アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【まちカドまぞく】陽夏木ミカンは小粒でも可愛い魔法少女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会 Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. : TVアニメ「まちカドまぞく」公式ホームページ|TBSテレビ

2019年夏アニメ『まちカドまぞく』に登場する転校生の魔法少女・陽夏木ミカンをピックアップ!
乙女チックで普通の女の子のような魔法少女ですが、奇妙な呪いのせいで苦労している彼女の魅力についてまとめました!

陽夏木ミカン(ひなつき みかん)キャラクター概要

『まちカドまぞく』に登場する女性キャラクターで、原作2巻より登場。
ある日突然闇の一族の力に目覚め、まぞくとなった主人公の“シャミ子”こと吉田優子(よしだ ゆうこ)の宿敵で魔法少女の千代田桃(ちよだ もも)の力が弱まったため、その助っ人としてシャミ子たちが住む多魔市へとやって来た魔法少女。

名前同様に服装や髪の色もオレンジがイメージカラーになっていて、魔法少女時のコスチュームもオレンジ色が基調。
私服もオレンジ模様のスカートを愛用しています。
オレンジの髪を右サイドだけお団子ヘアーにしていて、サイドをジグザグにした髪型とツリ目気味の目が特徴的です。

面倒見の良い性格で、困っている人がいると世話を焼くなど、かなりまともな性格。
そのため、レギュラーキャラの間では主にツッコミ役となっています。
ただし味覚に関してはかなり人よりズレており、酸味の利いた柑橘類の味以外は受け付けないらしく、あらゆる食べ物や飲み物を柑橘類の味付けにしてしまう困った一面があります。

血液型はロマンチストのO型。
誕生日は11月3日で、さそり座の女。
休日にはかわいいお店を巡りウインドウショッピングをしているようです。

担当声優は高柳知葉(たかやなぎ ともよ)さん。

魔法少女なのに厄災をもたらす存在

出典 : Amazon.co.jp

ミカンは意地っ張りでややツンデレっぽいところもありますが、基本的には真っ当な性格の魔法少女で、根はとても良い子。
ポンコツを極めたシャミ子や筋トレが趣味の桃と比べると、女の子らしい女の子の常識人です。
しかし、とある理由によって本人も周囲の人々も苦労が絶えない生活を送っています。

ミカンには「関わった人に小さな困難が生じる呪い」がかかっていて、彼女が動揺することで発動します。
気絶するとその力は一気に高まり、大きな危険に見舞われることもあるため、自分の体調管理には人一倍注意をしながら暮らしています。

ただし、この彼女の呪いは、元々は全く違う類いのものでした。

発端となったのはミカンの父親で、作中の10年前、娘を守るために「ウガルル」と呼ばれる存在を召喚します。
ウガルルはシャミ子の父ヨシュアの出身地・メソポタミアの強力な怪物。
ただし召喚したのは本物ではなく、その怪物に形を似せて、単純なルーチンのみで行動する護衛特化型の使い魔でした。

しかし、予想外のことが起こります。
使い魔として召喚されたこのウガルルは、魔法少女の素質のあったミカンの魔力を糧にしたことで複雑な存在となり、また用意されていた依代は脆弱だったため召喚の際にすぐ壊れてしまい、ウガルルはミカンの体内へ宿ることになります。
一方で知能はあまり与えられていなかったため、守護者としての使命を「ミカンを困らせるものを全て破壊する」という極端な形で果たすようになり、その結果、ミカンは「動揺すると周囲をムチャクチャにしてしまう」という呪われし性質を内在することになったのです。

周りの人々に迷惑をかけてしまうため、一時は実家の工場の倉庫に閉じこもるしかありませんでしたが……桃とその義姉・千代田桜(ちよだ さくら)によって助けられ、桜がミカンに「キツめの呪いを笑える感じにする結界」を施したことでウガルルの呪いは「ミカンが浮かれたり焦ったりすると関わった人に小さな困難が生じる」程度に弱まったのです。

桜の助力によって、自分さえ気を付ければ他人との共存がどうにか可能となったミカンは、その後魔法少女となり、クロスボウを武器に活躍を見せています。
狙撃の腕はかなりのもので、1km先の目標物さえも射貫くほどの精度を誇っていますが、逆に目標物が近いと緊張してしまい全然当たらなくなる模様。
呪いを抑えるために自分を律しているはずですが、その割にメンタルは弱いようです。

なお、このミカンの呪いにまつわるエピソードは原作3巻で断片的に、4巻で本格的に描かれています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ