アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ピアノの森】アニメ2期放送決定!見どころや登場人物まとめ【2019年冬アニメ】 #ピアノの森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

テレビアニメ『ピアノの森』のアニメ2期が放送決定!
ショパン・コンクールが盛り上がってきたところでアニメ1期が終了、続きが気になっていた人も多いはず。
今回は2019年冬アニメの中でも注目の『ピアノの森』アニメ2期の見どころ紹介や登場人物をまとめていきますよ。

【ピアノの森】とは?

出展 : Amazon.co.jp

テレビアニメ『ピアノの森』は、漫画家の一色まこと先生描いた漫画作品『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』が原作となっています。
また、2007年には主人公のカイ役を女優の上戸彩さんが演じたアニメ映画が公開されました。

『ピアノの森』が漫画雑誌ヤングマガジンアッパーズで連載が開始されたのは1998年のこと。
ところが同誌が廃刊となってしまったため、2005年第81話より掲載を漫画雑誌モーニングに移して連載が継続されました。

その後も一時休載や隔週連載から不定期連載になりますが、2015年モーニング49号にて最終話を掲載、無事に完結の運びとなったのです。
なお、単行本コミックは全26巻で、アニメ2期の舞台となるショパン・コンクールはそのうちのおよそ半分が費やされていますよ。

アニメ1期あらすじ

歓楽街で母・怜子と二人で暮らす少年・一ノ瀬海(カイ)は、貧しいながらも母の愛を一身に受けて育ちます。
そんなカイの楽しみは、森の中に置かれたグランドピアノを弾くこと
正式にピアノを習ったこともなく楽譜も読めないカイでしたが、ピアノ演奏に関しては天才だったのです。

ある日カイは、転校生でピアノの上手い雨宮と仲良くなります。
カイのピアノの才能を感じた雨宮は、カイを親友かつライバルとして認めるのでした。
そんなある日、カイの演奏を聞いた小学校の音楽教師である元・ピアニストの阿字野は、カイを育ててみたいと考えます。

初めてのコンクールで聴衆にピアノを聞かせる楽しさを実感したカイは、 阿字野の教えを受けてショパン・コンクール出場を目標にレッスンに励むのでした。

そして、数年後。
ポーランドには、ショパン国際ピアノ・コンクール本大会に臨むカイの姿がありました。
目標だったショパン・コンクールにて、カイとライバルたちの戦いが今始まります!

アニメ2期の登場人物を紹介!
カイと周囲の人々

・一ノ瀬 海(いちのせ かい) 声の担当:斉藤 壮馬(さいとう そうま)

本作の主人公・カイは、森の中に放置されたグランドピアノ(後に阿字野が破棄したものと判明)をおもちゃ替わりにして育ち、ピアノに関しては天才的な才能を持ちます。
しかし、歓楽街で母親と2人暮らしをするカイは、ピアノを習う余裕もなく、その才能を知るのは母の怜子のみ。

ひょんなことからカイたちの小学校の音楽教師である阿字野壮介によってカイは本格的にピアノを習うことになります。
そして、初めてのコンクールに出場したことで人にピアノを聞いてもらう楽しさを知ったカイは、「ピアノで食べていけるようになりたい」と阿字野に教えを乞うようになります。

月日は流れて…。
ショパン国際ピアノ・コンクール出場権を獲得したカイは、ポーランドの地を踏むのでした。

・雨宮 修平(あまみや しゅうへい) 声の担当:花江 夏樹(はなえ なつき)

転校した先の小学校でカイと出会い、親友&ライバルになった雨宮。
有名ピアニストの父を持ち、自身もピアニストを目指しています。
怜子以外で、カイの才能を最初に認めた雨宮ですが、カイのピアノに酔いながらも嫉妬するという複雑な気持ちを抱いていますよ。
若手ピアニストとして注目される中、カイと同時にショパン・コンクール本選第1次審査に臨みました。

・阿字野 壮介(あじの そうすけ) 声の担当:諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)

カイの通う小学校の音楽教師として登場した阿字野。
日本のみならず海外でも将来を期待される若手ピアニストとして活躍していましたが、事故で左手を怪我したことでピアノの道を諦め、自身のピアノを森の中に捨ててしまいます。

カイが自分の捨てたピアノを弾いていること、カイのピアノを聞きその才能を感じたことで、後にカイの師匠となりカイをピアニストへと成長させます。

・一ノ瀬 怜子(いちのせ れいこ) 声の担当:坂本 真綾(さかもと まあや)

カイの母親で、カイの良き理解者。
女手一つでカイを育てながら水商売で生計をたてる、美しき逞しい女性。
カイの才能を認めた阿字野を信じてカイを預け、別々に暮らすことに。

・雨宮 洋一郎(あまみや よういちろう) 声の担当:田中 秀幸(たなか ひでゆき)
雨宮修平の父親で、国内でも有名なピアニスト。
現役時代の阿字野を知っていて、その弟子であるカイの才能も高く評価しています。

・佐賀 武士(さが たけし) 声の担当:遊佐 浩二(ゆさ こうじ)
カイが小学生の時に初めて出場したピアノコンクールの審査員。
カイの演奏のファン。

ショパン国際ピアノ・コンクールの参加者

・パン・ウェイ 声の担当:中村 悠一(なかむら ゆういち)

中国人ピアニストで、大富豪のパン・ハオの養子として英才教育を施されましたが、その出自は複雑な様子。
現役時代の阿字野の演奏を目標にしていることから、その弟子であるカイにライバル心を燃やします。

・レフ・シマノフスキ 声の担当:KENN(けん)

ポーランド人ピアニストで、祖父はポーランドを代表するピアニストの一人。
そのことも手伝って、周囲から優勝候補として期待されています。

・カロル・アダムスキ 声の担当:小西 克幸(こにし かつゆき)
ポーランド人ピアニストで「ショパンの生まれ変わり」と呼ばれるほどの才能の持ち主。

・ソフィ・オルメッソン 声の担当:伊瀬 茉莉也(いせ まりや)

フランス人ピアニストでモデルとしても活躍している美女です。

・平田 光生(ひらた こうせい) 声の担当:豊永 利行(とよなが としゆき)
ショパン・コンクールでカイと知り合った日本人参加者で、予備選で敗退した後もカイと行動を共にしています。
フレンドリーな性格です。

その他の関係者

・ヴィクトリア 声の担当:早水 リサ(はやみず りさ)
ゴシップ紙の記者で、格調高いショパン・コンクールには似つかわしくない存在。
何が狙いなのか、非常に気になるところです。

・J=J・セロー 声の担当:島田 敏(しまだ びん)
世界的に有名な指揮者。阿字野の友人で良き理解者。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ