アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【賭ケグルイ】生徒会長の桃喰綺羅莉は独裁者?生徒会役員との関係性など一挙まとめ【ネタバレあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

アニメ化も果たされた、月刊ガンガンJOKERにて連載中の漫画作品『賭ケグルイ』。
そんな『賭ケグルイ』で大きな存在感を放っている生徒会長の「桃喰 綺羅莉」(ももばみ きらり)は、謎に包まれたキャラクターです。
今回この記事で、会長こと桃喰綺羅莉がどんな人物なのか、プロフィールや性格はもちろん、生徒会メンバーとの関係性などについても解説します。

賭ケグルイとは?

出典 : Amazon.co.jp

では最初に、ギャンブル×学園を大きなテーマとして描かれている作品、『賭ケグルイ』についておさらいしましょう。

「ギャンブルが強いことが正義」な「弱肉強食」な様相の、私立百華王学園が舞台。
ある日、学園に主人公の「蛇喰 夢子」(じゃばみ ゆめこ)が転校してきました。
「賭ケグルイ」と呼ばれるギャンブル狂である彼女を中心に、学園全体を巻き込んだギャンブル戦争が引き起こされます。

劇中には、バリエーション豊かで工夫が凝らされた数多くのギャンブルが登場。
種類豊富な様々なギャンブルの影で蠢く陰謀や策略、登場人物たちの裏の顔まで要チェックな漫画です。

本編である『賭ケグルイ』に加えて、以下のスピンオフコミックが存在しています。
・『賭ケグルイ 双』(「早乙女 芽亜里」(さおとめ めあり)が主人公の過去編)
・ギャグテイストの『賭ケグルイ(仮)』
・『賭ケグルイ 妄』(「生志摩 妄」(いきしま みだり)が主人公)

アニメは第2期まで製作されたほか、実写映画・ドラマ化まで実現。
まさしく勢いに乗っている作品です。

会長:桃喰綺羅莉のプロフィール

出典 : Amazon.co.jp

性別:女性
学年:3年生
身長:166cm
役職:私立百花王学園第百五代生徒会長

桃喰綺羅莉は生徒会長として、いわば独裁にも近いような体制で学園を統治。
夢子と同じ高等部からやってきた「転校生」という立場でありながら、学園のトップまで登り詰めた人物です。
この経歴から、ギャンブルの実力は折り紙つき。

また、桃喰綺羅莉は「百喰家」という非常に大きな一族の現当主。
人の上に立つカリスマ性を持っていることがよく分かります。

桃喰綺羅莉についてもっと詳しくチェック

出典 : Amazon.co.jp

では、会長の特徴的な容姿や、性格・人間性を1つずつチェックします。

会長のキャラデザインはドSのイメージ?

出典 : Amazon.co.jp

ファンブックの「賭ケグルイ 愛」では、会長のキャラデザイン秘話が少しだけ語られています。
原作の河本先生から「Sキャラ」という初期設定を伝えられた作画の尚村先生は、「Sキャラなら瞳孔が開いていて下まつげ」というイメージがあったそうで、「それで会長の目はこんな感じになっています」と明かしています。

そんな経緯でデザインされた桃喰綺羅莉を見たときに、最初に目に入り、そのまま印象に焼き付くのは「髪色」と「髪型」。
美しいとすら言える「銀一色に染まった髪色」、「三つ編みを円状に括り、ツインテールのような形」で綺麗に整えられた髪型は、嫌でも目に入る特徴。
特に髪型は、よく見れば見るほど不思議な形・結い方をしていることに気が付きます。

美しく整えられた髪がまず目に入り、そのあとに顔立ちがようやく目に入ってきます。
顔立ちは綺麗で端整。
妖艶な表情も相まって独特なオーラを放っており、見つめていると自身を取り込まれてしまいそうな錯覚に陥ります。

また、いつ見ても口元に青色の口紅をしているのも大きな特徴。

どんな性格なのか

出典 : Amazon.co.jp

彼女の性格を簡潔に表すならば、自由奔放かつ好奇心旺盛。

それを象徴するように桃喰綺羅莉は、作中でこんな言葉を放っています。

「百花王学園は私が作った私の水槽(アクアリウム)」

この言葉には、桃喰綺羅莉の性格が非常に良く現れています。
というのも、彼女は「肉眼でまだ見たことがないもの」に対して非常に強い興味・関心を抱いて、実際に実行に移す人物なのです。
これに関しては常識や倫理というものは通じません。
「自分が眼球の裏側を見たことがないから」という理由だけで「眼球を3億円で買い取るギャンブル」を持ちかけ、勝利したこともあります。

綺羅莉が生徒会長になったことで、それまで以前よりもさらに「格差社会」が広まったと言われている百花王学園。
百花王学園を支配する彼女は、生徒たちそれぞれの歓喜と絶望する様子を愛おしく思っています。

会長の「水槽」

https://twitter.com/kakegurui_jp/status/1062102811616243712?s=19

「百花王学園は私が作った私の水槽(アクアリウム)」このセリフから、学園は会長が全て好き勝手に管理できる状況であることがわかります。

綺羅莉が生徒会長になってからというもの、「ミケ」と呼ばれる家畜制度を施行され、在校生の財政状況を生徒会が全て把握するシステムが構築されました。
これにより、生徒たちの「貧富の格差」は更に激しいものとなったのです。

会長はこの自分が構築した、学外とはかけ離れたシステムで生活する生徒たちの様子を見て楽しんでいるのです。

しかし、夢子が転校してきたことにより、自分が作ってきた水槽が荒らされ始めました。
にも拘わらず会長はそれすらも楽しんでおり、「もっと掻き回そう」という目的のためだけに独断で「会長選挙」を開催するに至っています。

会長と役員たちは不仲?

出典 : Amazon.co.jp

生徒会長と生徒会役員は、実はあまり関係が良好ではありません。

生徒会には多数の役員が在籍していますが、決して綺羅莉との関係は「対等」ではない状態。
正体が会長の双子であり影武者的な立ち回りをしている副会長はともかく、他の役員たちの多くは何かしら「弱み」を握られていたり「明確な上下関係」が存在したりしています。
例えば美化委員長の生志摩妄は、先述した「眼球」をかけたギャンブルによって片目を失っています。

そのため、綺羅莉が独断で「会長選」を開催するのを誰も止められませんでした。
そもそも、開催が宣言されるその直前間で誰も知らせれていなかったのです。
役員の西洞院はその場で反対意見を出しましたが、有無を言わさず開催されてしまいました。

そんなエキセントリックとも言える綺羅莉の性格や行動を理解するのは容易でなく、
「会長には深入りしない」というスタンスを取っている役員も少なくありません。

他作品で語られる生徒会は一丸となって学校を運営していくことが多いですが、『賭ケグルイ』でそのような描写は一切ありません。
役員同士で互いに干渉し合わないことが多いのです。

過去には確執も

出典 : Amazon.co.jp

そんな綺羅莉ですが、過去には役員との明確な確執がありました。

かつて「善咲会」(ぜんしょうかい)という生徒会制度を潰すための組織が存在していました。
そのリーダーが、当時会計を務めていた壬生臣 葵(みぶおみ あおい)という役員。
綺羅莉が生徒会長で独裁じみた学園運営をしていることを快く思っていない生徒も多く、結構な人数がこの善咲会に加入していたようです。

これら一連の流れは、過去編に当たる『賭ケグルイ 双』で語られています。

会長と副会長は「双子」

出典 : Amazon.co.jp

先ほど少しだけ触れましたが、会長の綺羅莉と副会長のリリカは実は「双子」であり、
瓜二つな顔立ちをしています。

しかし、副会長は常に仮面を装着していて
素顔を隠しながら行動しているためほとんどの生徒、役員までもがその事実に気付いていません。

二人は時に入れ替わっていることがあり、
夢見弖ユメミがイベント形式のギャンブルで夢子と対決している時には、綺羅莉が副会長を演じていました。
(その傍ら、副会長が綺羅莉に扮し、百喰家の会合に当主として出席)
つまり、一家の人物すら2人の入れ替わりに気が付かないほど
再現性の高い、完璧な入れ替わりをしていたと推測できます。

五十嵐清華は綺羅莉に心酔している

出典 : Amazon.co.jp

生徒会役員の中でも「五十嵐 清華」(いがらし さやか)だけは会長である綺羅莉に対して絶対の忠誠を誓っています。

清華は生徒会の書記を務めつつ、綺羅莉の秘書として会長職を支えている人物。
「役員は全て会長に平伏すべし」という思考の持ち主で、全てにおいて会長が絶対であるという理念のもとに行動しています。

綺羅莉にとっては「理」を何よりも重んじている五十嵐清華の性格が理解できません。
そこが好奇心を擽ぐるポイントらしく、非常に気に入って愛おしく思っています。

コミックス第6巻では、清華は夢子と互いに自身の全てを賭して対決。
敗れたものの、会長にとって大切な存在であることがはっきりと描写されました。

声優は沢城みゆきさんが担当

https://twitter.com/witchsweapon/status/1093389142120165376

桃喰綺羅莉の声優は「沢城みゆき」さんが担当されています。
沢城みゆきさんは長野県出身、1985年6月2日生まれ、現在34歳の女性声優です。
青二プロダクションに所属されていらっしゃいます。

『デ・ジ・キャラット』の新人声優オーディションで審査員特別賞を受賞され、そのまま同作品でデビューを果たされています。
非常に数多くの作品に出演されていますが、中でも『ルパン三世』の「峰不二子」や、『物語 シリーズ』の「神原駿河」が代表的なキャラクターです。

妖艶で独特なオーラを持っている桃喰綺羅莉は、役幅の広い沢城みゆきさんにピタリなキャラクターであったと言えます。

まとめ

桃喰綺羅莉は、登場回数こそさほど多くはないものの、非常に大きな存在感を持っているキャラクター。
『賭ケグルイ』という作品を語る上では絶対に外せない人物であることは間違いありません。
アニメではオリジナルギャンブルで夢子と対決をしたほど、重要な人物です。

まだまだ謎も多い会長ですが、今後の原作漫画の展開で徐々に明らかになっていくことでしょう。
これからも『賭ケグルイ』から目が離せません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ