アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました】なろう発のスローライフファンタジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

ガンガンONLINEでコミカライズもされている、なろう発の人気ラノベ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』をピックアップ!
本作の内容や魅力の紹介、そしてアニメ化の可能性についてまとめました!

GAノベルの売上歴代1位

出展 : Amazon.co.jp

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』は、森田季節先生が小説家になろうに投稿していたWeb小説です。

2016年6月より投稿を開始すると、日間1位&週間1位を獲得して瞬く間に話題となり、2017年1月には紅緒先生をイラストレーターに迎えGAノベルより書籍化。
発売4日で重版がかかり、GAノベルの売上歴代1位を更新し、そして「このライトノベルがすごい!2019」単行本・ノベルス部門9位にランクインするなど、あっという間に大ヒット作となりました。
2019年4月現在、9巻まで刊行されています。

2017年6月からはガンガンONLINEにてシバユウスケ先生作画によるコミカライズがスタート。
こちらも大ヒットを記録し、小説とコミックを合わせたシリーズ累計は100万部を突破しています。
コミカライズの方は4巻まで発売中です。

ドラマCDも制作されており、原作ライトノベルの5巻、7巻、9巻の限定特装版にそれぞれ付属しています。

作者の森田先生は第4回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞して、2008年に受賞作『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』で商業デビュー。
以降、MF文庫J以外にも角川書店、ハヤカワ文庫JA、GA文庫、星海社FICTIONS、講談社、一迅社、ファミ通文庫、ガガガ文庫、TOブックス、オーバーラップ文庫、ダッシュエックス文庫、アース・スターノベル……など15以上のレーベルで作品を発表している驚異的な速筆の作家さんです。
現在もなろうで『スライム倒して300年』と並行して複数の作品を同時に連載しており、『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』『魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。』は共に書籍化&コミカライズを果たしています。

レベル99で300歳の「高原の魔女」が家族を得るゆるふわファンタジー

出展 : Amazon.co.jp

『スライム倒して300年』は、なろう系では比較的珍しい女性主人公の物語です。

社畜のため27歳の若さで過労死してしまったOL・相沢梓(あいざわ あずさ)が転生したのは、剣と魔法と魔物が存在する異世界
その世界で転生ボーナスによって「不老不死の魔女」に生まれ変わった彼女はアズサ・アイザワを名乗り、最弱の魔物スライムが横行する高原にポツンと建った一軒家と近隣のフラタ村を行き来する新生活をスタートさせます。

生前あまりに過酷な日々を送っていた彼女の願いは、長くだらだらスローライフを送ることのみ
フラタ村で換金できる魔法石を生活に必要な分入手するため「一日最低20匹スライムを倒す」ことだけを日課とし、あとはひたすら悠々自適な生活を送り続け、その間に草から薬を作ったり急病人を診察したりと医者のようなことをした結果、アズサはいつしか「高原の魔女」と呼ばれるようになります。

そして、アズサが異世界に来て300年が経過したある日。
ギルドの新人受付の好奇心でステータスを確認してみたところ、いつの間にかレベルは99に!
高原の魔女はスライムだけを倒し続けて知らないうちにレベルMAXになってました。

自分がレベル99であると周囲に知られてしまえば、その力を頼ろうとする人たちが押し寄せスローライフが送れなくなる……と危惧したアズサは受付に口止めをお願いしますが、別ルートから情報が漏れてしまい、やがて「レベル99の魔女がいる」という噂は村外にまで流れてしまう事態に。
その噂話を耳にした冒険者の熟練パーティーが、腕試しのために彼女のもとを訪れます。

「自分が勝ったら『高原の魔女は大したことなかった』と周囲に言いふらしてもらい、凄い魔女がいるという噂を打ち消す」という条件で勝負することにしたアズサでしたが、その勝負に圧勝したことが周辺に知れ渡ってしまい、完全に逆効果
その結果、更なる来訪者としてレッドドラゴンの娘ライカ、アズサに倒されたスライムの魂が集まって生まれた精霊ファルファとシャルシャ、エルフの娘で自称「食われノンケ」のハルカラ、ハルカラを追ってきた上級魔族ベルゼブブ……と様々なタイプの女子がアズサのもとに集います。

当初は1人での気ままな生活を望んでいたアズサでしたが、なし崩しの内に増えていく同居人のことを次第に家族と思うようになり、彼女たちと過ごす日々を愛おしく感じ始めるのでした。

本作は、そんなアズサたちのゆるふわな日常を描いたスローライフファンタジーです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ