アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【SHIROBAKO】安原絵麻はエリート? 有名アニメーターと経歴を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年春に劇場版が公開される『SHIROBAKO』の人気キャラクター、安原絵麻についてまとめました!
有能な先輩に支えられ、悪戦苦闘しながらも成長する彼女の魅力や可愛さ、アニメーターとしての経歴を徹底検証しています!

安原絵麻(やすはら えま)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『SHIROBAKO』に登場する女性キャラクター。
黒髪を二つ結びにした髪と、ネクタイスタイルの私服が特徴。

高校時代は“みゃーもり”こと宮森あおい(みやもり あおい)が発起人となって創設した上山高校アニメーション同好会に坂木しずか(さかき しずか)、藤堂美沙(とうどう みさ)、今井みどり(いまい みどり)と共に所属。
その5人でもう一度アニメを作ることを夢見てアニメーターを目指し、アニメーション制作会社「武蔵野アニメーション(ムサニ)」に就職しました。

真面目で大人しく、やや内向的な性格。
自分一人で悩みを抱え込んでしまい、一度落ち込んでしまうと周囲の声に対してネガティブな受け取り方をしてしまうタイプ。
一方で、アニメーターになることを反対していた親に半年間毎日手紙を書いて説得を行うなど、頑固で一本筋の通ったところもあります。

部屋はかなり質素で、昼食時に作り置きのカレーを食べに部屋に戻ったり、前日の夜に半額弁当を買ってそれを昼食にしたりと、切り詰めた生活をしていることが窺えます。
過酷な労働状況でも身嗜みはしっかり整えており、女子力は高めです。

「最近一部で流行っている肩に効く体操」として、一人屋上でエンゼル体操を行っている模様。
ただし明らかに肩周り以外の部分のみを使っているパートもあるので、本当に肩に効く体操かは不明。

担当声優は佳村はるか(よしむら はるか)さん

絵麻の出世は普通? エリートコース?

出典 : Amazon.co.jp

絵麻はみゃーもりよりも一足早くムサニに就職しており、まずは動画を担当する動画マンからアニメーターとしての第一歩を踏み出しています。
動画というお仕事は、原画を担当する原画マンの人たちが描いた“ポイントとなる絵”を清書して、そのポイントとポイントの間に指定された枚数の絵を描き足し、一連の動きをより滑らかに動いて見えるようにするためのもの。
いわゆる「中割り」と呼ばれる部分を担当するお仕事で、アニメーターは原則的にこの動画マンからスタートし、十分な腕を身に付けたと判断された人は原画マンへとステップアップします。

『SHIROBAKO』を制作したP.A.WORKSでは、その判断基準として「一月に規定枚数以上の動画を何度か描いて原画試験の受験資格を得て、試験に合格すれば原画マンになれる」という規定を設けているそうです。
この原画試験は、元アニメーターの作者さんが描いている『アニメタ!』というマンガでも描かれていますね。

あくまでフィクションですが、この『アニメタ!』によると1年目で原画マンになれる人間は滅多にいなくて、本作に登場するスタジオでは3年が原画マンになる目安のようです。
一方で「動画を3年やると原画になれない」という話もあり、3年は結構ギリギリのラインみたいです。

絵麻は1年半のキャリアで原画マンに昇格しています。
これは図抜けて上手い人が通るエリートコースというほどではないものの、十分に評価されているアニメーターの順調な出世コースと言えるでしょう。

ちなみに、彼女の出世の口添えをしたのは杉江(すぎえ)さんです。
かつて『山はりねずみアンデスチャッキー』で杉江三日伝説を作るなど、レジェンド級のベテランアニメーターで、彼から評価されている時点で絵麻がかなり有望な若手であることが窺えます。

その後、絵麻はムサニ7年ぶりの元請作品『えくそだすっ!』で原画を担当。
しかしまだ不慣れな上、几帳面な性格が災いして気負い過ぎてしまい、スピード重視で中割りしにくい絵にしてしまったため、作画監督の瀬川(せがわ)さんから4カット全部リテイクを出されてしまいます。

このリテイクに関して、絵麻は「原画マンとして失格の烙印を押された」「瀬川さんに嫌われてる」と思い込み、落胆していました。
実際、全リテイクを出されるというのはこれくらいの絶望感があるのでしょう。

とはいえ、実際にはリテイクを出すかどうかはスケジュール次第で、基本アニメ制作においてスケジュールに余裕のあるケースはほとんどなく、それは『えくそだすっ!』も同じ。
こういう場合、作監が直接手直しする場合も多いようです。
リテイクを出しても、またダメな絵が提出されれば時間の無駄ですし、それが続けばスケジュールが破綻してしまうからです。

にもかかわらず、瀬川さんが自分で手直しせずリテイクを出したのは「絵麻なら正しい絵に直してくれる」「ダメな手の抜き方を覚えて欲しくない」という期待を込めてのこと。
厳しいダメ出しは期待の裏返しなのです。

その後、先輩の井口(いぐち)の助けもあって無事立ち直った絵麻は、瀬川さんから褒められるほどの絵を描き、社内での評価もアップ。
『えくそだすっ!』最終回では第二原画(二原)も任され、仕事の幅を広げていました。

そしてムサニの次作『第三飛行少女隊』では、最終回に作画監督補佐まで任されます。
作画監督補佐というのは、言葉の通り作監の補佐を意味する立場で、原画に明らかな問題がある場合にある程度まで修正を入れて作監に回す……などの作業を行います。
つまり、その作品に対しての高い理解度と、問題点を洗い出しできる目を持っている必要があり、それだけの実力を持っている必要があります。

『SHIROBAKO』をはじめ、P.A.WORKSの多くの作品でキャラデザを担当している関口可奈味さんは、1994年に入社して1999年放送の『アークザラッド』で初めて作監補佐を担当しています。
また、『とらドラ』『あの花』『君の名は。』と、数多くのヒット作でキャラデザを手がけている田中将賀さんは、22歳時の1998年に動画マンとしてのキャリアを歩み始め、2000年放送の『アルジェントソーマ』で作監補佐を担当しています。
このように、現実の人気アニメーターと比較しても、入社から約2年で作監補佐を経験した絵麻はかなりのスピード出世です。

直属の先輩から可愛がられ、レジェンドのアニメーターや会社からも期待され、久乃木愛(くのぎ あい)などの後輩からも慕われ、順調にキャリアを積んでいる絵麻は、将来を有望視されている大型新人と言えるでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ