アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【Dr.STONE】を徹底解説!伏線・ネタバレをまとめてみた!【2019夏アニメ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会 : アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

2019年7月、週刊少年ジャンプで絶賛連載中の『Dr.STONE(ドクターストーン)』が待望のアニメ化!!
「次にくるマンガ大賞2018」でコミックス部門2位に入賞し、「第64回小学館漫画賞」の少年向け部門受賞という、期待値の高い作品である。

『Dr.STONE(ドクターストーン)』は全人類が謎の石化光線を受けて石像となり、約3700年後。
奇跡的に復活した主人公がゼロ文明から人類を救うべく科学の力で道を切り開いていく冒険譚である。
今までありがちだった特殊能力や超次元ストーリーとは違い、本作品は全て科学が起因し、我々でも成し得る科学の根拠を持って人間の進化を描いている。
このため、子供はもちろん、大人もこぞって楽しめる、科学の不思議に胸を踊らせることができる作品である。
今回はそんな『Dr.STONE(ドクターストーン)』のアニメ化をより一層楽しんでもらえるよう、原作ネタバレも含んだ、あらすじ・伏線解説・キャラクター(声優)まとめ・見所をまとめてみた。

ストーリー概要

主人公:石神千空 (いしがみせんくう)は逆立った白髪に白衣が似合う化学オタク。彼はその日も実験に勤しみながら、幼馴染の大木大樹(おおき たいじゅ)が一世一代の大告白を成し遂げようとしているのを遠くから見守っていた…はずだった。

とりとめもない日常を襲ったのは眩いばかりの閃光。その光は瞬く間に世界を包み込み、そして全人類を石化させてしまった。風化していく建築物、自然により飲み込まれていく文明。人という存在を失い地球の覇者となる肉食動物たち。あらゆるものに現代文明は掻き消されーーー石器時代と呼べる自然豊かな未来:西暦5738年10月5日に、大樹は奇跡的に石化を解き、蘇るのだった。

大樹を蘇らせたのは彼より半年早く目覚めたという千空だった。超人的な頭脳を持つ根っからの科学オタクの千空は、自分が復活できた理由はファンタジーではなく科学で証明できるはずと外的要因を調査し、「奇跡の水(硝酸)」を偶然にも自分が浴びていたことが原因であると解明。確固たる理論の下、幼馴染かつ、体力馬鹿の大樹を「即戦力になる」と合理的な考えから一番に蘇らせたのだった。

2人は科学の力全人類の復活を模索。
しかし、それを阻む最初の壁は世界の覇者:肉食獣だった。3700年後の未来は人間という支配者を失い、大自然で育ったライオンが我が物顔で暮らしていた。体力があっても争いごとがめっぽうダメな大樹と、肉体労働はゼロレベルに等しい千空。2人はこのサバイバル生活を切り抜けるために「知力」「体力」に加え「武力」という戦力、「霊長類最強の高校生」と謳われていた獅子王司を仲間にするべく復活液(奇跡の水(硝酸)+アルコール)で蘇らせた。

最初は頼もしいばかりの戦士に思えた司であったが、「善い人間」でありながら危うい正論を振りかざす司はむしろ千空と大樹の敵であった。司は悪い人間ではなかったが、「純粋な若者だけを復活させ汚れない楽園を作る。権力者に弱き者が奪われる腐れきった世界を浄化する」という理想を持っており、科学文明の発達を嫌がったのだ(文明の発達は同時に卑しい人間も生み出すため)。

全人類70億人を科学で救おうと考える千空と、人から奪い私腹を肥やすような既得権益者には死を、と考える司。互いが信じる正しさが相反し、真っ向からぶつかることなる2人は道を違える。こうして「石の世界」に蘇ったたった3人の現代人は決別し、「科学王国」「司帝国」の衝突へと発展するのである。

自分の死を偽装し、司から一時身を隠しながら「司帝国」に対抗するべく「科学王国」を作る千空。
いつの日か千空の助けとなるべく、司帝国に潜伏する大樹と小川杠(おがわ ゆずりは:4人目の復活者)。
自らの理想郷を作るべく、純粋な若者だけを復活させていく「司帝国」の頭領:司。

再び3人が手を取り合って戦う日は来るのだろうかーーー。
科学 VS 武力の火花が今、切って落とされた。

人気声優が演じる!個性豊かなキャラクター!!
主人公にして超科学者:石神千空(いしがみせんくう)

出典 : ©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会 : アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

旧現代人であり、16歳(化石の間がフリーズ状態と考えると目覚めた時16歳、作中で17歳になる)。髪が逆立つように放射状に伸びており、目頭から生え際までひび割れ模様が走る(石化解除時の修復跡)。

基本的に科学者らしい合理的考えを持ちクールだが、非情ではなく、性格は甘い。豊富な知識を用い、様々なものを生み出す。科学王国(旧:石神村)を率いて司帝国に抵抗を試みる。全ては70億人、全人類の復活と科学文明を取り戻すためである。

父:百夜との絆の深さや親譲りの性格などはみて取れるが、血の繋がりはないとされており、今後の展開に関わりがあるかは謎。父親は宇宙飛行士であり、千空も宇宙への憧れが強い。ただ彼の場合、宇宙飛行士になろうではなく、自分で考えて自分で創作し、宇宙への道を切り開こうとするタイプ。
誕生日は1月4日。作中でゲンの発案で天文台をプレゼントされている。

声優は小林祐介(こばやしゆうすけ)。『アルスラーン戦記』のアルスラーン役や、『Re:ゼロから始める異世界生活』のナツキ・スバル役、『賢者の孫』のシン=ウォルフォード役など、近年の話題作で主人公枠を多く演じている。2017年に第11回声優アワードで新人男優賞を受賞。男にしてはやや高めの声質から線の細い青年役を演じることが多く、頭は切れるしっかり者だが、戦力は0に等しく色白でひ弱な千空にぴったりの配役である。

霊長類最強の高校生:獅子王司(ししおうつかさ)

出典 : ©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会 : アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

旧現代人であり、18歳。肩まで伸びた黒髪長髪に精悍な顔立ち。引き締まった手足の長い肉体は彼が格闘技でいかに鍛えていたかを示す。ライオンすら素手で倒すほどの武闘派。

だが、そんな彼は苦労が多かったようで、死の間際にいる妹に貝殻のネックレスを作ってやりたいと幼い頃に海岸で貝拾いをしていたところ、「漁業権」の問題から泥棒扱いを受け、大人から苛烈な折檻を受けたことから、既得権益者を嫌う。石の世界では純粋な持たざる若者だけの理想郷を作ろうと考え、石像を壊していたために千空たちと仲違いをする。

動かぬ石像人間を壊す姿は冷血漢に見えなくもないが、植物人間の妹を養うために大金を稼いでいた以前の彼や、石器時代で亡くなった仲間に手を合わせる姿などをみると悪い男とも言えない。

声優は中村悠一(なかむらゆういち)。言わずと知れた人気声優で、近年アニメでは『おそ松さん』のカラ松役や、『ワンパンマン』の無免ライダー役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ブローの・ブチャラティ役など、数々の名作品で人気キャラを演じている。多彩な声質を持っているが、司役に関してはその艶を感じるハスキーボイスで演じてくれるのではないかと期待値が高まる。

体力バカの幼馴染:大木大樹(おおきたいじゅ)

出典 : ©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会 : アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

旧現代人であり、16歳。脳筋で体力バカでしかないが友達思いで人を傷つけることができない実直な人間。人を殴ることも石像を壊すことも悪いことだが自分はいくら蹴られても殴られても平気だから自分を傷つけろ、と司に交渉するぐらいに他人思いで考えは浅い。

5年間の大恋愛で小川杠(おがわ ゆずりは)と両想い状態だが未だに告白はしておらず交際に至ってはいない。千空の役に立つために司帝国に潜んでいたが、思ったことが顔が出るほどの素直さを持っているため、千空は秘密ミッションを杠にしか与えない。

声優は古川慎(ふるかわまこと)。近年では『ワンパンマン』でサイタマ役、『転生したらスライムだった件』でベニマル、『BANANAFISH』でショーター・ウォン役など数多くの作品で活躍。仁義を持った青年役が多く、人としての温情さが伝わる声質をしている。2018年には歌手デビューを果たすほどの声量を持つ。広い心の持ち主で相手を受け入れる包容力を見せつける必要が出てくる大樹には適任の声優である。

天然美少女:小川杠(おがわ ゆずりは)

出典 : ©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会 : アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

旧現代人であり、16歳。大樹の片想い相手であり、密かな両想い
本作品は大樹が杠に一世一代の告白をするシーンから始まる(それを石化に邪魔され、大樹は3700年片想いを強いられるのだが)。蘇った後、すぐに結ばれるかと思われたが、大樹、杠、千空、司だけの状況下で告白することは卑怯だと、大樹は未だに想いを告げていない。第三者から見れば天然で素直なところが似た者夫婦。だが、大樹よりは頭がキレ、千空の意図を推し量ることもできるため、バカというよりは天然気味と思われる。

大樹とともに司帝国にスパイとして潜伏。手先の器用さを買われ、千空より「バラバラに砕いた石像を一片残らず繋ぎ合わせて石化を解き、石化の修復力で元の人間に戻す」というミッションを担っている。司帝国と休戦したのちは、器用さを生かして現代風な洋服を生産し、衣食住に大いに貢献している。

声優は市ノ瀬加那(いちのせかな)。若手声優であり、近年アニメ出演を果たしている。大役はまだまだわずかだが、自身がパーソナリティを務めるWEBラジオを行うなど、今後が期待される。

軽薄なメンタリスト:浅霧幻(あさぎりゲン)

旧現代人であり、19歳。アサギリゲンは芸名で本名は不明。胡散臭さが鼻につく男で飄々としていて掴み所がない。マジシャン兼メンタリストとして有名なゲンは元々司帝国の密偵だったが、千空が見せる科学の力に魅了されて寝返る(コーラを作ることが条件で)。

自分にとって有益な方につくと語るゲンは軽薄そうではあるが、天空たちを裏切ったことはない。むしろお得意の声真似で司の真似をして千空を脅かすのはもちろんのこと、歌姫:リリアンになりきり、司陣営の戦力を削いだ。また「わりと好きだったのよ、千空ちゃんが。損得はおいといてさ。そういうことでしょ村の皆も」と千空の誕生日にサプライズプレゼントを企画し天文台を作ってあげたほどである。意外とピュアで義理堅い。

声優は河西健吾(かわにしけんご)。近年では『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の三日月・オーガス役や、『3月のライオン』で桐山零役、『覇穹封神演義』で太上老君役などを演じている。『3月のライオン』では「輝く闇のような声」と評価されるように、中性的なハイトーンボイスが特徴的な今注目度が集まりつつある若手声優である。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ