アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【BEASTARS】原作あらすじやキャラクターまとめ!ネタバレ注意!【2019年秋アニメ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

大人気漫画『BEASTARS(ビースターズ)』が2019年秋アニメで好評放送中!
今回はそんな『BEASTARS』の原作あらすじや登場キャラクターの相互関係などを、大幅にネタバレしながらまとめました!
気になるキャラクターのチェックやストーリーの予習に役立ててくださいね。

【BEASTARS(ビースターズ)】とは?

『BEASTARS(ビースターズ)』は、2016年より『週刊少年チャンピオン』で連載されている人気漫画です。原作は、漫画家の板垣巴留(いたがき ぱる)。単行本は14巻まで発売中!(2019年8月時点)

『BEASTARS』の舞台は、擬人化された動物たちが生きる世界。全寮制の名門校「チェリートン学園」で学ぶ動物たちの友情や恋愛、動物ならではの種族間の葛藤などが描かれた「動物版ヒューマンドラマ」となります。

連載開始当初から注目され、2017年 『このマンガがすごい!2018』オトコ編で第2位を獲得します。それを皮切りに、2018年には「第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門」で新人賞、「第11回マンガ大賞」で大賞受賞、「第22回手塚治虫文化賞」の新生賞、「第42回講談社漫画賞(少年部門)」など、数多くの賞を獲得しました。

なお、タイトルにもなっている「BEASTARS(ビースターズ)」とは、獣である「BEAST」と花形である「STAR」を合わせた造語で「獣たちの英雄的存在」を意味します。
主人公はハイイロオオカミのレゴシとアカシカのルイ。この2匹を中心に表と裏、光と陰が場合によって入れ替わり、時に交差しながら、個人同士の確執や様々な種族が共存することで生まれる「命の尊さ」について描かれます。
こう聞くと重たく感じてしまうかもしれませんが1度読めばあっという間に『BEASTARS』の世界に引き込まれること間違いなし!単に動物を人間に置き換えた以上の深みが感じられる本作は、「百聞は一見に如かず」です!

https://twitter.com/itaparu99/status/1093167528493236224

そんな人気作である『BEASTARS』は、2019秋にTVアニメ化!
そこで今回は、アニメだけでは物足りない人のために原作のあらすじと登場キャラクターをネタバレしていきたいと思います!

【BEASTARS(ビースターズ)】登場キャラクターまとめ!ネタバレ注意!

出典 : Amazon.co.jp

『BEASTARS(ビースターズ)』に登場するのは、全て擬人化した動物です。肉食獣の草食動物も、爬虫類、鳥類、魚類…人間以外の動物がふんだんに登場しています。
ここでは、主要キャラクターとその周囲のキャラクターをまとめました。
なお、各キャラクターのプロフィールにはネタバレが含まれています!あらすじのネタバレと合わせてお楽しみくださいね!

レゴシ

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1027097004088807424

オスのハイイロオオカミで、チェリートン学園高等部2年。演劇部美術チーム照明係所属。本作の主人公。
大型肉食獣のハイイロオオカミだが、その性格は温厚で繊細、物静かで優しいオオカミ肉食獣であることがコンプレックスで心のどこかで「肉食獣は草食動物には敵わない」と思っている。食殺を厭う気持ちが非常に強く、ウサギの血を飲んだビルと揉める場面も。

ハルに対しては傷つけたことへの罪悪感を抱いていたが、やがてその気持ちが変化していく。しかし、レゴシが抱くハルへの気持ちは愛情(性欲)なのか?本能(食欲)なのか?と悩むようになるが、正式に「好き」とハルに告白している。最終的には「草食動物という存在が好きな変態」と自覚するに至る。

テムを殺した食肉犯を突き止め対決した際、望まないながらもルイの足を食肉してしまったことによって前科者となってしまい、学園を自主退学し、うどん屋「べべべ」でアルバイトをしながら独り暮らしを始める。
もともと演劇部の先輩であり花形であるルイを尊敬していたレゴシだが、ルイの足を食べた後も捕食した者と捕食された者という範疇を超えた友人関係を築いている。
コモドオオトカゲのゴーシャはレゴシの実祖父だが、戸籍上は無関係になっている。

CV : 小林親弘

ルイ

アカシカのオスで、チェリートン学園高等部3年。演劇部役者長として活躍。レゴシとは対極に位置する、もう1匹の主人公。
演劇部の役者長であり学園のカリスマ的存在にして、ホーンズ財閥の跡取りという恵まれた境遇。
しかし、ルイは5歳の時にホーンズ財団の総帥オズマに引き取られたのであって、その前身は肉食獣用に飼育されていた生き餌だった。その過去から、草食動物(捕食される側)であることに強いコンプレックスを抱き「強さ」に憧れ、それを手に入れようとしている。そんな感情からか、大型肉食獣でありながら控えめで食肉を厭うレゴシに嫉妬しながらも一目置いている。

ハルとは、在学中だけの恋人関係。ハルの拉致事件ではレゴシを撃とうしたシシ組のボスを逆に射殺したことをきっかけにルイはシシ組のボスに就任し、学園を休学することとなった。
レゴシがテムを殺した食肉犯との対決した際には、レゴシに自らの右足(生餌だった証のの数字の入れ墨があった)を食わせることで、レゴシの勝利に貢献すると共に自身の過去と決別した。そしてレゴシの友情やシシ組のイブキを思い、「自分自身が強くなくても良い、強い仲間や友達がいれば」ということに気付く。
その後、学園に復帰し義足の生活を送っている。食肉犯逮捕の貢献者として青獣ビースターの候補に選ばれるが、それを辞退した。

CV : 小野友樹

ハル

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1103490447857508352

ウサギ(ドワーフ種)のメスで、チェリートン学園高等部3年(18歳)。園芸部所属。本作のヒロイン。
一部の生徒からは「ビッチ」と呼ばれる、性に奔放なハル。初対面のレゴシの前で服を脱ぎだすなど、その行動は噂通りに見えるが本当は明るく気丈に振る舞っているだけで、小動物は弱者であるという劣等感を持っている。
誰とでも寝てしまうのも、「体を重ねている間だけ、相手と対等な立場にいると実感できる」という劣等感からくるものだった。
ルイとの関係は在学中だけの付き合いと合意の上で決めていたが、ハルはルイを常に気にかけていた。
後にはレゴシに惹かれていくが、レゴシが学園を退学してからは会う時間が少なくなったのを不満に思っている。

CV : 千本木彩花

演劇部所属メンバー

チェリートン学園の生徒(種族関係なし)で構成されたクラブ活動のひとつ。

・テム
アルパカのオスで、チェリートン学園高等部2年。役者チーム所属。故人。
本作第1話で食殺された被害者。レゴシとは仲が良く、同じ演劇部に所属するアンゴラヒツジのエルスに片思いをしていたことを打ち明けていた。

・ジュノ
ハイイロオオカミのメスで、チェリートン学園高等部1年。役者チーム所属。
誰もが認める美貌を持ち、1年生ながら役者チームの花形となる。
レゴシが好きで隕石祭でレゴシに告白するが、レゴシの鈍さのため伝わらなかった模倣。後に、ルイに恋をしたが失恋する。

CV : 種﨑敦美

・ピナ

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1009616992339255296

ドールビッグホーンのオスで、チェリートン学園高等部 1年。役者チーム所属。
自分のルックスに絶大な自信を持つナルシスト、かつ、ずけずけと発言することで敵を作りやすい性格。しかし、レゴシには友好的。テムの食肉犯からレゴシを救ったことをきっかけに、自身も危険にさらされるようになる。

・ビル

https://twitter.com/itaparu99/status/1048494429445603329

ベンガルトラのオスで、チェリートン学園高等部2年生。役者チーム所属。
レゴシとは違い肉食獣であることを誇りに思っている。禁止されているウサギの血を飲むなど違反行為を犯すことも。演劇部のメンバーは種族関係なく大事に思っている。

CV : 虎島貴明

・エルス
アンゴラヒツジのメスで、チェリートン学園高等部2年生。ダンスチーム所属。
テムの片思いの相手。テムが生前に渡しそびれたラブレターを渡そうとしたレゴシを、テム殺害犯だと勘違いした。その後、レゴシの内面の優しさを知った。

・リズ

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1014693793738547200

ヒグマのオスで、チェリートン学園高等部2年。音響チーム所属。
体格を活かした力仕事を担当している、大人しく人の良さそうな熊だが…。

・タオ
クロヒョウのオスで、チェリートン学園高等部2年。役者チーム所属。
ストレッチ中に誤ってキビの腕をもいでしまい動揺する。

・キビ
アリクイのオスで、チェリートン学園高等部2年。美術チーム所属。
ストレッチ中に誤ってタオに腕をもがれたことで肉食獣を恐れるようになるが、その後克服。タオとも和解した。

CV : 井口祐一

チェリートン学園の学生や関係者

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1113630433965527041

全寮制、中高一貫のエリート校であるチェリートン学園。寮は男女別で、部屋は同種族ごとになっている。

・ジャック

https://twitter.com/Beastars_WC/status/971675789027520512

ラブラドールレトリバーのオス。
レゴシの幼馴染で親友、寮のルームメイトでもある。誤解されやすいレゴシの良き理解者。レゴシのことをいつも心配している。学力はトップクラスである。

CV : 榎木淳弥

・ゴン
シベリアトラのオスで、チェーリントン学園の学園長。
生徒を気にかける良き指導者だが、少々気弱なところがある。「5年もの間チェリートン学園がビースターを輩出していない」と評議会に糾弾され「食殺事件の犯人を見つけた者を次のビースターにする」よう押し切られてしまう。

・ロクメ
ガラガラヘビのオスで、チェーリントン学園の警備員。
胴に目の形の模様が四つあることから学園内で「六つの目を持つ動物の怪談」として存在が噂されていた主。レゴシの人柄と能力を見込んで、テム食殺事件の犯人捜しを依頼した。

シシ組

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1136466507276410880

裏市とは、非合法に肉の販売や飲食店での提供が行われている、肉食の成獣の間では半ば公認の場所。「シシ組」は、その裏市を仕切る犯罪集団で35頭のライオンで構成されている。

・イブキ

マサイライオンのオスで、シシ組の実質No.2の実力者。
ボス亡き後、ルイをシシ組のボスに据えることを提案した。ルイが組を抜けたいと聞き、その覚悟を迫るためにルイを襲おうとした。結果、フリーに射殺されたが、これは前もってイブキがフリーに頼んでいたことが後に判明した。

・フリー
インドライオンのオスで、組内の武闘派。
イブキから、「ボス(ルイ)を食いそうになったら俺を撃て」という指令に従いイブキを射殺。ルイをシシ組から解放する。

・ボス(本名は不明)
ライオンのオスで、シシ組のボス。
全身が白い毛の動物を食べるのが趣味。通称グルメ。食肉のためにハルを誘拐したがレゴシに倒され、さらに遅れて到着したルイに銃で撃たれ死亡する。

レゴシとルイの関係者

ここでは、レゴシとルイの家族、深い結びつきのある関係者をまとめました。

・ゴウヒン

https://twitter.com/itaparu99/status/1098571847107436545

ジャイアントパンダのオスで、裏市に住む心療内科の医者。
食殺を犯した肉食獣の捕獲やカウンセリング、治療を行う。面倒見の良い性格で、レゴシからも慕われている。食肉犯と対決するレゴシを助け修行をつけることに。

CV : 大塚明夫

・オグマ

https://twitter.com/itaparu99/status/1094190452876632064

アカシカのオスで、ルイの義理の父親。
ホーンズ財閥の総帥。子孫を作れない身体のため、自身の後継者としてルイを裏市から高額で引き取り育てた。冷たいようだが、ルイに対しては鷹揚で良き理解者と言える。

CV : 堀内賢雄

・ゴーシャ

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1146613361184051200

コモドオオトカゲのオスで、レゴシの母方の祖父。
元・青獣ビースターであり、同じ青獣ビースターのヤフヤと共に「ビースターズ」を目指していたが、メスのハイイロオオカミ(レゴシの祖母)と恋に落ち、ビースターズを断念した過去を持つ。
毒を持つ種族であるため法的にはハイイロオオカミとの結婚が認められていないことから、レゴシとは血の繋がりはあるが戸籍上は他人となっている。

・ヤフヤ

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1055293686303444992

ウマのオスで、現在の壮獣ビースター。
「広すぎる視野と心配心を抑えるため」という理由で平素は目隠しをして生活している。
36年前、ヤフヤはゴーシャと一緒に「ビースターズ」になることを目指していたが、ゴーシャの恋愛によって違う道を進むことになった。ゴーシャの孫であるレゴシに興味を持つ。

コーポ伏獣の住人たち

https://twitter.com/itaparu99/status/1143461775183978496

レゴシがひとり暮らしをするオンボロアパートコーポ伏獣(ふくじゅう)の住人たち。

・セブン

https://twitter.com/Beastars_WC/status/1085732245330186241

ヒツジ(メリノ種)のメスで、レゴシと同じアパートの住人(隣の部屋に住んでいる)。
大手スポーツメーカーに勤める会社員。職場で肉食獣からいじめを受けていたが、レゴシと親しくなっていく。

・サグワン

https://twitter.com/itaparu99/status/1116361118073548802

ゴマフアザラシのオスで、レゴシと同じアパートの住人。
難解な海洋生物の言語を通訳してくれたことで、レゴシと親しくなる。居室内で裸族。
多くの海の生物と同じように輪廻転生を信じており、その考え方にレゴシは興味を示した。

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ