アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ミュウツーの逆襲 evolution】公開前にミュウツーの活躍を振り返ってみた【ポケモン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

ミュウツーイヤー始動と題し、特報が公開されたポケモン映画最新作。
『ミュウツーの逆襲 evolution』というタイトルから『ミュウツーの逆襲』のリメイクになるのではないかとファンの間で大きな話題となっています。
今回はそんな『ミュウツーの逆襲 evolution』が公開されるということで、これまでのミュウツーの活躍を振り返ってみました。

『ミュウツーの逆襲』

出展 : Amazon.co.jp

ミュウツーは1998年に公開された劇場版第1作目の『ミュウツーの逆襲』でアニメ初登場。ミュウツーの声を俳優の市村正親さんが担当したことも大きな話題となりました。
人工的に生み出されたポケモンであるミュウツーにスポットを当て、自分の存在意義や人間への復讐、命の大切さなど歴代劇場版の中でも重いテーマを設定。クローン技術や遺伝子研究に対する問いかけも行っており、大人でも楽しめる内容に。
ラスト20分の戦いはポケモン映画とは思えぬ泥臭さで、子供よりも大人の方が涙する展開になっています。
「最強のポケモンは誰だ!?」というキャッチコピー通り、ミュウツーの圧倒的な強さが描かれている映画です。

興行収入歴代No.1

1作目にして最高傑作とされることのある『ミュウツーの逆襲』は、興行収入もそれに恥じぬ記録を持っています。
国内での興行収入は72.4億円を記録し、1998年の年間興行収入ランキングで1位に輝きました。全世界での興行収入は297.9億円とポケモン映画歴代トップです。特にアメリカでの評価が高く、全米の日本映画興行収入歴代No.1を記録。この記録は2019年現在でも打ち破られていません。

ポケモンシリーズ以外にも登場

ミュウツーの人気は留まるところを知らず、「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」にもプレイアブルキャラクターとして登場。
こちらも市村正親さんが声を担当しているため、個体としては『ミュウツーの逆襲』に登場したものと同じと考えられています。
数百種類いるポケモンの中からプレイアブルキャラクターとして選ばれる確率は低く、その人気の高さが分かりますね。

『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』

出展 : Amazon.co.jp

次にミュウツーが登場したのは「ベストウィシュシリーズ」最終作として2013年に公開された、劇場版第16作目の『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』です。
ミュウツー覚醒というタイトル通り、映画内でミュウツーの能力が覚醒しメガシンカメガミュウツーYとして新たな姿を見せています。
人工的に復活させられたゲノセクトと人工的に生み出されたミュウツー、主人公のサトシの三つ巴の戦いが繰り広がられる本作。
『ミュウツーの逆襲』以来約15年振りにミュウツーが登場するということもあり、サトシとミュウツーの関係性が期待されましたが、女優の高島礼子さんが声を担当するなど残念ながら『ミュウツーの逆襲』で登場したものとは別個体サトシもミュウツーの存在を知らないという設定になっています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

アーカイブ