アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ゴールデンカムイ】続きが待てない!未アニメ化エピソードまとめ #ゴールデンカムイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7.『稲妻強盗と蝮のお銀』(102話~107話)

出展 : Amazon.co.jp

あらすじ

小樽の賭博場で、借金のカタに何者かが置いていったという刺青人皮。それを求め、一組の夫婦と二人の青年が小樽の街へとやってくる。
稲妻強盗との異名を持つ健脚俊足の脱獄囚、坂本慶一郎。その妻にして蝮(まむし)と恐れられる手練の女賊、お銀。土方に認められることを望む若いチンピラ、甘太郎と亀蔵
お銀の軽い思いつきから、共に賭博場へ押し込み強盗を働く四人だが、そんな彼らを客に扮していた第七師団の兵士たちが取り囲む。全ては刺青人皮を持つ脱獄囚を誘い出すためのだったのだ。
降伏を迫る第七師団、不敵に笑う稲妻強盗、かくして始まる大捕り物。妻たちを逃がし、常識外れの身体能力を発揮して追撃をかわす慶一郎だが多勢に無勢。第七師団の連携の前に少しずつ追い詰められていく。

見所

ピカレスクロマンと呼ばれるジャンルの作品があります。本当敵役となる悪党を主人公に据え、彼らの美学や生き様を鮮烈かつ魅力的に描き出す物語です。
本エピソードは、まさにピカレスクロマンの塊です。人を殺めて金を奪う、まぎれもない犯罪者である慶一郎とお銀の夫婦。しかし彼らの夫婦愛と結びつきの強さはどこか清々しく、美しいとさえ形容できます。
超人的な身体能力で暴れる慶一郎の戦い振りも見事なら、それを追い詰めていく第七師団の奮戦も見応え抜群です。その結末はある意味予想通りであり、同時にまったく予想外の形で幕を下ろします。
とにかく慶一郎とお銀のピカレスクロマンが強烈な印象を残すエピソード。また、随所で怪物じみた精神性を発揮する第七師団の長・鶴見中尉が、決してそれだけではない複雑な魅力を持つ人物なのだとうかがえるシーンは心地良くも奇妙な余韻を残します。

アニメ化の可能性

ほぼ独立したエピソードであり、原作コミックス新巻のアニメDVD同梱版やOVAとしてアニメ化される可能性はあるでしょう。
主人公コンビが一切登場せず、本来敵役である第七師団の活躍が描かれているので、今後彼らがどれほどの人気を獲得するかが本エピソードのアニメ化を左右するといっても差し支えません。
ピカレスクロマンが好き、第七師団が好きといった方は、友人に布教するところから始めてみましょう。

8.『ウコチャヌプコロ』(107話~113話)
あらすじ

第七師団の追撃から逃れて、釧路へとやってきた杉元一行。彼らを追って旅を続けてきた谷垣たちも合流するが、その谷垣が誤解から釧路のアイヌたちに追われることとなってしまう。
杉元一行と合流する少し前、谷垣たちは姉畑支遁(あねはたしとん)という男と出会っていた。数日ほど共に旅をした彼らだったが、ある朝姉畑は谷垣の銃を盗んで姿を消してしまう。
時同じくして、釧路のアイヌの村の周辺で動物の惨殺死体が発見される。動物たちはみな例外なく“穢されて”おり、その犯人が谷垣の銃を持っていたことまでは突き止められていた。自然と共に生きるアイヌたちは怒り狂って谷垣を捕らえ、罰を与える準備を進めていた。
今までに集めた情報から、姉畑が刺青人皮を持つ脱獄囚であることを知った杉元一行は、それを手に入れると同時に谷垣の冤罪を晴らすために姉畑を追撃。その中で、姉畑の異常な嗜好と目的が明らかになっていく。
なんと姉畑は動物への偏愛をこじらせ、獣姦と惨殺を重ねていた。しかも彼の究極の目標は、アイヌからカムイの王として崇められる羆との愛を成就させることだったのだ!

見所

行き過ぎなほど個性的なキャラクターが盛りだくさんなゴールデンカムイ。本エピソードに登場する姉畑支遁は、その中でもぶっちぎりで奇怪極まる変人です。
動植物との性行為を繰り返す異常性。それでいてその後に自らの行いを恥じて相手を惨殺する身勝手さ。ウコチャヌプコロとはアイヌの言葉で動物同士の交尾を意味し、エピソードの中で必要以上に乱用されます。
常人とは明らかに乖離した嗜好のまま暴走しながら、しかしどこかコミカルな姉畑が繰り広げる一連の事件。巻き込まれた杉元たちにとってはいい迷惑ですが、距離を取って見ている分には引きつった笑いが止まりません。
また、本エピソード冒頭で描かれる、杉元に“命を懸けても惜しくないほど惚れた女”がいることを知ったアシリパの反応は、いかにも年頃の少女然とした微笑ましいものです。
かつて登場した北海道犬リュウとの再会など、要所要所で思わず頬の緩むシーンが挟まれ、本エピソードのアクの強さを和らげています。

アニメ化の可能性

どうして形となったか分からない、青年誌としてもほぼアウトなこの内容。アニメ化する勇気のある監督がいるとは思えません。というか、そんな蛮勇は要りません!
話の順番としては第二期シリーズに含まれるものになりますが、製作会議で真っ先にカットされることが決まったのが本エピソードだというのもうなずける話です。
無理です。ダメです。潔く諦めましょう。

まとめ

ゴールデンカムイの第一期、第二期シリーズにて、アニメ化されなかったエピソードをまとめてきました。
様々な事情からカットされてきたエピソードも、それぞれに違った魅力を備えています。アニメを見てゴールデンカムイに興味を持たれた方は、ぜひ原作も手に取ってみてください。
杉元たちの冒険は舞台を樺太に移して続いていきます。今後も金塊を巡る彼らの物語を追いかけ、その結末を見届けましょう!

1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

アーカイブ