アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【SHIROBAKO】今井みどりの可愛さを徹底検証! りーちゃんはどうしてこんなに愛されているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年春の劇場版に期待が高まっている『SHIROBAKO』より、メインキャラクターの今井みどりをピックアップ!
りーちゃんが作中でもファンからも可愛がられている理由、そして彼女独自の魅力についてまとめました!

今井みどり(いまい みどり)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『SHIROBAKO』に登場する女性キャラクター。
髪のイメージカラーは青。
伸ばした髪を左側頭部で纏め、サイドテールにしています。

高校時代は“みゃーもり”こと宮森あおい(みやもり あおい)が発起人となって創設された上山高校アニメーション同好会に安原絵麻(やすはら えま)、坂木しずか(さかき しずか)、藤堂美沙(とうどう みさ)と共に所属。
5人でもう一度アニメを作ることを約束し、高校卒業後は進学して大学生となり、みゃーもりと同じアパート(部屋は別)で生活しながら脚本家への道を探っています。

自分の知らないことについて調べるのが好きで、探求心の塊。
また、どんな頼まれ事をされても嫌な顔一つせず対応するなど、とても優しい性格です。

武蔵野アニメーション(ムサニ)に所属しているみゃーもりからディーゼル車に関する調べ物を頼まれ、それを完璧な形で果たしたため、ムサニの社内では「ディーゼルさん」と呼ばれるようになりました。
同好会メンバーからは「りーちゃん」と呼ばれており、ファンの間でもその愛称が定着しています。

担当声優は大和田仁美(おおわだ ひとみ)さん

実は超有能キャラ

出典 : Amazon.co.jp

SHIROBAKOには数多くの有能キャラがいます。
ムサニ所属でいえばベテランアニメーターの杉江(すぎえ)さんやゴスロリ様こと小笠原(おがさわら)さんが印象深いですが、他にもみゃーもりの先輩の矢野(やの)さん、丸川(まるかわ)社長、総務の興津(おきつ)さん、社外でも舞茸しめじ(まいたけ しめじ)さんや音響監督の稲浪(いなみ)さんといった面々はかなり有能に描かれています。

そして、主人公のみゃーもりもその中の1人。
新人にもかかわらず制作進行として現場を回し、少々の失敗があっても挫けず、2年目にして制作デスクを立派にこなす有能ぶりを発揮していました。

そのみゃーもりに負けず劣らず有能なのが、りーちゃんです。

脚本家志望とはいえ、まだ学生の身なので脚本家のなり方もよくわからず、大学生として日々を過ごしている彼女ですが、昼夜逆転の生活になってでも文学小説を読み漁ったり映画を観たりと、少しでも創作の糧になるよう多くの作品に触れており、意識はかなり高め。
みゃーもりの姉・かおりが有給休暇をとって東京に遊びに来た際には東京見物に長時間付き合い、その経験をも「頭と心の財産っす!」と言っていました。

頼まれ事は断らず、相手に気を遣いつつ、自分の糧にもする。
りーちゃんはまだ学生でありながら、人間としてもかなり出来た子です。

そんなある日、りーちゃんはみゃーもりから「武蔵境駅にディーゼル車が走っているか」という調べ物を頼まれます。
知らないことを知るのが好きなりーちゃんは快諾し、分厚い資料でしっかり調べ、的確な返答をメールで送付しました。

その後も戦闘機の資料を纏めるなどのお手伝いをしたところ、木下誠一(きのした せいいち)監督や舞茸さんなどのスタッフ陣に大好評。
舞茸さんたっての希望で、設定制作という形でムサニから直接アルバイトの依頼を受けることになります。

仕事としてアニメ制作に関わることになって以降も、作画資料となる戦闘機のハーネスの見本を手作りで制作するなど、有能さを遺憾なく発揮。
打ち合わせにも参加し、舞茸さんに半ば押しかけで弟子入りするなど、アニメ制作に貢献しつつしっかりと脚本家への道を歩み始めます。

……と、こう書くとりーちゃんが要領良くコネ作りをしたように感じてしまいますが、実際にはそこまで計算していないと思われます。

よく「脚本家になるためにはコネが重要」といろんな所で言われていますが(実際にどうなのかは不明ですが)、りーちゃんの場合はムサニの方から依頼されてバイトに入っているので、最初からコネ作りのために動いていた訳ではありません。
彼女は「脚本家にどうしたらなれるのかわからない」と語っていたので、コネが重要ということも知らなかったと推察されます。
よって、舞茸さんに弟子入りを希望したのも、有名な脚本家と知り合いになったチャンスを活かして、吸収できるものは何でも吸収したい……という思いが強かったのでしょう。

舞茸さんも当初弟子入りを断っていましたが、りーちゃんに課題を出して腕を磨かせるなど、自分のサポートをしてもらう代わりに教示を行っています。
もし、りーちゃんがコネ作りの為に自分にすり寄ってるだけだと判断していたら、途中で関係を絶っていたでしょう。
彼女が仕事に対して真面目なこと、向上心を持って課題に取り組んでいる事を評価し、脚本家としての才能があると判断したからこそ、傍に置いていると思われます。

つまり、りーちゃんは人としても脚本家の卵としても非常に有能なのです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ