アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【機動戦士ガンダム】2018年の人気プラモデル10選! #ガンダム #gundam

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

ガンプラと言えば、35年以上の歴史を誇る「機動戦士ガンダム」シリーズを象徴するホビー。
これまでに数多のMS・MAがプラモデル化されてきましたが、今回はその中から2018年度に人気を集めたプラモデルをご紹介します。

PG「ガンダムエクシア」

出展 : © BANDAI SPIRITS 1971-2018 : バンダイ ホビーサイト

まずは、2007年にテレビ放映された『機動戦士ガンダム00』から、主役機「ガンダムエクシア」のPGプラモデルをご紹介します。

人気の機体「ガンダムエクシア」が待望のPG化!

出展 : Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム00』を象徴する機体が、2017年12月に待望のPG化。
PGシリーズならではの細部のディテールの再現は当然として、今作では機体を象徴する太陽炉「GNドライヴ」の完全再現が試みられています。
そのために、「GNドライヴ」から「GN粒子」が全身に伝達する機構を再考察し、機体のデザインをし直すと言う徹底ぶり。
「GN粒子」がもたらす発光現象もLEDやギミックで再現しています。

「ガンダムエクシア」の簡単な機体情報

出展 : Amazon.co.jp

「ガンダムエクシア」は、『機動戦士ガンダム00』の主人公「刹那・F・セイエイ」の愛機。
高い汎用性を誇ったガンダムアストレアを、格闘戦に特化させて発展させた第三世代型のガンダムです。
高い運動性と機動性、そして広い関節稼動範囲を誇り、人間に近い動きをとることが可能。
劇中では、主武装のGNソードを用いて数多の敵をぶった切る活躍を見せました。

RG「トールギス」

出展 : © BANDAI SPIRITS 1971-2018 : バンダイ ホビーサイト

厨二心をくすぐるデザインのMSが多い『新機動戦記ガンダムW』から、コアなファンの多いMS「トールギス」のプラモデルをご紹介します。

機体の超高機動を大迫力のバーニアと共に再現!

出展 : Amazon.co.jp

『新機動戦記ガンダムW』では、その殺人的な機動性からパイロット泣かせとして知られた「トールギス」。
このRG「トールギス」では、劇中の高機動を支えた背部のバーニアに着目し、その再現に力が入れられています。
考察とデザインの末に行きついたバーニアは、「トールギス」の高機動性に説得力を持たせる大威容。
中世の騎士をイメージさせる外観も相成り、少年心をくすぐるカッコイイ仕上がりのプラモデルです。

「トールギス」の簡単な機体情報

出展 : Amazon.co.jp

『新機動戦記ガンダムW』劇中では、人類初とされる戦闘用MS
MSの兵器としての可能性を示すために採算度外視で開発された機体で、性能はまさに破格。
ただし、その性能を十全に発揮するには熟練した技術と、超人的な体力が必要とされ、パイロットの「ゼクス・マーキス」には「殺人的」と評されています。
劇中では20年前の機体であるにも関わらず、最新機のウイングガンダムとも互角に渡り合いました。

HGAC「リーオー」

出展 : © BANDAI SPIRITS 1971-2018 : バンダイ ホビーサイト

続いて、上記「トールギス」の量産機とも言うべき「リーオー」のプラモデルを見ていきましょう。

「リーオー」待望のHG化!

出展 : Amazon.co.jp

『新機動戦記ガンダムW』の初放送から23年の時を経て発売された、「リーオー」待望のHGプラモデル。
安価でありながら、ハイクオリティなディテールと広範囲に及ぶ稼働区域は圧巻の一言です。
オプションパーツも充実しており、さまざまなポーズを取らせることも可能。複数個購入し、小隊を組ませるのも良いです。

「リーオー」の簡単な機体情報

出展 : Amazon.co.jp

前述の「トールギス」の設計図をもとに、万人に使える機体をコンセプトに開発された機体。
高い量産性と汎用性を誇り、『新機動戦記ガンダムW』では最も広く普及した機体でした。
搭乗者も多く名無しの一般兵から「ゼクス」や「ヒイロ」、「トレーズ」などの物語の主要キャラまで、数多くのキャラに搭乗されています。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ