アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【転スラ検証まとめ】リムルは何故人気主人公になれたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『転生したらスライムだった件』の主人公で、スライムに転生してしまった三上悟あらためリムル=テンペストについてまとめました!
何故彼がキャラクター人気投票で1位を獲得するなど絶大な人気を獲得するに至ったのか、その理由を徹底的に検証します!

リムル=テンペスト キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『転生したらスライムだった件』に登場する男性キャラクターで、本作の主人公。
転生前は三上悟(みかみ さとる)という名前の日本人で、ごく普通の37歳(独身)サラリーマン。
通り魔から同僚を庇い、包丁で刺され死亡してしまいました。

その後、異世界で妖魔族のスライムとして転生。
転生ボーナスなどで数々の強力なスキルを獲得し、転生先の洞窟に封印されていた最強クラスのドラゴン・暴風竜ヴェルドラと義兄弟のような関係になり、彼をスキル「捕食者」で封印結界ごと自身の体内に収納することに。
ヴェルドラを封印しているスキル「無限牢獄」の解析を行いつつ、洞窟の外の「ジュラの大森林」に出ます。

手始めにゴブリンの集落を牙狼族から守った縁で集落を治める立場となり、街づくりに着手します。
その過程で“爆炎の支配者”と呼ばれる女性・シズと出会いイフリートの支配から解き放つも、イフリートの生命力を失った彼女は急速に老いていきます。

命の灯火が消える寸前、シズから「この世界に取り込まれたくないから食べて欲しい」と懇願され、快諾。
彼女の身体を取り込んだことで人間の体に変身する能力を得ます。

人間態としての姿は小学生に上がるかどうかの幼い子供で、シズと似た少女寄りの中性的な顔立ち。
ただし黒髪黒眼のシズとは違い銀髪金眼です。
なお、スライムのため排泄器官は存在しません。

生前の記憶があるため、お人好しで楽天的な性格は転生前の人格が引き継がれています。
他者に対しては基本フレンドリーで、強大な力を得てもそれは変わらず、誰に対しても分け隔てなく接しており、それによって多くの忠義と親愛の情を得ます。

担当声優は岡咲美保(おかさき みほ)。
転生前の三上悟は寺島拓篤(てらしま たくま)。

人気投票では常に1位

出典 : Amazon.co.jp

転スラは2019年5月現在、シリーズ累計1200万部以上の売上を記録しているメガヒット作です。
原作小説、コミカライズ、スピンオフ、そしてテレビアニメといずれの分野でも大好評で、なろう発の作品では最大の成功作と言えるところまで来ました。

その転スラ人気を牽引しているキャラと言えば、やはり主人公のリムルしかいないでしょう。

本作のコミカライズやスピンオフを掲載しているニコニコ静画で2018年12月25日より実施されたキャラクター人気投票では、8004ptを獲得して堂々の1位。
2位の大賢者が4878pt(これも大健闘!)なので、いかにダントツの人気なのかがわかります。

他にも、アニメキャラの人気投票でおなじみのサイト「アニテン」のキャラクター人気投票ランキングでも、2位のミリムを大きく引き離して1位。
その他、あらゆるサイトの人気投票で1位を総ナメにしています。

ラノベ作品で主人公が一番人気になるケースは決して多くありません。
大抵はヒロインの中の1人が最も支持されます。

例えば、『この素晴らしい世界に祝福を!』はめぐみん、『Re:ゼロから始める異世界生活』はレムが人気No.1。
主人公がかなり目立っている『ソードアート・オンライン』でも一番人気はメインヒロインのアスナです。
主人公に対し最初にデレたヒロインが一番人気になるケースが多いようです。

とはいえ、主人公が人気者になる作品も少数ながらあります。

転スラと同じなろう発の『魔法科高校の劣等生』は“お兄様”こと司波達也が公式の人気投票で見事1位を獲得。
『オーバーロード』はアインズがダントツの一番人気ですね。
つまり、リムルはお兄様やモモンガ様と並ぶ名物主人公になったと言えるのです。

何故リムルが人気主人公の仲間入りを果たしたのでしょうか?
ここからは、その理由を繙いていきます。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ