アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【彼方のアストラ】ルカは生物学的に男性? 女性? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターセクシャル

旅の途中、ルカは一匹狼のように振る舞っていたウルガー・ツヴァイクと接する機会を増やしており、そんなルカに対してウルガーも無愛想ながらちょっとずつ心を開いていきます。

そしてある日、ルカはウルガーとの会話の中で自身のフルネームを伝えます。
すると、ウルガーの表情が一変
ウルガーはルカ・エスポジトの父親で政治家のマルコ・エスポジトを探していたのです。

ウルガーの兄フィンはフリーのジャーナリストで、マルコの不正献金疑惑を追っている最中、ビルから転落死してしまいました。
その死を不審に思ったウルガーは、兄がマルコに消されたと確信しており、慕っていた肉親を殺される気持ちをマルコに味わわせるため、息子であるルカに向かって銃口を向けます。

ルカは「自分が跡継ぎではなく、親に愛されてもいない」ことを証明するため、自ら服を脱ぎました。
男であるはずのルカの胸には、女性のように膨らんでいたのです。

しかしルカは完全な女性ではありません。
完全な男性でもなく、両方の性の特徴を有し医学的に男女の判別ができないIS(インターセクシャル)でした。(ISは「半陰陽」などの言葉も用いられます)
それに加え養子でもあるルカは、親から愛情を向けられていないと感じており、それでも親を憎めずにいる……そんな人物なのです。

男性と女性の特徴を持っているのは体だけではなく、心もすごく曖昧で、女性クルーのアリエス・スプリングを可愛いと思い、男性のカナタをカッコ良いと感じるなど、男と女の感性が混じっている状態とのこと。
それでもルカはこの件をあまり深刻には捉えておらず、「オイラはオイラ」と割り切っているようです。

ルカがあまり深く考えずに謎の球体に触れてしまったのは、この生き方が少なからず影響していると思われます。

男女両方の要素を持ったキャラ

出典 : Amazon.co.jp

アニメ、ゲーム、マンガには、「男性なのに女性っぽい」もしくは「女性なのに男性っぽい」といった中性的なキャラはたくさん登場します。

前者は『シュタゲ』漆原るか、『バカテス』木下秀吉、『俺ガイル』戸塚彩加など。
後者は『うる星やつら』藤波龍之介、『セーラームーン』天王はるか、『ニセコイ』鶫誠士郎などですね。
『もやしもん』結城蛍、『銀魂』柳生九兵衛のように、自ら本来の性別とは異なる方に寄せているキャラもいます。

ただ、これらのキャラは医学的に性別が確定している上で、それとは異なる性別のように見えるキャラたち。
ルカのようなISのキャラ、性別の判定が難しいキャラ、男と女両方の要素を持っているキャラとは根本的に異なります。

男女両方の要素を持ったキャラとして最も有名なのは、『らんま1/2』の主人公、早乙女乱馬でしょう。
中国での修行中に「娘溺泉」という呪いの泉に落ちた結果「水をかぶると女になって、お湯をかぶると男に戻る」という体質になってしまったキャラです。
元々は男で、呪いにかかって以降もベースは男のままですが、作中では女体化する性質を悪用して周囲の人(主に良牙)を誑かすこともあります。

魔法先生ネギまの続編『UQ HOLDER!』の主要キャラ、時坂九郎丸ISのキャラです。
男性でも女性でもない性別未分化の状態で生まれる「八咫の烏」という一族の出身なので、先天的なISですね。
16歳になると行われる「成人の儀式」で性別を自ら選択することができ、仮に選ばない場合は自然に男女どちらかに落ち着くという設定です。

『アスタロッテのおもちゃ!(原作はロッテのおもちゃ!)』のウルスラもISのキャラですね。
このキャラの場合は女性の身体を持ちつつ男性器も持ち合わせている、いわゆる「ふたなり」です。

ゲーム『ニーア レプリカント(NieR RepliCant)』に登場するメインキャラの1人、カイネもISです。
それが理由で過去に酷いイジメを受けていたことが明かされています。
ただし、ISになった理由は後天的なもので、元々は女性でした。

『シドニアの騎士』の科戸瀬イザナもそうですね。
イザナの場合はISではなく、パートナーによって性別が変わる性質を持つため「中性」に分類されています。
制服は女性用を着用するものの、男用の更衣室を使用しています。

こういった性質を持つキャラは、不遇な生い立ちを歩んできたケースが多く、重い過去を持つキャラも少なくありません。
ルカもその1人ですね。

様々な理由から一般誌や地上波のアニメで描かれることはあまり多くありませんが、それだけに属性としては稀有な存在であり、人によってはたまらなく愛しいと感じ、熱狂的に愛される性質でもあります。
ルカも今後、深く愛されるキャラになっていくことでしょう。

まとめ

最初はちょっと騒がしいくらいのノリだったルカですけど、話が進み素性が明らかになると、その印象も随分と変わってきます。
たまに女性っぽさを出してくるあざとさもまた可愛いですよね!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ