アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ダンベル何キロ持てる?】紗倉ひびきはギャルで大食いで巨乳キャラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガチの大食いキャラ

出典 : ©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム : TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

大食いキャラと一言で言っても、その性質や背景は様々です。
定義としてはもちろん「常人よりも多くの量を食べるキャラ」ですが、単純にその設定だけではなく、『五等分の花嫁』中野五月のような「食べるシーンをやたら描写されるキャラ」、『ガルパン』五十鈴華のような「食事の際に大盛りにしているキャラ」も含まれることが多いですね。

体型に関しても、必ずしもぽっちゃり系とは限りません。
特にマンガやアニメの女性キャラに関しては、痩せの大食いが目立っている印象です。
『ラブライブ! サンシャイン!!』国木田花丸のようにウエスト50台の大食いキャラもいます。

その中にあって、ぽっちゃり気味のひびきは寧ろ少数派の大食いキャラと言えるでしょう。
身長160cm・体重55.4kgは決して太っている訳ではなく、BMIの値も21.64(標準は22)なので、適正体重より若干少ないくらいです。
しかし体脂肪率は35%と高く、軽肥満(30.0~34.9%)どころか肥満(35%~)の範疇で、実はかなりヤバいです。

また、大食いキャラは性格に関しても一定のイメージがあります。
基本的には、朗らかで細かいことは気にしないキャラという印象が強いと思われます。
「太ることを意識していない=あまり深く物事にこだわらない」みたいな感じですね。

ただ、その一方で「陰キャだから食事描写が多い」というキャラもいます。
複数人で食事する際、会話には入れず手持ち無沙汰になって、他にやることがなく黙々と食べるシーンばかり描写される……というケースですね。
『わたモテ』田村ゆりなどが該当します。

ひびきは典型的な前者で、カロリー計算など頭の片隅にも入れず本能の赴くままに食べる、良く言えば大らか、悪く言えばおバカなキャラです。
そのため、歩きながら常に何かしら食べていますし、トレーニング後30分以内にタンパク質を摂取すると良いと聞いて300gのステーキを皿が山積みになるくらい平らげていました。

食欲はかなり強く、買い食いをするための費用を稼ぐべく兄が営んでいる焼肉屋で週に5日もバイトを入れるほど。
その貪欲さと執念には朱美も一目置いていて、筋肉を増量する上で難しい条件とされる「無尽蔵なレベルでたくさん食べられる」という才能を持っていると評されており、「筋肉道を極める金の卵」との期待を受けています。

日常アニメなどではアクセント的な意味合いで大食い要素を含んでいる女性キャラが多くいますが、ひびきに関してはそんなファッション大食いキャラではありません。
体脂肪率、性格、食に対する執念……あらゆる面でガチの大食いキャラです。

意外と陰キャな一面も?

出典 : ©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム : TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

ギャル大食いキャラ、そして近年流行のムチムチ系の体という数多くの要素を持つひびきですが、彼女のポテンシャルはそれだけに留まりません。

アニメでも話題になっていましたが、彼女にはハードパンチャーの素質があり、素人でありながらサンドバッグを殴り飛ばすという規格外のパワーを見せつけています。
もし彼女が本気でトレーニングを積めば、ボクシングに限らず何らかのスポーツで世界の頂点に立てるかもしれません。

また、それとは対照的にマニアな一面も持っています。
ひびきはかなりのゲーマーで、得手不得手こそあるものの、麻雀からシューティングゲームまでかなり幅広いゲームを嗜んでいます。
ゲーマーの女性キャラというと、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』高坂桐乃や『らき☆すた』泉こなたのようなオタク気質なゲーム好きが多いですが、ひびきにもそういった面があるようです。

アクション映画も好んでいて、特に筋肉自慢の某ハリウッド俳優主演の映画で大盛り上がりするなど、筋肉マニアの素養もありそうです。

シルバーマンジムでのトレーニングも、当初はとてもついていけないと即断し逃げ出そうとしますが、なんだかんだ続けており、意外と一つのことに熱中するところがあります。
基本的には陽キャ気質ですが、劣等感を持っていることも含め、陰キャ気質も持ち合わせているようです。

ギャルで性格も陽気なひびきですが、いわゆるパリピではなく、友達もジムに通う前は彩也香くらいしかいなかったようで、こういうところにも意外な陰キャ気質が見え隠れします。
もっともジム通いを始めてからは、朱美に加えロシア出身で紗倉家にホームステイすることになった転入生のジーナ・ボイドとも仲良くなるなど、出会いがあればコミュニケーションには問題のないタイプです。

男性に関しては、ダイエットの動機が「男からナンパされるスタイルをゲットしたい」というもので、その後も彼氏作りを目標に掲げていますが、なかなか上手くはいかない模様。
一方で、最初は顔がタイプで惹かれたものの、その顔とバランスが取れていない圧倒的筋肉量に引いていた街雄をいつの間にか異性として意識し始めているようです。

まとめ

コメディ作品のキャラなので、ある程度恣意的に属性が盛られている部分もあると思いますが、それにしてもひびきはかなり欲張りなキャラです!
そのわがままボディで視聴者を虜にして、リア充感あふれる奔放な言動でネタを提供し、ツッコミ要員としても優秀で、その上オタク気質な面まで兼ね備えているんですから、もう無敵ですよね。
アニメではそんな彼女の魅力がより引き立っていて、注目を集めているのも納得です!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ