アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【彼女、お借りします】レンタル彼女と本物の恋?新ジャンルのラブコメ漫画まとめ #彼女、お借りします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

週刊少年マガジンで大好評連載中のラブコメ漫画『彼女、お借りします』
いったいどんな作品なのか、そして気になるアニメ化の可能性についてまとめてみました!

【彼女、お借りします】基本情報

出展 : Amazon.co.jp

タイトル:彼女、お借りします
作者:宮島礼史
連載:週刊少年マガジン
既巻数:8巻(2019年1月時点)

『彼女、お借りします』は、2017年7月12日発売の「週刊少年マガジン2017年32号」より連載開始されました。
作者は『AKB0049~恋愛禁止条例~』などで有名な宮島礼史先生。魅力的で可愛い女の子を描くことに定評があります。

彼女をレンタルできる?本編あらすじ

初めてできた彼女に1カ月でフラれてしまった大学生、木ノ下和也。その寂しさを紛らわせるために、ほんの軽い気持ちでお金を払って彼女を数時間レンタルできるサービス「レンタル彼女」を利用することに。
どんなモンスターが現れるかと待ち合わせをしていると、そこにやってきたのは超S級美女の水原千鶴。戸惑いながらもデートを楽しむ和也ですが、フラれた心の傷は癒えないまま。再びレンタルした2回目のデート中につい、心無い言葉を千鶴に投げかけてしまい…。

元カノや別のレンタル彼女、家族、友人を巻き込んだトラブルラブコメディ作品です。

ヒロイン候補がとにかく全員可愛い!
水原千鶴(一ノ瀬千鶴)

ヒロインの1人である水原千鶴は、和也と同じ大学の1年生で、なんと住んでいるアパートの部屋も和也の隣という偶然。
HPの謳い文句は「清楚可憐なお嬢様系彼女」
黒髪ロングでスタイル抜群。様々な髪型を披露してくれます。
和也からの呼び方は「水原」。

レンタル中はまさに「理想の彼女」といった風に接してくれ、プロっぷりを見せてくれます。
普段はあえて自分を目立たなくする服装、メイクをしており、同一人物とは気づかれないほどです。仕事のオン/オフがしっかりしており、オフ中ははっきりと物事を言ったり、怒ったりと感情表現豊かな一面も。

実は女優として活動しており、演技の練習と生活費としての収入を兼ねてレンタル彼女として働いています。

七海麻美

同じくヒロインの1人である七海麻美は、和也と同じ大学の1年生。和也にとって初めての彼女でした。
結局1カ月で破局してしまったものの、和也の方はまだ未練タラタラ。よく麻美で妄想をしているほどです。
金髪に近い明るめの髪のゆるふわパーマをかけたミディアムショート。小さくてかわいく、守ってあげたくなるようなタイプです。
別れたあとも思わせぶりな態度をとっており、それが和也をさらに未練を大きくさせるきっかけになっています。

和也からの呼び方は「マミちゃん」(本編では「麻美」でなく「マミ」表記となっています)
SNSの裏アカウントを持っており、なかなかに腹黒いことを呟きます。和也のことは「彼氏にするなら誰でもよかった」と言いつつ、なぜか和也と千鶴のことに執着してしまう自分がいて悩むことも。

更科るか

同じくヒロインの1人である更科るかは、元々は千鶴とは違う事務所で働いていたレンタル彼女。和也の友人である栗林のレンタル彼女として登場し、知り合うことになりました。
HPでの謳い文句は「妹系アイドル彼女」
黒髪のショートカットで頭には大きなリボンがトレードマーク。非常にスタイルが良い高校生です。

和也からの呼び方は「るかちゃん」。
生まれつき心拍数が少ない体質で、一緒にいてドキドキした和也のことを運命の相手と確信。猛烈なアタックで仮ではありながら彼女としてのポジションを確保しています。
ヒロインの中で最も熱烈に、和也のことを大好きというアピールを絶えずにしてきます。

桜沢墨

同じくヒロインの1人である桜沢墨は、千鶴と同じ事務所に所属する新人のレンタル彼女で大学1年生です。
赤っぽい髪色のミディアムショートで、右側を編み込みにしたおしゃれな髪型です。
人見知りを治したくてレンタル彼女として働いているものの、人見知りのレベルを超えておりまともに人と会話できないほどです。

それでも和也とデートしたときは最後に笑顔で「またね」と言えるまでになりました。そのデートがきっかけで和也に恋心を抱いてしまいます。
番外編での「桜沢墨 大学1年 職業“レンタル彼女(プロの恋人)” この“気持ち”は プロ失格なのかもしれない」
このテロップで完全にヒロイン戦線へと加わることとなりました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ