アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【神クズ☆アイドル】不死鳥の如く蘇ったアイドル憑依コメディ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

コミックゼロサムで連載中のアイドルマンガ『神クズ☆アイドル』についてまとめました!
一度は「第1部完」という形で連載終了となったものの、奇跡の復活を遂げた本作の経緯や、多くの読者に支持されたその魅力に迫ります!

顔以外取り柄なしのクズアイドルに天才アイドルの幽霊が憑依

出典 : Amazon.co.jp

『神クズ☆アイドル』は、いそふらぼん肘樹先生がコミックゼロサムで連載するマンガ作品です。

本作の主人公は2人いて、両者ともアイドルです。
しかしその2人はあまりに対照的
性別をはじめ、性格、アイドルに対する取り組みや姿勢、ファンへの対応……あらゆる面で正反対なのです。

男の主人公は、新人アイドルユニット「ZINGS」仁淀ユウヤ(によど ゆうや)。
顔はアイドルとしても十分に通用するレベルですが、やる気は全くなく、ステージ上でさえ常に仏頂面で、ファンには常に塩対応という、どうしようもないクズアイドルです。

女の主人公は、かつて人気アイドルとして名を馳せた最上アサヒ(もがみ あさひ)。
ファンへの神対応と、アイドルとしてのストイックなまでの向上心を兼ね備え、次期センター間違いなしと言われた逸材でしたが……志半ばで交通事故に遭い命を落とし幽霊となって仁淀の前に現れました。

死してなおアイドルの世界への未練が断ちきれずにいるアサヒは、アイドルでありながら全くやる気のない仁淀の姿勢に激昂し、そんなにやる気がないなら変わって欲しいと詰め寄ります。
すると、何の因果かアサヒの意識が仁淀の中に入り込めることが判明。
しかも自由に行き来できるため、アイドル活動がしたいアサヒとアイドル活動が面倒な仁淀の利害が一致し、仁淀は「仕事の時だけアサヒに体を貸す」と提案し、アサヒもそれを受理します。

おそらく世界初、異性間による憑依アイドルの誕生です。

男性アイドルと女性アイドルでは活動内容やステージで求められるものに当然差異があり、特にダンスに関してはさすがのアサヒも大苦戦。
それでも彼女はアイドルバカ一代らしく高いモチベーションでレッスンに挑み、ステージ上では仁淀の体でキラキラの笑顔を振りまきます。
そんな彼女の奮闘に、死んだ目をしたアイドルの仁淀も少しずつ感化され、共にトップアイドルを目指そうと宣言します。

この物語は、そんなアイドルofアイドルの神アイドルと支離滅裂系クズアイドルの一心同体の活動を明るく楽しく描いたドタバタコメディです。

ファン目線のエピソードも必見

出典 : Amazon.co.jp

本作のメインストーリーは、前述したように仁淀とアサヒの風変わりなアイドル活動を描いたものですが、それと同じくらいこの作品の柱になっているのが、仁淀のファン目線のエピソードです。

ファンへの対応を露骨に面倒臭がるなど、塩対応どころかゲス対応がデフォだった仁淀ですが、顔だけは精鋭レベルに良いため一応ファンはいます。
彼女たち“仁淀オタ”かなり上級レベルの訓練されたアイドルオタで、大手事務所のアイドルとZINGSが絡むだけで冷や汗をかき、ライブ会場が埋まりきっていないと不安になるなど、親身になって仁淀を応援……というより心配しています。
そんな彼女たちだからこそ、アサヒが乗り移っている仁淀には違和感を抱き、しかもたまに仁淀自身がそのままステージに上がることもあるため、神対応と塩対応がランダムでくる現状に困惑を覚えています。

それでも、訓練された仁淀オタは「キャラ変した仁淀ならファンの新規開拓も望める」と好意的に捉え、布教活動も熱心に行います。
しかし同時に、腐ったアイドル時代の彼にも強い愛着を抱いており、神対応で彼が売れるのは寂しいと考えているようです。

そんな複雑な心境で応援している仁淀オタたちのオタライフを描いたエピソードはかなりキレキレの内容で、必見です!

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ