アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ガルパン】アンチョビはなぜ人気キャラになれたのか? 検証まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

『ガールズ&パンツァー』のアンツィオ高校で隊長を務めるアンチョビについてまとめました!
アンツィオの面々とファンから“ドゥーチェ”と呼ばれ親しまれている彼女の魅力、そして『ガルパン』を代表する人気キャラになった理由を徹底検証します!

アンチョビ キャラクター概要

出展 : Amazon.co.jp

『ガールズ&パンツァー』に登場するキャラクターで、アンツィオ高校の隊長
ドリルツインテールを黒リボンで結んだ髪型が特徴。
軍服を愛用し、鞭を携帯しています。
搭乗する戦車はCV33カルロ・ヴェローチェ(快速戦車 33年型)。

衰退したアンツィオ高校の戦車道チームを建て直す役目を負い、スカウトで入学。
集会中でも昼食の時間になると勝手に解散してしまうほどフリーダムな生徒たちを「感情に素直な子たち」と表現するなど、寛容かつポジティブなスタイルでまとめ上げています。

面倒見が良くフレンドリーで切り替えがとても早く、主人公・西住みほ(にしずみ みほ)率いる県立大洗女子学園に敗戦を喫した直後でも彼女たちに夕食を振る舞い、更に大洗の決勝戦にも応援に駆けつけようと会場に前乗りするなど、とても大らか。
その一方で、せっかく前日入りしたのに夜のキャンプファイヤーで騒ぎすぎて寝過ごし、決勝戦を見過ごすなど能天気すぎる面もあります。
また、本名の「安斎千代美(あんざい ちよみ)」で呼ばれるのを嫌うなど、細かい所もあるようです。

カリスマ性に優れ、アンツィオ高校の生徒たちからは統帥を意味する「ドゥーチェ」「姐さん」と呼ばれ慕われています。

担当声優は吉岡麻耶(よしおか まや)

飢餓感とギャップ

出展 : Amazon.co.jp

ガルパンには大勢のキャラクターが登場します。
大洗女子学園の生徒だけで、その数実に37名。
他のライバル校の登場人物も多く、総勢80名以上のキャラクターが物語に絡んできます。

これだけの大所帯の中で個性を発揮するには余程出番が多いか、大きな見せ場が必要です。
しかしアンチョビは、決して当初から出番に恵まれていた訳ではありませんでした

アンチョビの所属するアンツィオ高校は、テレビシリーズでメインの舞台となった第63回全国戦車道高校生大会に出場し、マジノ女学院を下して見事1回戦を突破。
第7話「次はアンツィオです!」にて、主人公チームの大洗女子と戦う事になります。

当然、この試合がアンチョビにとっても最大の見せ場となるはずでしたが……テレビシリーズではこの試合をバッサリとカット
試合は僅か13秒の放送に留まり、アンチョビの出番も敗退直後に戦車から体を出しへたり込むシーンが2秒ほど映るのみ。
試合前は生徒会副会長の小山柚子(こやま ゆず)から「調子に乗られると手強い相手」と評され、イメージ映像として「腕組みして不敵に微笑む強キャラオーラ出まくりのアンチョビ」が描かれていたのですが……結局テレビシリーズではその後も出番はなく、どんなキャラだったのかさえわからないまま終了してしまいました。

しかしその放送後、「アンツィオ戦をちゃんと見たい!」という声が多かったのか、OVA『これが本当のアンツィオ戦です!』の発売が決定。
テレビシリーズ1.5話分に相当する尺を使ってアンツィオ戦とその前後が丁寧に補完され、隊長であるアンチョビもその人となりや隊長としてのカリスマ性などがしっかりと描写されました。

このOVA、ガルパン人気が急騰したことで約7万本を売り上げる大ヒットを記録。
多くのファンにその魅力が伝わり、人気キャラの仲間入りを果たしました。

しかし、看板キャラとなるまでの人気を獲得したのは、OVAのヒットだけが要因ではありません。
その他の理由として、「飢餓感」「ギャップ」が挙げられます。

ガルパンのテレビシリーズは1クールの放送予定でしたが、制作工程の遅れで第11話および12話が約3ヶ月も延期されました。
その長い延期によって、メインストーリーやラスト2話の予想を語り尽くしたファンの間で、「アンチョビって一体どんな奴なの?」というトピックが次第に増えていったのです。
各校の隊長の中で一人だけほぼ出番がなかったため却って目立ったこと、「早く隊長全員を把握したい」という欲求が高まったことが主な要因と思われます。
この飢餓感によって、アンチョビへの関心度は他のキャラ以上に高くなり、ファンアートも大量に制作されました。

そして、待ちに待ったOVA発売。
そこで判明したアンチョビの性格は、多くのガルパンファンが想像していたものとは大きく違っていました

テレビシリーズにおけるアンチョビの数少ない出番から推察された彼女の性格は「高飛車」「生意気」「勝利至上主義」といったものが大半でした。
ツインドリルの髪は我侭なお嬢様を連想させ、加えて作中に登場した不敵に微笑むイメージ映像の印象がそれをより後押ししたのでしょう。(事実、OVA発売前にコミックフラッパーで連載されていたコミカライズでのアンチョビは、そのような性格で描かれていました)

しかし実際には真逆の性格だったことがわかり、その「予想」と「現実」のギャップ、および「外見」と「内面」のギャップによって、一層アンチョビのおおらかさや面倒見の良さが際立つ結果になりました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ