アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ひとりぼっちの○○生活】本庄アルは本当に残念なのか? 検証まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2019春アニメ『ひとりぼっちの○○生活』より、主人公・一里ぼっちの中学で2番目に友達になった本庄アルをピックアップ!
クラスで2番目くらいの人気者、副委員長……と完璧に一歩足りない彼女が本当に「残念な子」なのかを検証しました!

本庄アル(ほんしょう ある)キャラクター概要

『ひとりぼっちの○○生活』に登場する女性キャラクター。
明るめの長い髪をポニーテールにして、シュシュでまとめています。

制服は季節に合わせて上着をこまめに変え、タイツを履くスタイル。
私服は年齢に合ったデザインの物を着用しています。

桜第二中学に通う新入生で、1年1組に所属。(のちに2年に進級)
クラスでは美奈川らう(みながわ らう)に次ぐ2番目の人気者です。

主人公の一里ぼっち(ひとり ぼっち)とはクラスメイトで、彼女が友達になりたての砂尾なこ(すなお なこ)を怒らせてしまった際に相談相手となり、以降ぼっちにとって中学で2番目に友達になります。
名を体で表す本作において、彼女は「本庄アル=本性ある」という不穏さを抱かせる名前で、当初は胡散臭い笑顔を作っていたため、なこに警戒されていましたが、その本性とは「残念」であること。
決して腹黒くはなく、勝ち気で気位が高く不本意な発言には飛び上がって頭突きをかます気性の荒さはあるものの、気遣いができるとても優しくて良い子です。

誕生日は12月24日のためクリスマスと一緒に祝われるらしく、本人は不満を抱いているとのこと。

担当声優は鬼頭明里(きとう あかり)

優秀さと残念さは紙一重?

https://twitter.com/bocchi_anime/status/1117617568322215937

勿体振ろうにも既に概要内で記述してしまいましたし、今更フォローのしようがないので結論から書きますが、アルは本当に残念な女の子です。

ただし、単に残念なだけのキャラではありません。
アルは数ある残念キャラの中でも、かなり優秀な部類に入る女子です。

まず容姿面ですが、ぼっちやなこなど作中の登場人物からは「かわいい」と評され、作者のカツヲ先生からも「アルはこの世界の中でもかわいい方」と説明があるほど。
成績面は、なこが赤点を取ってしまった際に「私が勉強教えてあげよっか」と得意げな笑顔で言っていたので(アニメオリジナル)、それなりに自信があると思われます。
テニス部に所属しているので、運動神経が悪い訳でもないでしょう。

加えて、アルはかなりの人気者です。

休み時間は大抵誰かに話しかけられていて、声をかけようとしたぼっちが困惑するほど。
他の生徒から頼られることも多く、その人望もあって副委員長にもなりました。
授業中は積極的に挙手するため、教師からの評価も高いと予想されます。

このように、アルの学生としてのスペックはかなり高め
彼女自身、自分の能力にはかなりの自信があるらしく、高い目標を持ち誇り高く生きています。

しかしアルの場合、その行動や意識高い生き様がことごとく残念な結果を招いてしまう、(恐らく)生まれながらの残念体質なのです。

しっかり者と周囲には認知させることができているのに、ハンガーが掛かったままの状態の制服を着て、しかも母親のパンツを履いて登校。
そのことがぼっちとなこにバレて、逃げようとするも男子にぶつかり逃げられず。
なこからもらった飴は食べる前にカラスに奪われ、わたあめを買えば食べる前に強風で吹き飛ばされ、

屋上に行けば風で飛んできたゴミ袋に顔を覆われてしまいます。(後者はアニメオリジナル)

センスも残念で、忍者に会うために来日したクラスメイトのソトカ・ラキターに忍術を教える際、忍者ビームなるものを教える始末。
当然ですが忍者とビームに因果関係はありません。
しかもその後、1人で勝手にビームにハマって事ある毎に「がんばれビーム」「消火ビーム」など多用するようになります。

挙句の果てには、中学校にランドセルを背負って登校するというド天然ぶりを披露。
しかしここで終わらないのがアルの残念体質で、次の日には制服すら着ず全身小学生スタイルで登校してしまいます。
もちろん受け狙いとかではなく、素のミスです。

この同じミスを繰り返すのも癖なのか、「授業中に挙手して完璧に音読をこなすもページ間違いだった」を同じ日に二度やらかしてしまいます。
それに比べれば、髪にブラシとクシをひっかけたままでいたり、「まけるなアル かがやけアル」という残念な次作の歌を作って歌うくらいはどうということはありません。

厄介なのは、自分が残念なのをアル自身嫌というほどわかっているところ。
本人はそれを回避すべく日々を生きているものの、改善される様子が全くなく、残念体質が染みついてしまっているようです。

また、アルにはシルバーコレクター体質でもあります。

副委員長も、元々は委員長に立候補していたのに落選した結果得た2番目の役職。
クラスでの人気も2番、ぼっちがクラスで友達になったのも2番です。
2番でも十分凄いはずですが、常に完璧な自分を目指すアルにとっては残念な結果です。

なまじ優秀なだけに残念さが際立つアルですが、それによって強烈にキャラが立っているのも事実。
本人は悩ましく思っているようですが、その残念さが親しみやすさにも繋がり、ぼっち、なこ、ソトカとは熱い友情で結ばれています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ