アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【SHIROBAKO】宮森あおいの「幻覚」を徹底検証! みゃーもりは病んでる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミムジー&ロロとの会話は幻覚? 意図的な想像?

出典 : Amazon.co.jp

非常に優秀なみゃーもりですが、そんな彼女には一つの変わった癖があります。
眼帯ファッションドールの「ミムジー」、クマのぬいぐるみ「ロロ」を職場や車の中に連れて行き、たまにそれらと会話しているのです。
彼女の脳内ではミムジーやロロが自我を持って喋っていますが、傍から見るとみゃーもり一人が人形やぬいぐるみに向かって話しているため、かなり危ない人に見えることでしょう。

この癖から、みゃーもりが病んでいると解釈している人もいるようですが、実際には「病まないようにする為の防衛手段」と思われます。

制作進行はとてもハードな仕事で、常に予定通りいかず、仕事から逃げようとするアニメーターを追いかけたり、理不尽な要求や愚痴を言われたりするため、ストレスも相当溜まります。
幾らみゃーもりが優秀でも、そのストレス全てに耐え抜く強い心を持っている訳ではないため、彼女なりにストレスを発散させ、かつ頭の中を整理する為の手段として、自問自答をミムジー&ロロとの会話という形で行っているのでしょう。

このような「本来話さない対象に話しかける」という行為は、一見すると常軌を逸した行動に思えますが、実は誰もいない所で同様のことを行っている人はかなりいるようです。
特にペットに話しかけている人は相当数いると思われます。
これは、自分の作り上げた架空の人格と対話することで、自分にとって理想の反応が返ってくることを想像する、という行為であり、例えば「好きな相手とデートに行く」といった空想と同種のもので、充足感が得られストレス軽減効果も期待できます。

制作進行は、ストレスとの付き合い方がとても大事。
みゃーもりがそこまで意識してミムジー&ロロと会話しているとは思えませんが、彼女のその癖は結果的に優秀さの証明になっています。

まとめ

もしみゃーもりがここまで優秀じゃなかったら、『SHIROBAKO』はもう少し視聴者をイライラさせる作品だったかもしれません。
そういう意味でも、彼女は功労者と言えますね。
劇場版でみゃーもりがどんな役職になっていてどんな活躍を見せてくれるのか、とっても楽しみです!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ