったようです。

担当声優は堀江由衣(ほりえ ゆい)さん

29歳コスプレイヤーのギリギリ人生

出典 : ©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム : TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

立花先生がシルバーマンジムに通うことになった動機は2つあります。

1つは単純に体重の増加
その悩みを職員室でこぼしたところ、同僚の教師・愛菜るみか(あいな るみか)に薦められ、シルバーマンジムに見学に行くことになります。

当時の立花先生はBMIの値が21.41で、適正体重よりむしろ少ないくらい。
しかし体脂肪率は28%と軽肥満(30.0~34.9%)一歩手前だったので、贅肉がちょっと気になるくらいの体型だったと推察されます。
露出過多のコスプレをやっている先生にとって、そのちょっとの贅肉が大敵となるため、ダイエットに挑戦することになったのです。

そして実際に見学に行ったところ、同じ学校の生徒であるひびきたちと遭遇し、一度は通うのをやめようとしますが……好みどストライクの爽やかイケメン、街雄(まちお)トレーナーがいたため、ジム通いを決意しました。
それが、彼女の悲劇の始まりだったのです。

普段運動をしていなかったと思われる立花先生にとって、ジムでのトレーニングはかなりキツかったようですが、真冬コミで最高にエロいコスプレをすることをモチベーションにして真面目に取り組み続け、それに並行して整骨院で猫背の矯正を行った結果、かなり良い感じになります。
しかし、ひびきと縁あってシルバーマンジムの常連となったロシア出身の少女、ジーナ・ボイドから、コスプレイヤーであることを見抜かれてしまいました。
ジーナは日本語をアニメを観て覚えるなどオタク文化に精通しており、コスプレイヤーの百合亞リコを知っていたのです。

高校教師がイベントでコスプレをしている時点でほぼアウトですが、先生のコスプレは胸元を思いっきり開けたナースや獣人、食い込みの際どいバニーガールなど、ガチのエロ寄りとあって完全アウト。
バレればクビは免れません。

幸い、ジーナは有名コスプレイヤーである百合亞リコに好感を抱いていたため大事にはならず、個人撮影会と一日遊びに付き合うくらいで済む……はずでした。
しかし微妙にスレた性格の立花先生、つい「無償の善意なんて信用できないから交換条件を提示して」と言ってしまったのが運の尽き。
アイドルになりたいという野望をもっていたジーナは、ひびきたちと共にアイドルユニットを結成してオーディションに参加することを目論んでおり、その中に立花先生も入れられてしまいました。

さすがに29歳でアイドルはキツい。
そこで先生は剣道のお面を被ってオーディションに参加するという奇行に走ります。
結果的にアイドルにはならずに済みましたが、いろんな意味で寿命が縮まる思いをしたのは想像に難くありません。

このように、立花先生は年齢的にも立場的にもキャラ的にもギリギリで生きている感があります。
普段は冷めてるように見えますが、29歳までコスプレを続けているだけあって根気強く、勝負事に対してもつい熱くなるタイプ。
ひびきたちと長サウナ対決した際にはひびきと一騎打ちになり、勝利寸前のところまでいきましたが、限界を超えて耐えたせいで燃え尽きて真っ白になっていました。

また、トレーニングでも自分の限界までチャレンジするからか、泣き顔であえぎ声のような声を出しながら頑張っている様子が随所で確認できます。

そういうところが面白おかしく描かれているため、立花先生はレギュラーキャラの中でもかなり目立った存在となっています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ