アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【初心者向け】人気上昇中?TRPGとは?徹底解説!【入門】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『シノビガミ』

出展 : Amazon.co.jp

現代を舞台に暗躍する忍者たちがメインの忍術バトルRPGというジャンルのゲームです。
最初はPCは忍者であるということが決まっていましたが新しく追加されたルールで一般人のPCも作成可能になりました。
ゲームの進行は『インセイン』と同じ『サイコロ・フィクション』というシステムが採用されています。
『インセイン』と同じくクリア目標となる使命秘密、PCによっては隠された真なる使命が存在します。
派閥に分かれている忍者やどの派閥にも属さない忍者が自らの使命を達成するために時には協力を、そして使命のため、必要ならば裏切りPC同士で戦うことにもなるのが醍醐味のゲームです。
現在『シノビガミ』のシリーズ全てに共通する基本のルールがまとめられた基本ルールブックと、それにシナリオや独自のルールに加え実際にプレイした様子を記したルールブック兼リプレイ本が8冊、実際にプレイした様子のみが記されたリプレイ本が2冊出版されています。

『サイコロ・フィクション』とは?

『インセイン』や『シノビガミ』で登場した『サイコロ・フィクション』という言葉を軽く解説します。
『サイコロ・フィクション』はTRPGに使える凡用システムとして考案されたものです。具体的なルールはTRPGにより異なってきますが共通していることが2つあります。
1つはゲーム中PCが何か技術の必要な行動をする場合にあらかじめTRPGのルールブックなどに記載されているキャラクターシートと呼ばれるものを参考にサイコロを振り行動が成功するかどうかが決まるということ、もう1つは1つのシナリオを場面ごとに区切っているということです。1つのターンで各PCは1回ずつなにかしらの行動を取ることになります。一つのターンをサイクルと呼びます。サイクルが進みシナリオが進展すると大まかな区切りのようなものであるフェイズが変わります。事の発端や使命の開示がされるのが導入フェイズ、情報収集や探索、PCによってはPC同士で戦闘するPvPなどが発生するのがメインフェイズ、そしてメインフェイズで条件を満たすか、一定のサイクルが経過すると黒幕との戦闘になるクライマックスフィズになります。クライマックスフェイズでの黒幕との戦闘の勝敗でPCの勝ち負けが決まるのではなく、各PCの使命、または真なる使命を果たしたかどうかで決まります。

アニメや漫画、ゲームが原作のルールブックも!?

出展 : Amazon.co.jp

大まかに今有名なものを紹介しましたが実はアニメや漫画原作のTRPGのルールブックも多く存在しています!
1986年にかつては一度日本にTRPGブームを巻き起こした『ソード・ワールドRPG』は多岐にわたるメディアミックス展開をした『ロードス島戦記』と同じ世界を舞台にしており、また『ロードス島戦記』自体もTRPGのルールブックを出版しています。
アニメ化、映画化を果たし、再びアニメ製作が発表された大人気ブラウザゲーム、『艦隊これくしょん-艦これ-』も、PCが艦娘となる『艦隊これくしょん-艦これ-艦これRPG』というルールブックを出版しています。
他にも『機動戦士ガンダム』シリーズや『新世紀ヱヴァンゲリヲン』をTRPG化したものや『真・女神転生』シリーズのルールブックなども存在します。
最近だと、映画化が決定した人気アニメ、『この素晴らしい世界に祝福を!』のTRPGのルールブックの発売の告知もされました。

気になるけどまずはどんな感じか見てみたい!というときは?

友人などがTRPGをやっていて話をよく聞く、という人では無い限りイメージを掴むのは難しいでしょう。そんなときにおすすめなのがリプレイ動画です!
実際にTRPGをやっている様子を見ることができるので雰囲気やどんな感じで進行されるかなど知るにはもってこいです。
同じシナリオをやっていても動画によって違う展開や結末を迎えるので同じシナリオの違う動画を見ても飽きません。
TRPGを知らない人でも分かるように画面に解説や補足を入れている動画もあります。

まとめ

TRPGの魅力がほんの少しでも伝わりましたか?ものによってルールも違うTRPGですがその分違った楽しみがあるのも魅力です。オフラインでリアルの友人とTRPGで遊ぶのもよし、Skypeなどの通話ができるアプリケーションを使いオンラインでやるのもよし、リプレイ動画を見て楽しむのもよしのTRPGの世界、是非楽しんでみてください!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ