アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ロード・エルメロイII世の事件簿】ロード・エルメロイII世は本当にあのウェイバー・ベルベットなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : © 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC : TVアニメ「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」公式サイト

2019年夏アニメ『ロード・エルメロイII世の事件簿』より、主人公のロード・エルメロイII世をピックアップ!
彼の正体が本当にあの『Fate/Zero』で作中最大の萌えキャラとして人気を博したウェイバー・ベルベットなのか、確認してみました!

ロード・エルメロイII世 キャラクター概要

出典 : © 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC : TVアニメ「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」公式サイト

『ロード・エルメロイII世の事件簿』に登場する男性キャラクターで、本作の主人公。
魔術協会時計塔で現代魔術科学部長として従事する講師であり、魔術師の総本山「時計塔に」12人のみ存在する君主(ロード)の系譜・エルメロイ派の現当主。

年齢は30前後で、男性でありながら腰まで伸ばした黒髪が特徴的。
表情は常に険しく、人生の苦味を味わい尽くしているかのように眉間に皺を寄せ、不機嫌そうにしています。
服装は主に黒を基調としたものを着用。

表情から受ける印象そのままに神経質な性格で、汚れることを極端に嫌っています。(ただし私生活はだらしなく自室も散らかっている)
横暴なところがあり、弟子たちに対しても容赦なく罵るものの、面倒見は非常に良く問題児であっても変わらず接し、ミスをしても見放すことはないため、生徒からの評判は悪くない模様。
特に女生徒からの人気が高く、「時計塔で一番抱かれたい男」に選出されているようです。

講師としての能力は非常に高く、知識の豊富さと多角的な視点がもたらす「魔術の本質を見抜く目」は図抜けており、教示を受けた卒業生は皆例外なく第三階位「典位(プライド)」以上の階位を獲得しています。
その圧倒的な実績から高い評価を得ている一方、本人の純粋な魔術師としての力量はかなり低く、弟子から「二流以下」と評される始末。
当人も自覚を持っているものの、その一方で魔術師としての大成を心から願っているため、弟子たちが自分を容易に追い抜いていく現状を嘆いています。

階位は第四階位「祭位(フェス)」と、ロードとしては低いポジション。
これも魔術師として以外の能力が評価される階級だからこその評価で、魔術回路の貧弱さ、魔術刻印のお粗末さから純粋な魔術師としての評価は第五階位「開位(コーズ)」の下位レベルとのこと。

教え子を招集して徒党を組めば時計塔の勢力図を大きく変動させるだけの人物ですが、権力や政治に対しては無頓着なため、そういった動きは一切ありません。
普段は仕事の傍ら趣味のビデオゲームに興じ、時折その類い希な考察力と分析能力を活かして魔術絡みの事件を解決に導いています。

彼が責任者を務めるエルメロイ教室にはグレイ、フラット・エスカルドス、スヴィン・グラシュエート、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトなどが在籍。
アニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』では遠坂凛(とおさか りん)、その従者として衛宮士郎(えみや しろう)の所属も確認できます。

そんな彼の正体は、10年前の第四次聖杯戦争にライダー・イスカンダルのマスターとして参加していたウェイバー・ベルベット
先代のエルメロイであり師匠のケイネス・エルメロイ・アーチボルトが聖杯戦争の最中に命を落としたことに責任を感じ、エルメロイ家を守るために次期当主ライネス・エルメロイ・アーチゾルテの義兄となり、彼女が成人するまで君主の座に就く契約を交わし、ロード・エルメロイII世となりました。
ライネスとの関係は比較的良好ですが、都合の良い相談相手にされているようです。

担当声優は浪川大輔(なみかわ だいすけ)。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ