アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【青ブタ】牧之原翔子の謎を徹底考察! 彼女は何者? #青ブタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』より、謎多き女性・牧之原翔子をピックアップ!
2019年6月公開の劇場版ではヒロインとなる彼女の正体や、主人公・咲太との関わり、そして彼への想いについてまとめました!

牧之原翔子(まきのはら しょうこ)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『青春ブタ野郎』シリーズに登場する女性キャラクターで、原作ラノベ第6巻「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」、第7巻「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」」のヒロイン。
2019年6月公開の劇場版「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」で映像化されています。

同姓同名で酷似した外見でありながら、年齢が異なる2人の「牧之原翔子」が登場。
中学生の翔子は制服を来た長い髪の女の子で、性格は大人しく控え目。
主人公・梓川咲太(あずさがわ さくた)よりも年上の翔子は落ち着いた雰囲気の女性で、落ち込んでいた咲太を励まし元気付けるなど、優しく慈愛に溢れています。

担当声優は水瀬いのり(みなせ いのり)

2人の「牧之原翔子」

出典 : Amazon.co.jp

「牧之原翔子」という名前は、原作1巻(アニメ1話)の最初の方で既に出てきます。
図書館で野生のバニーガールと化していた桜島麻衣(さくらじま まい)を目撃した咲太が、友人の国見佑真(くにみ ゆうま)に彼女のことを尋ねた際、「咲太が牧之原(アニメではフルネーム)以外の女子に興味を持つのは喜ばしいことなんだが」と呟いた場面ですね。
更にその後、同じく友人の双葉理央(ふたば りお)が「牧之原のことは吹っ切れたんだ」と半ば冗談のように話します。

咲太が女性に関心を示しただけで、友人が揃って結びつけてくる人物。
牧之原翔子が咲太にとって特別な存在であることは想像に難くありません。

そして、1巻(アニメ2話)で早々に「咲太視点における牧之原翔子」の正体が明かされます。

咲太は中学三年生の時、思春期症候群という謎の奇病に悩まされていました。
イジメに遭っていた妹の花楓(かえで)が、自分を中傷する書き込みを見ると体に傷を負ってしまい、彼自身も突然胸に大きな傷ができて血まみれになってしまうという異常に苛まれ、病院に搬入されたのです。

常識では考えられないこれらの出来事を思春期症候群だと直感した咲太ですが……思春期症候群はあくまで噂の範疇であり都市伝説。
「実在するものではない」というのが一般認識のため、咲太の周りで起こっている出来事は誰にも信じてもらえず、曲解されていました。

そんな折、途方に暮れていた咲太に声をかけ、当初は彼から煙たがれながらも明るく優しく励ました人物が牧之原翔子でした。

2歳年上で、峰ヶ原高校の制服を着ていたその女子を追いかけて峰ヶ原高校に入学した咲太は、早速会おうと三年の教室をくまなく探し回ります。
しかし、誰に聞いても「牧之原翔子」なる生徒を知っている者はおらず、名簿や卒業アルバムにもその名はなかったのです。

咲太にとって恩人であり初恋の相手でもあった翔子は、謎を残したまま思い出の中の存在となってしまいました。

それから更に1年の月日が流れ、出会った当時の彼女と同じ学年になった咲太は、捨て猫を見つめていた「牧之原翔子」と名乗る女子中学生と出会います。
ただの同姓同名ではなく、確かに以前出会った翔子の面影があるものの、明らかに年齢は低く、咲太のことも全く知らない様子。
無視することもできず、咲太は中学生の翔子と関わりを持ち、彼女が両親から飼ってもいいと許可を得るまでその猫を預かることにします。

妹のかえでとも仲良くなり、そのまましばらく交流を続けていた最中、咲太は思わぬ所で彼女と偶然出くわします。
そこは病院の中。
彼女は生まれつき心臓に重い難病を抱えていて、臓器提供を受けられなければ中学校を卒業するのは難しい……そんな悲運の元に生まれていた女の子だったです。(この件は原作3巻に収録されていますが、彼女のメインエピソードは劇場版で公開されるため、テレビアニメではカットされました)

その後、咲太のもとに翔子から「明日 七里ヶ浜の海で会えないかな」と記した手紙が届きます。
差出人の表記は「翔子さん」
中学生の翔子ではなく、七里ヶ浜で待っては見たものの誰も現れなかったため、この件はこれで終わり……と思われたその後日、妹のことで失意のどん底にいた咲太の前に年上の翔子が現れました。

翔子はまた咲太を励まし、彼が立ち直ったのを確認したのち、置き手紙を残して去って行きます。
それ以降姿を見せることはなく、中学校の翔子とも連絡が取れなくなりました。

あまりにも都合の良い場面で現れ、そして自分の前から姿を消す翔子の存在を、双葉は「梓川の作り上げたただの幻、妄想」ではないかと疑います。

けれど、彼女は確かに実在しました。
そして牧之原翔子も他のヒロイン同様、思春期症候群に罹患していたのです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ