アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

相撲漫画5選!王道から変わり種までおすすめの相撲漫画をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

日本の国技である相撲
力士たちの熱い取り組みは大相撲だけでなく、漫画の世界でも繰り広げられています。
サッカーや野球といったスポーツに比べると漫画の作品数は少ないものの、相撲漫画はどれも名作揃い。
今回はそんな相撲漫画の中でも特におすすめしたい5つの作品についてまとめました。

『火ノ丸相撲』

出典 : Amazon.co.jp

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた川田先生の『火ノ丸相撲』は、友情・努力・勝利をふんだんに盛り込んだジャンプらしい熱い相撲漫画です。
大相撲の横綱を目指す主人公の潮火ノ丸ですが、そんな彼の体はあまりにも小さく困難の連続。
相撲の神様に見放されたとまで言われた火ノ丸ですが、仲間とともに高校相撲優勝、大相撲の横綱を目指していきます。
キャラクター1人1人の内面が丁寧に描かれているため感情移入がしやすいのがポイント。
高い画力で描かれる試合描写では派手な必殺技が飛び出すなど、どこがクライマックスでもおかしくない試合展開が繰り広げられます。
『週刊少年ジャンプ』の漫画として初めて大相撲の懸賞幕になるなど、相撲への間口を広げた漫画の1つと言っても過言ではありません。
アニメ化もされるなど人気を博した『火ノ丸相撲』は、2019年7月に5年間の連載に幕を下ろしました。

バチバチシリーズ

出典 : Amazon.co.jp

佐藤タカヒロ先生による「バチバチシリーズ」は下記のように三部作となっています。

・『バチバチ』
・『バチバチBURST』
・『鮫島、最後の十五日』

三部作を通して、主人公の鮫島鯉太郎が成長する過程が描かれています。
どんな相手にも真っ向勝負を挑む鯉太郎の試合はどれも熱気に溢れており、会場にいるかのような臨場感を味わうことができます。
作者が魂を込めて描く試合描写はキャラクターの息遣いが聞こえてくるような繊細さ。
1つ残念なのが物語終盤で作者が急逝したため未完であること。連載していた『週刊少年チャンピオン』では異例の追悼号が刊行され、横綱白鵬や『火ノ丸相撲』の川田先生もコメントを寄せています。
文字通り命がけで描かれた「バチバチシリーズ」は相撲漫画を語る上で欠かせません。

『おかみさん』

出典 : Amazon.co.jp

一丸先生が描いた『おかみさん』はタイトル通り相撲部屋の女将さんにスポットを当てた漫画です。
親方と結婚した主人公の山咲はつ子
料理下手で寝坊しがちと頼りないものの、力士たちのためにひたむきに頑張る姿に心打たれること間違いなし。
相撲漫画でありながら試合描写がほとんどありません。
女将目線で相撲部屋の日常を描いた人情味あふれる内容になっています。
『おかみさん 平成場所 新米内儀わかばの相撲部屋奮闘記』という続編もあり、頼りなかったはつ子が先輩女将として新米女将をサポートしています。

『のたり松太郎』

出典 : Amazon.co.jp

『のたり松太郎』は『あしたのジョー』の作者であるちばてつや先生による相撲漫画。
スカウトされて相撲部屋に入門した主人公の松太郎だが、努力しない・やる気ない・賭博好きと人間性に難あり。
そんな彼が相撲を通して出会う人々のおかげで徐々に成長していく物語です。
人間味があり、どこか憎めない松太郎を応援したくなります。
連載は1973年から1998年であるものの、2014年には『暴れん坊力士!松太郎』としてアニメ化も。長く愛されている名作相撲漫画です。

日本相撲協会 相撲いろは

出典 : Amazon.co.jp

日本相撲協会は相撲の認知度を広めるため、公式サイトにて『大相撲伝』『大相撲入門編』という2つの漫画を公開しています。
『大相撲伝』では相撲について、古代から現代までの変遷を解説。また、力士が四股を踏んだり、塩をまいたりする理由など、意外と知らない力士の行動の意味についても解説しています。
『大相撲入門編』では力士になる条件や相撲部屋についてなどを解説。力士を目指している人に向けた内容になっていますが、大相撲の舞台裏を知りたいファンも満足できる内容になっています。
解説漫画であるため試合描写がなく派手さはありませんが、大相撲や相撲漫画を楽しむための知識を身につけることができる漫画です。相撲について詳しくなりたい人におすすめしたい漫画となっています。

まとめ

今回はおすすめの相撲漫画として下記5つの作品についてまとめました。
・『火ノ丸相撲』
・「バチバチシリーズ」
・『おかみさん』
・『のたり松太郎』
・「相撲のいろは」
国技として長く親しまれているように、相撲漫画も長く愛される名作が数多く存在しています。
スポーツ漫画の中ではややマイナーなジャンルの相撲。しかし、読んでみて後悔することはないので1度手にしてみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ