アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

漫画版『悪の教典』の最終回は賛否両論?原作との違いをネタバレ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『悪の教典』は、過激な内容とエンターテインメント性をあわせ持つ作品として人気の高いサイコスリラーです。この作品の漫画版『悪の教典』は、原作と異なる最終回を迎えたことはご存知ですか?今回は、『悪の教典』のあらすじや最終回の内容をネタバレ紹介し、賛否両論となった結末について解説していきます。

『悪の教典』とは?

出典 : Amazon.co.jp

狂気の殺戮エンターテインメント

『悪の教典』は、『青の炎』『硝子のハンマー』などの作品を手掛けた貴志祐介さんによるサイコホラー小説が原作となっています。発売されてすぐその衝撃的な内容が話題となり、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」で1位を記録しました。

実写化もされている

2012年には、三池崇史さんが監督を務めた実写映画も公開されました。主人公「蓮実聖司」を演じたのは伊藤英明さん。さらに、物語の前日譚を描いたスピンオフドラマも配信されており、こちらは原作を元に構成されたオリジナルのエピソードが楽しめます。

最終回は賛否両論?

実写映画の公開と同年に連載開始したのが、本記事でご紹介する漫画版『悪の教典』です。基本的には原作に忠実な内容となっていますが最終回の結末が大きく異なり、賛否両論となりました。大ヒット作品の漫画化ということもあり注目されていた『悪の教典』。いったいどのような最終回となったのか、詳しくネタバレ解説していきます。

『悪の教典』あらすじ

出典 : Amazon.co.jp

大人気教師の蓮見

不良生徒・いじめ・モンスターペアレント・学校裏サイト…数々の問題を抱える東京都私立晨光学院町田高校。これらの問題に対し誠実に向き合う2年4組の担任教師・蓮実聖司はその教育熱心な姿勢を評価され、生徒・同僚教師の両方から絶大な信頼を得ていました。

蓮見の正体

しかし、蓮見の本当の顔は「他者への共感能力が欠落している性質=サイコパス(反社会性人格障害)」。邪魔な存在は誰であろうと躊躇なく殺害する、サイコキラーだったのです。自身が築く「理想の王国」に必要な容姿の優れた女子生徒を集める代わりに、校内のトラブルを意図的に引き受けている蓮見。トラブル解決のため、そして自身の正体が暴かれるのを防ぐために、あらゆる手を使い都合の悪い人間を秘密裏に抹殺していきます。

惨劇の始まり

蓮見の思い通りに計画が動いていく中、町田高校では文化祭の開催が近づいてきました。2年4組の生徒たちが泊まり込みで文化祭の準備を進める裏で、蓮見は邪魔になった一人の女子生徒を屋上で始末しようとします。しかし、別の女子生徒が偶然その現場を通りかかったことで事態は急変。生徒殺害の疑いをかけられそうになった蓮見は、思いもよらない行動に出るのでした。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ