アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【Fate】英雄王ギルガメッシュの魅力!子ギルやキャスギルについても徹底解説! #fate

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

ギルガメッシュとは、TYPE-MOONの看板作品Fateシリーズに登場する人気キャラクターの一人です。
その名の通り、世界最古の英雄譚である「ギルガメッシュ叙事詩」に登場する主人公・ギルガメッシュがモチーフとなっていて、人外染みた戦闘力を持つ存在「サーヴァント」の中でも別格の存在です。

顔出しの多いキャラクターとしても有名であり、本編以外のスピンオフ作品の多くでも主要な登場人物として名を連ねています。
そのため、他のキャラクターと比べて非常に掘り下げが多く、シリーズを重ねるたびに人気をめきめきとあげてきました。
そんな経緯から、ギルガメッシュのことを「Fateの裏の看板キャラクター」称するファンもいます。

今回は、そんなFateシリーズにおける人気キャラクターの地位までのし上がってきた、ギルガメッシュの活躍と能力をご紹介します。

【人物】
性格

出典 : (c)TYPE-MOON (c)2016 Marvelous Inc. (c)2017 Marvelous Inc. : Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト

自身のことを絶対の存在であると認識しており、実力を認めた相手以外のことを有象無象の「雑種」であると切り捨てる非常に傲慢な人物です。
ただ、あくまでもそれらの態度は生前の自身の略歴やサーヴァントとして卓越した戦闘力を保持していることに裏打ちされたものであり、決して口だけの子悪党ではありません。
『Zero』では「騎士王」のアルトリアや「征服王」のイスカンダルと並んで、英雄の中の英雄、王の中の王である「英雄王」と自称していました。

能力

・王の財宝【ゲート・オブ・バビロン】

サーヴァントの切り札である宝具、そのあらゆる原典を収めていると言われている宝物庫の鍵がギルガメッシュのメイン宝具です。

主な使用方法は、何もない空間から宝具の原典を出現させ、それを射出するというシンプルなもの。
しかし、射出する一つ一つがきちんと宝具として機能しているため、ギルガメッシュは王の財宝一つで何千何万という数の宝具を所持しているといっても過言ではありません。

一つ一つがすさまじい威力を秘めているだけでも脅威ですが、それ以上にあらゆる性質の宝具が蔵の内に備えられていることが、この宝具の最も恐ろしい点です。
サーヴァントにはそれぞれ必ずといって良いほど弱点となる逸話が存在しており、そのために彼らはできる限り真名を隠して戦います。
王の財宝は、そんなサーヴァントたちに相性の悪い宝具をぶつけることが容易であり、一部の「手にもった宝具を自身のものとして使う能力」や「目にしたものをコピーして作り出す能力」を持つ相手を除く、全ての相手に絶対的な優位性をもつことができます。

この宝具によってあらゆる相手に相性的な有利をとることができる点が、ギルガメッシュがサーヴァント最強の能力を有していると言われる理由の一つです。

・天地乖離す開闢の星【エヌマ・エリシュ】

評価値AA+である王の財宝よりも更にランクの高い、宝具ランクEX(規格外)のギルガメッシュが持つ固有の宝具です。その威力は絶大で、一たび振るえば空間が切り裂かれてしまうほど。

宝具はそれぞれ、個人戦で真価を発揮する対人宝具、集団に影響のある対軍宝具、すさまじい威力と範囲で敵を殲滅する対城宝具、と効果範囲によってザックリとした分類がされていますが、エヌマ・エリシュは世界をも壊してしまう程の威力をもつことから対城宝具を超える「対界宝具」にカテゴライズされています。

仮に王の財宝によるゴリ押しの効かない相手が出現しても、空間すら切り裂くほど強力なエヌマ・エリシュという切り札を持ち合わせている。それがギルガメッシュが最強と呼ばれる第二の理由です。

余談ですが、厳密には、円筒が3つ重なったような形状の黒い刀身に赤い紋様が浮かぶドリル状の剣、「乖離剣エア」が彼の宝具名であり、エヌマ・エリシュはエアを最大出力で放つ必殺の一撃のことです。

弱点

そんな化け物染みた能力を持つギルガメッシュですが、そんな彼の弱点「技量」です。
ギルガメッシュは身体能力こそ高水準を誇っているものの、基本戦術が大量の宝具射出によるゴリ押しであるため、宝物庫に内包する武器を上手に使うことができません。
もっとも、凡庸なサーヴァントであれば彼の射出する宝具の雨を掻い潜って接敵することすらできないので、そもそも彼はそのような技量を必要としないのですが。

また、ギルガメッシュの代名詞である「慢心」も彼の弱点です。
ギルガメッシュは、自身の認めた相手以外には決してエヌマ・エリシュを使おうとしません。
ほぼ全てのサーヴァントが王の財宝を突破することができないので、こちらもほとんど弱点と呼べるものではないのですが。

しかし、そんな二つの弱点を綺麗に突かれ、本編では遥かに格下である存在にギルガメッシュは敗北することになります。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ