アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ポケモン】まんまるキュート!モクローの魅力をまとめてみた!【もふう】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モクローの覚える技

出典 : Amazon.co.jp

モクローはくさ・ひこうタイプの物理技を中心に、技を覚えていきます。
初期技としてモクローの代名詞である技「このは」を覚え、そこからレベルが上がっていくと「はっぱカッター」や「ついばむ」といった技を習得。
レベルが30以上になると、くさの協力な物理技である「リーフブレード」や威力120のひこう技「ブレイブバード」、あくタイプの「ふいうち」などを覚えていきます。
その他タマゴ技では「バトンタッチ」や「あやしいひかり」、教え技では「くさのちかい」や「ゴッドバード」などを習得します。
なお、特殊技は「あやしいかぜ」や「エナジーボール」、「ソーラービーム」などが覚えられます。
モクローである間には覚えられる技が限られており、特にゴースト技である「かげぬい」や「ゴーストダイブ」といった技は、ジュナイパーまで進化をしないと習得できませんので、注意してください。
そもそもゴーストがタイプ一致となるのはジュナイパーまで進化をしてからですので、モクローのまま運用をしてみたいという方は、くさとひこう技を中心にした構成を組みましょう。

アニメでのモクロー

出典 : Amazon.co.jp

大人気のポケモン、モクローはアニメでも活躍しています。
アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』にて、サトシがアローラ地方ではじめてゲットしたポケモンです。声優は林原めぐみさんです。
第4話より登場していて、元はドデカバシ一家にまぎれて育てられていたところ、偶然サトシによって助けられ、その後サトシを信頼するようになります。
モクローと仲良くなったサトシは、「モクローには家族がいるから」と一度はそのまま別れようとしますが、モクロー自身の意思とドデカバシの後押しのおかげで無事に旅の仲間に加わることができるようになったのです。
過去シリーズのミジュマルやハリマロンのようにちょっとおとぼけな性格ですが、仲間思いでその実力には光るものがあります。「このは」や「タネばくだん」、「つつく」や「ブレイブバード」などの技を覚えているようです。
また、草タイプのZわざ「ブルームシャインエクストラ」や、アニメオリジナルの必殺技「ひっさつのモクシュート」を放ったことまであるほど、かなり優遇されたポジションに収まっています。
余談ですが、ボールに入りたがらないピカチュウのように、モクローはボールよりもサトシのリュックを気に入っています。そのため、ボールの中よりもよくリュックにスポッと収まっている姿がサトシのモクローの一番の特徴かもしれません。このキュートな姿は、SNSでもかなりの人気を誇っています。

モクローのグッズ

出典 : Amazon.co.jp

SNSでトレンドに入るほど、そのキュートさが話題になったモクロー。
公式にもその人気は認められているらしく、ポケモンセンターには実にさまざまなグッズが登場しています。
ここではその中でも、おすすめのグッズをご紹介していきます。

ポケモンセンターオリジナルぬいぐるみ モクロー

出典 : Amazon.co.jp

まずご紹介するのは、王道のぬいぐるみ。
大きさは20cmほどのコンパクトなサイズで、おうちのどこにおいても可愛いグッズです。
値段も高すぎず安すぎず、丁度よい出来具合です。
モクローと一緒に暮らしたい!という方にはもちろん、他のポケモンと並べて飾ってもインテリアが映えることでしょう。

ナノブロック モクロー

出典 : Amazon.co.jp

「ナノブロック」シリーズは、小さなブロックを自分で組み立てて遊べるフィギュア。
組み立てて楽しい、飾ってかわいい人気商品です。
なつかしのドット絵風に演出されたモクローは、かえって新しく感じるかもしれません。
レトロな雰囲気が好きなあなた、工作好きのあなたにおすすめです。

OTEIRE Please モクロー

出典 : Amazon.co.jp

もうひとつおすすめしたいのが、こちらの「OTEIRE Please」シリーズ。
「ポケリフレ」にてほこりがついてしまっている状態のモクローを再現したマスコットです。
淡い色調で再現されたモクローがお手入れを待っている様子は、ひたむきなキュートさを感じられること請け合い!
モクローファンなら必見の一品です。

まとめ

今回はモクローの能力やアニメでの活躍、またグッズ展開などについてご紹介してきました。
御三家にはさまざまなポケモンがいますし、新作が登場するごとにどんどん新しい御三家に目移りしてしまうと思います。
しかし、それぞれの魅力はいつだってオンリーワン!どれだけ新作が出ても、たまにはモクローのことを思い出して、『サン・ムーン』の世界へ会いに行ってあげてくださいね。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ