アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

エッチなシーンが多いアニメTOP40! 一番エロいのはどのアニメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
24位 いちばんうしろの大魔王

出典 : Amazon.co.jp

ライトノベルを原作としたアニメ作品で、2010年に放送されました。
ジャンルは学園ファンタジーで、聖人君子でありながら健康診断の際に適正職業が「魔王」となってしまった主人公・紗伊 阿九斗(さい あくと)の日常を描いたハーレム系コメディです。

この頃のアニメではおなじみですが、AT-X版と地上波版で露出度が異なり、AT-X版ではTKBが解禁になっています!
ただしそれだけでなはく、サービスシーン自体が多めなのでエロ度は結構高め。
何気に放課後ティータイムの5人の内、4人が参加している作品でもあります。(唯一参加していない佐藤聡美さんもドラマCDに参加)

オススメのシーンは、3話「ちょっと怖い先輩」不二子(ふじこ)が集団に襲われる場面
女性が複数の女性に襲われるという、他のアニメではまず見られないレアなシーンです。

えちえち度:★☆★☆

23位 ゴブリンスレイヤー

出典 : Amazon.co.jp

2018年に放送されたアニメで、新作エピソードの劇場上映も行われた人気作。
シリアス寄りのファンタジー作品です。

本作は、多数のゴブリンに女性キャラが襲われ性的な被害に遭う冒頭が大きな話題になったことで知られています。
この部分に関してはサービスシーンという表現は相応しくありませんが、入浴シーンなど通常のサービスシーンもあるため、総合的に見ても一定のエロさが認められるアニメと言えるでしょう。
また、冒頭以降も回想シーンなどで性的被害を受ける女性が描写されているので、「胸糞悪いエロシーンはNG」という人にはスルー推奨です。
エロ描写ならなんでもOKな人にとってはここが最大の見せ場でもあります。

えちえち度:★☆★☆

22位 ビキニ・ウォリアーズ

出典 : Amazon.co.jp

2015年にホビージャパンとメガハウスのメディアミックスプロジェクトとして立ち上げられ、同年に5分枠でアニメ版も放送されました。
フィギュアをメインとしたプロジェクトなので、基本的にはフィギュアの宣伝としての映像化ですが、それだけに留まらないインパクトを視聴者に与え、ショートアニメとしては異例とも言えるほどの注目を集めました。

巨乳の女冒険者がビキニアーマーで戦うという、男の欲望をそのまま叩き付けたような内容で、スライム、緊縛、触手など、ファンタジー系のエロ作品では定番のシチュエーションをほぼ網羅しています。
ただ、シチュエーション特化型のアニメなので、エロに段階や背景を求める人にはあまり向いていないかもしれません。

オススメのシーンは11話「聖騎士の白き柔肌に迫る獣欲の罠」のパラディン全般。

えちえち度:★☆★☆

21位 セキレイ

出典 : Amazon.co.jp

2008年に1期、2010年に2期が放送されたヒットアニメですね。
「セキレイ」と呼ばれる女性の戦士と主人公・皆人(みなと)の交流、セキレイたちのバトルを描いた作品。
原作はヤングガンガン連載のマンガ作品です。

この作品の最大のポイントは胸で、登場するヒロインは例外なく巨乳、いや爆乳!
アニメでもそこはかなりクローズアップしていて、TKBもしっかり描かれています。

ただしヒロイン勢が羞恥心をあまり持っていないため、恥じらいという点ではやや弱いですね。

オススメのシーンは、1期10話「脱出前夜」月海(つきうみ)が皆人に迫るシーン
女性が自ら胸を触らせるシチュエーションは男子の夢ですね。

えちえち度:★☆★☆★

20位 Fate/kaleid liner プリズマイリヤ

出典 : Amazon.co.jp

イリヤスフィール・フォン・アインツベルンを主人公に据えた魔法少女コメディ。
Fateシリーズの数あるスピンアウト作品の1つですが、その中でも独自のファン層を築き上げた作品ですね。
原作は月刊コンプエース連載のマンガで、10年以上続く長期連載作品となっています。

アニメの方も4期まで作られ、2017年には劇場版まで公開される大人気作品となりました。
2019年6月にはOVAの劇場公開が行われており、原作・アニメともに現役のシリーズです。

本作のジャンルは魔法少女もので、メインキャラのイリヤ、美遊、クロはいずれも幼い女性キャラ。
一見するとエロい描写とは縁遠いように感じられますが、実際には入浴シーンをはじめロリ同士のキャッキャウフフなシーンが目白押しです!
グッズもかなり過激な絵が多い印象ですね。

オススメのシーンは、全編にわたって用意された入浴シーン
天真爛漫なイリヤたちのあどけない姿を堪能できます。

えちえち度:★☆★☆★

19位 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

出典 : Amazon.co.jp

2018年に放送されたラノベ原作のアニメです。
ジャンルはラブコメで、シリアスとギャグが両立するタイプの作品。
2021年に2期の放送が決まりました!
MORPGで魔王として活躍していたコミュ障の主人公が、その姿で異世界に召喚され、魔王ディアヴロとして新たな生活を送るお話。
異世界召喚ものですが、小説家になろうの作品ではありません。

2010年代後半は規制が強くなったため、強めのエロ表現はできなくなりましたが、本作はその中も出来る範疇でかなりエロを詰め込んでいるのが好印象。
主人公は魔王ですが、強引にエロいことをする訳ではなく、向こうから言い寄ってくるパターンラッキースケベが大半です。

オススメのシーンは、8話「英雄驀進」でシルヴィがディアヴロに弄られる場面。

えちえち度:★☆★☆★

18位 ワルキューレロマンツェ

出典 : Amazon.co.jp

2013年放送のアニメで、原作は『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』というタイトルのエロゲーです。
エロゲー原作なので当然、エッチなシーンは目白押し
しかしそこばかりが売りではなく、原作でも題材としていたジョスト(馬上槍試合の一騎打ち競技)をよりクローズアップしていて、スポーツアニメという見方もできます。

エロゲー原作アニメだけあってサービスシーンは豊富で、女性キャラが裸になっている場面はかなり多いのですが、ギャグ色強めだったり、終盤がひたすら熱い展開だったりで、全編を通しての印象は「意外とそこまでエロく感じない」だったりします。
TKBは放送時には規制されていましたが、Blu-ray収録版では解禁されています。

オススメのシーンは7話「風車の下で―Legendary Knight」のスィーリアと茜(あかね)の絡み。

えちえち度:★☆★☆★

17位 だから僕は、Hができない

出典 : Amazon.co.jp

2012年に放送されたライトノベル原作アニメです。
バトル要素のある日常エロコメで、メインヒロインの死神・リサラにエロ心を奪われてしまった主人公と、彼を取り巻く女性たちのドタバタ劇を描いています。

原作は一般的なラノベですが、著者もイラストレーターも成人向けの作品を手がけているその道のプロ。
そのため、サービスシーンの頻度はかなり多く、ストレートなタイトルに恥じない内容になっています。

AT-X版はTKB解禁!
メインヒロインだけあってリサラのサービスシーンが最も多いですね。

オススメのシーンは、4話「胸囲の格差社会」リサラの服が破れる場面
やはり恥じらいがある方がエロさが大幅に増しますね。

えちえち度:★☆★☆★☆

1 2

3

4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アバター
    • さち
    • 2019年 9月 17日

    フリージング!

  2. アバター
    • カンチャル
    • 2020年 3月 14日

    MXが、BPOに忖度し、放送中止した異種族レビュアーズは、何位にランキングされるのだろう?

  3. アバター
    • たぬきち
    • 2020年 7月 24日

    ヨスガ一択間違いない。リアルで見てて何を見せられているんだと思いながら最終話まで見た。

  4. アバター
    • もも
    • 2020年 9月 19日

    このサイト見てヨスガノソラ見てきました

    やべぇ、、、、
    普通にえちえち度は限度超えてて本当に地上波で放送されたの?と思うほどでした。

    でもストーリーがせつなすぎて今でも頭から離れないのと
    メインキャラ2人がイケメン&美少女すぎて羨ましい。応援できる。

  5. アバター
    • 名無し
    • 2021年 5月 20日

    ダイダミラー、くずの本懐、プリズンスクールがない。やり直し!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ