アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ゴジラ】実は最強!?カルト的な人気を持つヘドラの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

「ゴジラシリーズ」に登場するヘドラはそれほどメジャーな怪獣ではありませんが、圧倒的な強さや登場映画自体の持つ強烈な存在感などでカルト的な人気を持つ怪獣です。最近はほとんど出番がないのに人気は衰える気配を見せません。

今回はそんなヘドラについてまとめてみました。

ヘドラとは

出展 : Amazon.co.jp

ヘドラは1971年に公開された『ゴジラ対ヘドラ』に登場した怪獣です。
当時の日本では公害が社会問題になっており、ヘドラは環境破壊が生み出した怪獣として登場しました。

ヘドラの名前の由来はヘドロ
体がヘドロでできているという設定でかなりグロテスクな外見をしています。
ヘドロが動き回る理由は地球の外からきた鉱物生命体が核となってヘドロを動かしている設定です。

しかし、生命反応自体がないと書かれた資料もあり正確なことはわかりませんが、そのことがかえってヘドラの不気味さを増しています。

身長は最小では0.1ミリとされていますが、ヘドロを取り込んだり仲間と融合することでどんどん巨大化していきました。

最大で身長60メートル体重4万8000トンもの大きさになっていますが、これは昭和の「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の中では最も重い体重です。

実際、当時のゴジラと比べるとかなり巨大であり、よりヘドラの不気味さを際立たせています。

ヘドラの形態について

出展 : Amazon.co.jp

ヘドラは最初に登場した際はあまり大きくなく、子どもがオタマジャクシと間違えるほどの大きさでした。この時は幼体と呼ばれています。

しかし、仲間を見つけると融合して大きくなり、明らかに普通の生物ではないことが分かります。

小さいうちは毒性が弱いですが大きくなるほど強いを持つようになるようで、人間や船を襲うようになります。ある程度大きくなり、水中で行動する状態は水中期と呼ばれています。

基本的にあまり大きくないヘドラは水中で生活することが多いですが、巨大化すると上陸するようになり、上陸期と呼ばれるようになります。この状態で初めてゴジラと戦っています。

ゴジラの放射火炎を受けることで進化し、飛行形態で空も飛べるようになりました。その後60メートルに達したものが、巨大化期と呼ばれる最終形態とされています。

ヘドラの能力について

出展 : Amazon.co.jp

「ゴジラシリーズ」に登場するヘドラは謎の生命体が猛毒のヘドロを操っている存在であり、実体がないような存在です。そのため、砲弾やゴジラの攻撃で身体に穴が開いたり崩れることはあっても、ヘドラのダメージにはなりません。

ヘドロ弾という技はヘドラの体の一部を弾にして打ち出す攻撃ですが、弾は全て生きているため自立して動きまわります。たとえバラバラにされたとしても、集合すれば元の巨大な姿になってしまいます。

この辺りは「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣ではデストロイアに似た特徴と言えます。

弱点は乾燥。水分を失うと固まって活動不能になりますが、死んだわけではありません。
水分を吸収すると元通りに動き始めます。

乾燥が弱点と聞くと高熱を持つゴジラの放射火炎で倒せそうですが、一度受けてからは耐性を持つようになりました。そのため、ゴジラの攻撃がほとんど通用しなくなりました。

最初の戦いでは、ゴジラにヘドラの毒は通用しませんでした。しかし、放射火炎を受けたことで毒性も強くなり、打撃を加えたゴジラが逆にダメージを受けるほど強力になりました。

更に体内で核爆発を起こしたエネルギーで空を飛んだり、攻撃を行うなど手の付けられない状態になるほどパワーアップしました。

ヘドラは「ゴジラシリーズ」で最強の怪獣?

出展 : Amazon.co.jp

ゴジラのライバルというと出番が非常に多く「ゴジラシリーズ」以外に『流星人間ゾーン』や『モスラ3』にも登場しているキングギドラやメカゴジラ、あるいはシリーズ映画の主人公にもなっているモスラが候補となるでしょう。

実際、キングギドラはゴジラの最強のライバルとして扱われることも多いです。
しかし、キングギドラは初登場時にはゴジラだけでは勝てない怪獣として扱われていましたが、そこまでゴジラを苦しめた怪獣というイメージはありません。

昭和の「ゴジラシリーズ」では、キングギドラだけで複数の怪獣と戦うことが多かったのですが、いつも負けている上に一度は袋叩きにされて死亡したこともあるためです。

それに対してヘドラはゴジラの攻撃がほとんど通用しないほどに進化を遂げ、ゴジラの片目を潰しています。

更によく見るとヘドラと戦った後のゴジラの右腕は、皮膚が溶けてが見える状態になっています。ゴジラがガイガンやメカゴジラの攻撃で派手に出血したことはありますが、傷跡が残っていたことはありません。

ここまで、目に見える形でゴジラにダメージを与えた怪獣はヘドラだけでしょう。

初代のメカゴジラはゴジラとキングシーサーを同時に圧倒したため非常に強いイメージがあるので、昭和の「ゴジラシリーズ」で最強と言えばヘドラかメカゴジラというファンの声は多いです。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

アーカイブ